めまいについて

めまいとは

めまいとは
・周りがグルグルと回っている
・上下がひっくり返るような感じ
・フワフワした感じ
・船に乗っているようにユラユラした感じ
このような状態の総称になります。

自分、または周囲が回転や動いているように感じてしまい、酷い場合には立っていられなくなったり、吐き気や嘔吐、難聴や耳鳴り、動悸、不安感などの症状が出てくることもあります。

めまいの原因の多くは内耳にあり

めまいを発症する原因の多くは耳の中の内耳という部分になります。
内耳とは身体のバランス感覚を保つのに関係する前庭と三半規管、聴覚と関係する蝸牛からできています。
前庭には耳石があり、三半規管にはリンパ液が入っています。

前庭は身体の前後と上下の運動を感じ取り、三半規管は身体の回転運動を感じとり、その情報を脳の小脳という場所へ送られて身体のバランスを保つようにしています。しかし、風邪や細菌感染などにより前庭に炎症が起きたり(前庭神経炎)、耳石が三半規管に入り込んでしまう(良性発作性位めまい症)、三半規管の中のリンパ液が増えて水ぶくれ状態になり(メニエール病)、情報伝達がうまくいかなくなることによりめまいが発症してしまいます。

めまいの原因は内耳以外にもあり

脳の問題

脳の問題で起きるめまいは脳腫瘍、脳梗塞、脳出血、多発性硬化症などがあります。
バランスを取るのに必要なのは内耳の前庭と三半規管だけではなく、脳幹と脳といういう部分も関係してきますが、この部分に問題が起きることでめまいが発症します。また、脳の問題でめまいが起きる場合はめまい以外にも複視(物が二重に見える)、呂律が回らない、意識障害などを伴います。

ストレス

検査をしても異常が見つからないめまいの大半はこのストレスによるめまいになると言えます。
個人的には男性よりも女性に多く見られる傾向があり、仕事のストレスや育児、更年期なども関与しているのではないかと思います。

食生活

食生活の問題とめまいは今の医学ではおそらく解明できないのではないかと思います。それほど多くはありませんが、東洋医学的な視点でめまいの原因を探っていくと時々食生活の問題でめまいを発症している方に出くわします。
過度の飲酒や外食が多い方が発症しやすくなります。

鍼灸治療の効果は?

鍼灸治療でのめまいの治療は非常に有効なものとなります。ただし、脳の問題で起きるめまいに関してはやはり鍼灸治療ではなく、病院での治療をするようにしましょう。そのため、まずはしっかりと病院で検査を受けるようにしてください。
当院での治療は東洋医学に基づき、めまいを起している体質を診て治療を行っていきます。内耳に問題があるからといって単純に耳の周囲に鍼を刺したりはせず、全身の状態を改善してめまいの改善をしていきます。
症状の重いケースでは長期にわたり治療を行わなければいけないケースもありますが、検査をしても異常が見つからない、あまり薬に頼りたくないという方は鍼灸治療も選択肢としてお考え下さい。