月経のある女性の約70%の方が抱えるPMSとは?

月経のある女性の約70%の方が抱えるPMSとは?

生理前にイライラする女性

PMSとは生理予定日の約1週間ほど前から数日前に現れる身体的、精神的に不快な症状になります。症状が現れる期間には個人差があるために、早い方では生理予定日の2週間(排卵日)を堺に症状が現れる方もいます。また、PMSの特徴はほとんどのケースで身体的、精神的な不調は生理が来ることにより改善されます。

生理前になると、普段なら何でもないことに対して急にイライラしたり、気分が落ち込んだりしませんか?また、このイライラや気分の落ち込みが生理が来ると急になくなることはありませんか?

これがPMSの代表的な症状になります。

どんな症状があるの?

PMSには身体的な症状と精神的な症状があります。
身体的な症状
肩こり、頭痛、下腹部痛、胸の張り、下痢、便秘、倦怠感、むくみ、肌荒れなど

精神的な症状
イライラ、怒りっぽい、抑うつ感、集中力の低下、理由もなく涙が出る、過食など

PMSの原因は?

PMSの原因を考える女性

PMSは症状の出る時期が排卵日以降になり、生理が来ることにより症状が改善されるため、この時期に分泌量が高まり、生理とともに分泌量が減少する女性ホルモンの急激な変動が関係していると言われていますが、女性ホルモンだけが原因で起きるものではありませんが1つの要因にはなると考えられています。
排卵日以降に分泌される黄体ホルモンですが、このホルモンは高温期を維持するためのホルモンですが、それ以外にも体に水分を溜め込みやすくしてしますため、むくみや頭痛、胸の張りなどの症状が出てきます。

また、ストレスによる自律神経の乱れにより脳内のセロトニンの分泌量が低下することにより、気分の落ち込みやイライラ、抑うつ感などの症状が出てきます。

その他には性格的に几帳面であったり、完璧主義者、何かあってもグッととこらえてします方はストレスを溜め込みやすいため、PMSにはなりやすくなります。

PMSの治療について

PMSの治療は軽度の場合であれば対処療法となります。
まず、自分のPMSの症状がいつから出てくるのかを記録をつけていき、症状が出始める時期からは色々と無理をするのを控えるようにしましょう。また、食事の際には炭水化物だけの食事は控え、タンパク質、脂質、ビタミンなどバランスよく摂ることを心がけましょう。また、軽い運動も日々の生活に取り入れることもおすすめです。

低用量ピル

PMSの薬物療法としての代表的なものは低用量ピルでの治療になります。
PMSは生理周期に伴って起きる症状になるため、ピルにより生理を止めることにより症状が出ないようにしていきます。治療効果は多くの方に有効ではありますが、中にはピルの副作用に悩む方もいれば、ピルでは改善できないこともあります。
しかし、婦人科での治療の第一選択としてはピルになります。

抗不安薬、抗うつ剤

PMSの症状がある方全員が処方されるわけではありません。
PMSでも軽度の場合もあれば重度の場合もありますが、抗不安薬や抗うつ剤は精神的な症状が酷い方の場合に処方されることがあります。

漢方薬

漢方薬はここ数年でPMSの治療にも取り入れられている治療法になります。
漢方薬のいいとことはやはり大きな副作用がないことになりますが、漢方薬は東洋医学的な証立て(診断)ができなければ、正しい処方ができません。そのため、医師がどれだけ東洋医学に精通しているかということも重要になります。
また、婦人科で処方される漢方薬は保険適応にはなりますが、効果を重視するのであれば実費になりますが漢方薬局をお勧めいたします。

鍼灸治療の効果について

PMSの治療に対して鍼灸治療も非常に効果的な治療になります。
鍼灸治療も漢方薬と同じく東洋医学によるものなので、大きな副作用はないため、体には非常に優しい治療法になります。
当院は東洋医学的に体を診ていくことで、PMSを引き起こしている体質を分析して治療を行う、オーダーメイド治療になりますが、PMSの多くは東洋医学では「肝」という部分の異常が原因となりますので、この部分を治療していくことが多くなります。また、ツボには「安心作用」のあるツボもあるため、こういったツボも使用して治療を行っていきます。
PMSは東洋医学ではどう考える?