円形脱毛症の方に見られる共通の原因

こんにちは。

蓬祥鍼灸院の長谷川です。

本日は当院でも患者数が多い円形脱毛症についてのお話です。

円形脱毛症の患者さんの数が多く、色々な方の体を診てきてある「共通点」があることに気がついたので、この共通点についてのお話になります。

円形脱毛症の方が持っている共通の原因

円形脱毛症といえばまずはストレスが原因でなることが多い病気ですが、真の原因は分かっておりせん。

ストレス意外では自己免疫疾患や甲状腺ホルモンの不足、アトピー体質などが原因で起きてきます。

最も多く見られるのが学業、受験、家庭環境、仕事などのストレスで発症する方が多いのですが、やはり体の反応を見ていくとストレスの反応点にもなるツボにしっかりと反応が出ています。

しかし、円形脱毛症の方にはこれ以外にも反応が出ていることに気がつきました。

 

どんな反応が出ているか?

その反応というのが「太谿(たいけい)」や「照海」、「腎兪(じんゆ)」などの東洋医学では「腎」と関係のあるツボに弱りが見られます。

ツボが弱るというのはどういうことかというと押して痛みがあるのではなく、ツボが凹んでいたり、穴が空いているような状態になります。

このようなツボの反応がある場合は東洋医学では腎虚と言う状態になります。

 

腎虚ってどんな状態?

腎虚とは一言で言えば体が老化しているような状態になります。

また、東洋医学では腎は髪の毛と関係がある臓器になります。

人は生まれた時は髪の毛が薄く、成長するにつれて髪の量が増えていき、歳を取ると髪が薄くなりますが、これは腎気が関係してきます。

元々腎が弱い、過労、過度の性行為、過去の大病などが原因で腎が弱っているところに過度のストレスが加わることで円形脱毛症を発症しているのかもしれません。

 

反応が出るツボの場所

  • 太谿:内くるぶしとアキレス腱の間
  • 照海:内くるぶしから下に1寸(親指1本分下)

 

腎虚に対するセルフケア

適度な運動をする

激しい運動は体力を使ってしまうためお勧めはしません。

ヨガ、ウォーキング、水泳などの軽めの運動をしましょう

 

性行為は控え目に

性行為をすると体の中の「精」というエネルギーの源を消耗することになり、この「精」は腎に貯蔵されています。

そのため、性行為を過剰に行うと腎気にも悪影響が出るため、性行為は控え目にしましょう。

 

セルフ灸

腎と関係のある太谿、照海、腎兪などに千年灸でお灸をしましょう。

 

腎を強くする食べ物を食べる

腎を強くする食べ物は黒い物や粘り気なるものになります。

黒豆、ひじき、きくらげ、オクラ、山芋などを普段の食事に取り入れましょう。

 

まとめ

今回のお話はあくまでも私の臨床経験からなるものなので医学的な理由はありません。

しかし、時間をかけて体を診ていくとこのような共通点があったため、やはりこの考えは無視できないものではないかと思っています。

ツボの反応としては特に太谿や照海に弱りが出やすいため、円形脱毛症でお悩みの方は是非1度ツボをチェックしてみてください。

Share

関連記事

【男性不妊の原因は精子の質の低下】だからこそ生活習慣を改善すべき!

名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 結婚して子供が欲しいが検査の結果男性不妊と分かりどうすればよいか悩んでいたり、どうすれば改善できるか知りたいと考えていませんか? 現代人の男は精子の質が低下していると言われていますが、そ[…]

[» 続きを見る]

鍼と針の太さの違い

「鍼」と「針」の太さの違いですが、 ・鍼 日本では鍼は鍼灸治療に用いられる針のことを指し、太さは0.14mm~0.3mmほどの太さのものが使用されます。 ・針 苦手な方も多い注射や採血などに用いられる針、その他には裁縫に[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜症でも妊娠できるの?【不妊症との関係】

子宮内膜症は現代の女性には多く見られる婦人科疾患ですが、子宮内膜症でも妊娠できるかどうか気になる方も多いかと思います。 子宮内膜症でも妊娠できるか?どんな治療をがあるのか?鍼灸治療や漢方薬での治療はどうか?など色々と疑問[…]

[» 続きを見る]

お灸の熱さの左右差

ここ数年、巷ではやっているのが「お灸女子」なるものです。 お灸女子とはご自身で千年灸を使ってお灸をされる女性のことを言いますが、お灸をしていると熱さを感じなかったり、逆にすぐに熱くなってしまう、さらには左右で熱さの感じ方[…]

[» 続きを見る]

内臓の名前が付いたツボの重要性

背中から仙骨(臀部)には内臓の名前が付いたツボが存在する。 上から順に肺・心・肝・胆・脾・胃・腎・大腸・小腸・膀胱 内臓の名前が付いているため、ツボの凹み・硬結・隆起・冷え・熱感・圧痛などをよく観察することで、どこの臓腑[…]

[» 続きを見る]