アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とは

乳幼児期に乳児湿疹として発症し、年齢が進むとともに異なった皮膚症状を呈する広範囲の湿疹性皮膚疾患。
しかし、中には子供の頃はアトピーだったが、大人になるにつれて自然と皮膚が綺麗になったり、出産後に治癒、逆にある日突然、再度アトピー性皮膚炎になってしまう・・・ということもある完治させるのが難しい皮膚疾患になります。

代表的な症状はなんと言ってもまずは痒みになります。乾燥する時期である冬~春、入浴後、汗をかいた後などに痒みが増す傾向があり、中には寝ている最中にかきむしってしまうこともあります。また、年齢によっても症状に違いがあります。

乳幼児期(3歳頃まで)

顔面、頭部に紅斑ができ、首や体、手足に広がり、湿潤傾向(ジュクジュク)が強く、かさぶたを伴います。

幼少期(4~10歳頃まで)

湿潤傾向は少なくなり、乾燥傾向になる。首や関節部に苔癬化(皮膚が粗く、厚くなった状態)ができてくる。

思春期、成人期

思春期頃までにッ警戒する症例が多いが、皮膚は乾燥傾向が強く、関節部に苔癬化があることが多い。

アトピー性皮膚炎の原因は?

アトピー性皮膚炎の原因は現状でははっきりとは解明されておりません。
しかし、アレルギー性鼻炎や気管支喘息との合併が見られることも多いことと、血液中のIgE値が高いことからⅠ型アレルギーの関与が考えられています。そのため、肌のバリア機能の低下し乾燥した皮膚にハウスダストなどのアレルゲンが侵入したり、ストレスや大気汚染などの環境が原因となり発症すると考えられています。

大人になってから再発したり、突然アトピーになるのは?

このようなケースではストレス、大気汚染、食生活が関係してきます。
中でもやはりストレスが原因で突然アトピー性皮膚炎を再発・発症してしまうケースが圧倒的に多いのではないかと思います。大人になってからアトピーを再発・発症してしまうタイミングで最も多いのが、仕事を始めてからや部署の移動、上司が変わった、転勤、その他、睡眠不足なども関係してきます。

例えば、イライラしてきた時に頭が痒くなって、頭をかきむしった経験はないでしょうか?
ストレスでアトピーを再発・発症してしまった方はこの現象が全身に起きてしまっていると考えていただければいいかと思います。

しかし、ストレスは誰にでもあります。だからこそ、普段からストレス発散ができているかどうかが非常に重要になってきます。

アトピー性皮膚炎の治療について

病院での治療は薬物療法が主流となっており、皮膚の乾燥を防ぐために保湿剤を使用し、痒みがひどい際にはステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬により痒みを抑えることになります。

また、アトピー性皮膚炎の治療と大切なのは皮膚を清潔に保つことになります。皮膚の炎症部位には黄色ブドウ球菌という菌がおり、この菌が引っかいた部位やバリア機能が低下した皮膚から体内に侵入し、炎症を悪化させることがあるため、入浴時にはシャワーでしっかりと洗い流す必要があります。体を洗う際にはゴシゴシト強くこするのではなく、手のひらやタオルなどで優しく洗うようにしましょう。石鹸なども添加物の少ないものを使用するのも大切です。

鍼灸治療とアトピー性皮膚炎

鍼灸治療でアトピー性皮膚炎の治療はもちろん可能となりますが、ステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬のように痒みや炎症に対して即効性があるわけではありません。※個人差はありますが、即効性がある方もいらっしゃいます。

鍼灸治療でアトピー性皮膚炎の治療をしていく際に大切なことは体質改善になります。そのため、個々のアトピー性皮膚炎を引き起こしている体質を分析して治療を行う必要があるため、根気よく治療をしていく必要があります。じっくりと治療を進めていくことにより皮膚の炎症や痒みも徐々に軽減していきます。

また、鍼灸治療を始めたばかりの頃はステロイド外用薬などの薬は併用していただいても問題ありません。治療をしていきながら、ステロイドの減薬、および脱ステロイドを目指していきましょう。