wpid-wp-1412166650337.jpeg

関連記事

ジストニアに対する鍼灸治療

ジストニアとは脳の大脳基低核という部分に何らかの異常が起きることにより、自分の意思とは関係なく筋肉が収縮し、筋肉が緊張した状態が起こってしまう神経系の難病になり、命の関わることはありませんが、日常生活には大きな影響が出て[…]

[» 続きを見る]

10月31日(土)について

10月31日(土)は所用のため、午前中はお休みとなります。 午後15:00からは通常通り診療を行ないます。 ご予約は全て埋まっているため、新規の方はお受けできません。

アトピー性皮膚炎の症例

40代女性 幼少期よりアトピー性皮膚炎で常にステロイドを使用してきた。 30歳から5~6年ほど光線療法と鍼で改善するも時々はステロイドを使用。 その後も再発を繰り返していたため、中国から来日されていた漢方医に処方してもら[…]

[» 続きを見る]

皮膚疾患の原因

アトピー性皮膚炎・湿疹などの皮膚科疾患で皮膚科ではステロイドを出されるだけであったり、なかなか良くならないために鍼灸治療を選択される方は意外と多いと感じる今日この頃。 そして、個人差はあるものの皮膚科疾患に鍼灸治療は良く[…]

[» 続きを見る]

情報過多で起きるコロナ疲れ。外出は控えるべき?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今テレビやネットでは「コロナ疲れ」というキーワードが話題になっていますが、ご存知でしょうか?本日はこのコロナ疲れに関する内容になります。 コンテンツ1 情報過多が原因?コロナ疲れと[…]

[» 続きを見る]