円形脱毛症の方に見られる共通の原因

こんにちは。

蓬祥鍼灸院の長谷川です。

本日は当院でも患者数が多い円形脱毛症についてのお話です。

円形脱毛症の患者さんの数が多く、色々な方の体を診てきてある「共通点」があることに気がついたので、この共通点についてのお話になります。

円形脱毛症の方が持っている共通の原因

円形脱毛症といえばまずはストレスが原因でなることが多い病気ですが、真の原因は分かっておりせん。

ストレス意外では自己免疫疾患や甲状腺ホルモンの不足、アトピー体質などが原因で起きてきます。

最も多く見られるのが学業、受験、家庭環境、仕事などのストレスで発症する方が多いのですが、やはり体の反応を見ていくとストレスの反応点にもなるツボにしっかりと反応が出ています。

しかし、円形脱毛症の方にはこれ以外にも反応が出ていることに気がつきました。

 

どんな反応が出ているか?

その反応というのが「太谿(たいけい)」や「照海」、「腎兪(じんゆ)」などの東洋医学では「腎」と関係のあるツボに弱りが見られます。

ツボが弱るというのはどういうことかというと押して痛みがあるのではなく、ツボが凹んでいたり、穴が空いているような状態になります。

このようなツボの反応がある場合は東洋医学では腎虚と言う状態になります。

 

腎虚ってどんな状態?

腎虚とは一言で言えば体が老化しているような状態になります。

また、東洋医学では腎は髪の毛と関係がある臓器になります。

人は生まれた時は髪の毛が薄く、成長するにつれて髪の量が増えていき、歳を取ると髪が薄くなりますが、これは腎気が関係してきます。

元々腎が弱い、過労、過度の性行為、過去の大病などが原因で腎が弱っているところに過度のストレスが加わることで円形脱毛症を発症しているのかもしれません。

 

反応が出るツボの場所

  • 太谿:内くるぶしとアキレス腱の間
  • 照海:内くるぶしから下に1寸(親指1本分下)

 

腎虚に対するセルフケア

適度な運動をする

激しい運動は体力を使ってしまうためお勧めはしません。

ヨガ、ウォーキング、水泳などの軽めの運動をしましょう

 

性行為は控え目に

性行為をすると体の中の「精」というエネルギーの源を消耗することになり、この「精」は腎に貯蔵されています。

そのため、性行為を過剰に行うと腎気にも悪影響が出るため、性行為は控え目にしましょう。

 

セルフ灸

腎と関係のある太谿、照海、腎兪などに千年灸でお灸をしましょう。

 

腎を強くする食べ物を食べる

腎を強くする食べ物は黒い物や粘り気なるものになります。

黒豆、ひじき、きくらげ、オクラ、山芋などを普段の食事に取り入れましょう。

 

まとめ

今回のお話はあくまでも私の臨床経験からなるものなので医学的な理由はありません。

しかし、時間をかけて体を診ていくとこのような共通点があったため、やはりこの考えは無視できないものではないかと思っています。

ツボの反応としては特に太谿や照海に弱りが出やすいため、円形脱毛症でお悩みの方は是非1度ツボをチェックしてみてください。

Share

関連記事

【要注意!】女性アスリートの生理が止まる原因は体脂肪率の低下にあり!

中学や高校、大学だけではなく、社会人になっても真剣にスポーツをしている女性はたくさんいますが、中には生理が止まってしまい困っていませんか? 生理は男性には起きない現象のため、女性の健康のバロメーターともいます。 本記事で[…]

[» 続きを見る]

同病異治とは

前回は「異病同治」についての話でしたが、今回は「同病異治(どうびょういち)」について。 同病異治とは 「西洋医学的には同じ病気でも、原因が違えば治療法も異なる」 ちなみに西洋医学は「同病同治」になり、同じ病気には同じ治療[…]

[» 続きを見る]

パニック障害の症例

11月11日来院。 28代 女性 16歳の頃よりパニック障害による過呼吸や動悸があり、精神科に通院中。 きっかけは家族間でのゴタゴタ。 酷い時には手足の内側に蕁麻疹が出る。 ストレスや季節の変わり目に特に症状が酷くなり、[…]

[» 続きを見る]

内装工事~床ができました~

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今朝は朝から新店舗で使用するベッドやタオルの購入をしに大曽根まで行ってまいりました。 さて、そんなことよりも新店舗の内装工事ですが、昨日の夕方には床が出来ておりまし[…]

[» 続きを見る]

不眠症の症例

不眠症を訴える方は以外にも多く、寝つきが悪い、中途覚醒、早朝覚醒などあるが、鍼灸治療では割と簡単に改善するケースが多いことはあまり知られてはいないかもしれない。 ただし、日勤や夜勤などがあり生活習慣が不規則な場合は簡単に[…]

[» 続きを見る]