冷え性について

冷えは万病の元。

冷え性は現代病ともいえるぐらい多くの方がお悩みかと思います。最近では女性だけではなく男性にも冷え性の方が多くなってきています。
知っている方もいらっしゃるかと思いますが、冷え性というのは症状であって病気ではありません。
そして、冷え性を診断するための検査方法がないため、現代医学では治療することができないのです。

しかし、冷え性は辛いですよね。

当院にも冷え性でお悩みの方は多いのですが、中には夏場でも素足でフローリングを歩いているだけで冷えて仕方がないという方がいらっしゃいました。
ではなぜ冷え性が起きるのか?

多くの冷えは血流の悪さと熱産生不足、外的な寒冷刺激になります。

血液は体温を運んでいますが、血流が悪ければ末端まで血液がうまく運ばれません。
現代は生活が豊かになり、夏でも冷房の涼しい場所で生活する機会が増えています。こういった環境に長時間いることでどんどん身体が冷えていきますし、冷え性という自覚があるにもかかわらず冬でも薄着でいれば当然身体は冷えます。(こういった方は意外と多いです。)

また、運動不足による筋肉量の低下で身体の熱を生み出すことができなくなったり、身体を締め付けるような服装により血流が妨げられることが原因になります。