めまい以外に耳鳴り、難聴を伴うメニエール病とは?

メニエール病とは?

メニエール病とは片側の耳鳴り・難聴を伴う回転性のめまいが反復して起きる病気で、めまいに伴い吐き気や嘔吐、冷や汗を伴うこともある病気になり、現代医学は「難病指定」されている病気になります。
聴力検査では低音域の難聴となることが多いが、適切な治療が受けられなかった場合には高度難聴となってしまうケースもあります。

メニエール病の原因

耳の奥にある平衡感覚をつかさどる「三半規管」の中に含まれる内リンパというリンパ液体が何らかの理由で増えてしまい水ぶくれ状態になることが原因とされています。
この内リンパ水腫は内耳の循環障害が原因と言う説がもっとも有力とされていますが、実際にはなぜ内リンパ水腫が起きるのかは解明されていないため原因は不明。
その他の原因としては自己免疫疾患やストレス、過労とされています。

どんな症状があるか?

症状はめまいとともに、一側性の耳鳴り・難聴を伴い、激しい回転性のめまいのため吐き気や嘔吐、冷や汗を伴うこともあります。

治療について

病院での治療

病院でのメニエール病の治療は投薬になります。
めまいの発作が酷い場合には入院してめまいや吐き気を抑えるための点滴が行なわれます。
中でもリンパ水腫を改善するために利尿剤を使用したり、難聴が酷い場合にはステロイドが使用されるます。しかし、どちらも対処療法となってしまい根本的な治療は難しいとされています。
また、ストレスや過労などが原因となることもあるため、生活習慣の改善指導なども行なわれます。

メニエール病に対しての鍼灸治療の効果は?

メニエール病は鍼灸治療の適応になりますが、めまいが激しい急性期には自宅での安静をお勧めします。
治療効果はWHO(世界保健機構)にも認められており、発症から時間がたっていても改善することは可能です。ただし、耳鳴りや難聴に関してはやはり発症してから時間がたちすぎている場合やあまりにも酷い場合には完全に回復することは難しいことがあります。
しかし、メニエール病で最も辛いのがやはりめまいになりますが、めまいに関してはしっかりと治療を行えば治癒することも可能になります。

当院では東洋医学をベースに治療しているため、メニエール病であっても耳の周囲にあるツボに鍼を刺すことはほとんど行ないません。あくまでも東洋医学の面からメニエール病を引き起こしている体質を分析して根本から治療をしていきます。
メニエール病は難病に分類される病気ではありますが、東洋医学が得意疾患でもあります。病院で良くならない場合は鍼灸治療もご検討下さい。
※1~2回で劇的な変化を期待されている方、治療には時間がかかるということをご理解いただけない方は鍼灸治療は向いておりませんので、治療の選択肢からは外されることをお勧めいたします。