潰瘍性大腸炎について

潰瘍性大腸炎

主に大腸の粘膜に慢性の炎症を引き起こし、下痢、血便、発熱、体重減少などの症状が出る炎症性の腸疾患。日本においては指定難病に分類されており、未だ有効な治療は確立されていない疾患になります。
発症年齢は20~40代に多く診られ、男女比ではやや女性の方が罹患率が高くなっており、近年では内視鏡検査技術の向上や病気の認知度が上がったことなどにより患者数は増加傾向にあります。
同じ慢性の腸疾患であるクローン病とも症状が似ているが、潰瘍性大腸炎では粘膜の炎症が大腸に限局しているのが特徴になります。また、潰瘍性大腸炎は炎症する部位によって直腸炎型、左大腸炎型、大腸全体に炎症が起きる全大腸型などがありますが、直腸炎型が多く診られます。

原因

原因は不明とされていますが、免疫の異常や心理的な異常が指摘されているためにストレスとの関与は大いにあるとされていま。県外の大学へ行き、1人暮らしを始めた途端に潰瘍性大腸炎になってしまった友人がいます。
また、食生活の欧米化による脂質の取りすぎも原因ではないかと言われています。

症状

腹痛、下痢、発熱、血便などがあり、長期にわたると貧血や体重減少などの全身症状が出てくることもあります。

治療

病院での治療の原則は内科的な薬物療法となり副腎皮質ホルモン(ステロイド)などの炎症を抑える薬によって治療を行います。また、同時に食事療法も行われますが、低繊維食をとり食物残渣を少なくするようにします。
治療をする上で気をつけなければならないのが、抗コリン薬を過剰に投与すると大腸が拡張し麻痺性イレウスを起す中毒性巨大結腸症を誘発し、大腸からの出血、穿孔(穴が開く)、癌化した場合は手術しなければならなくなります。
潰瘍性大腸炎は治療をしていても良くなる時期と悪化する時期を繰り返しますが、薬でうまく症状を抑え食生活にも気をつけていれば健康な人とさほど変わらない生活を送ることが出きます。ただし、全大腸炎型で10年以上経過すると癌を発症するリスクが高くなってしまいます。

潰瘍性大腸炎に対しての鍼灸治療

西洋医学では治療が確立されていない潰瘍性大腸炎ですが鍼灸治療の場合はどうかと言いますと、治療効果は期待できると言えます。鍼灸治療がなぜ潰瘍性大腸炎に対して有効なのかははっきりとは解明されていない部分はありますが、鍼灸治療を受けることにより免疫機能が改善され、さらに自律神経も整うことでストレスに対抗できる体に体質改善できるからではないかと考えます。
ただし、ある程度症状の改善されるまでは週2~3回の治療を行い、半年~1年は継続していく必要があります。

また、東洋医学では潰瘍性大腸炎をはじめとした炎症性腸疾患を「痢失(りしつ)」と言い、昔から鍼灸治療は行なわれておりました。
西洋医学ではなかなか治療がうまくいかない潰瘍性大腸炎ですが、鍼灸治療で改善させることは可能になりますので、お悩みの方は治療の選択肢としてお考え下さい。