生理前のイライラ、気分の落ち込みはPMS(月経前症候群)かも?

PMS(月経前症候群)とは?

PMS(月経前症候群)とは月経前に起きるイライラや気分の落ち込み、肩こり、頭痛など精神的・身体的に起きる不快な症状のことを言います。
多くの方は月経の1週間~3日前に起きるが、人によっては月経後に起きることもしばしばあります。
また、多くの女性が月経前に何らかの不快な症状が起きているが、その症状がPMSによるものであるということを知らない方も多く、男性側はさらに知らない方が多い、女性特有の疾患になります。

PMSでお悩みの方の中には精神的な症状の部分で「人格が変わるほどイライラして人に当たってしまう・・・」、「理由もないのに涙が止まらない・・・」などでお悩みの方がいらっしゃいます。

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_s

どんな症状があるか?

精神面での症状
イライラ、抑うつ感、気分の落ち込み、落ち着かない、八つ当たりしてしまう、涙もろくなる、情緒不安定になるなど

身体面での症状
肩こり、頭痛、下腹部痛、胸の張りや痛み、肌荒れ、腰痛、むくみ、体重増加など

PMSの原因

原因に関してはホルモンバランスの乱れが関与しているといわれているが、実際には原因は分かっていない。
ホルモンバランスの影響というのは、女性は月経周期によって分泌される女性ホルモンが変わるが、この女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が影響しているとされている。
また、そのほかの原因としてはストレス、生真面目な性格、喫煙、飲酒なども考えられています。

PMSを悪化させる要因はストレス

PMSのはっきりとした原因は解明されていないものの、ストレスとの関係は非常に深いのではないかと思われます。
やはりPMSの症状が激しい方ほど日常生活や職場におけるストレスは多くなっている傾向にあります。
そのため、症状が出始めるじきにはできるだけ無理の無いようにリラックスして生活できる環境を整えることも大切です。

治療について

症状がそれほど酷くない場合では自力での生活習慣の改善のみでも充分改善が可能となりますが、症状が重いケースではやはり1度病院で相談することをお勧めいたします。
PMSの治療は薬物療法(低容量ピル)、食事療法、漢方薬などが主流となっています。

低容量ピルによる治療

ピルと言うと「避妊薬」というイメージがありますが、PMSや生理痛の治療などにも使用されています。
ピルを服用することによりホルモンの変動が通常よりも抑えられ、ホルモンの急激な変化による自律神経の乱れがなくなることにより症状が緩和されます。

食事療法

PMSの代表的な症状であるイライラや過食などの症状は血糖値の低下することが関係してきます。そのため、血糖値をさげないことがポイントとなります。ただし、急激に血糖値を上げるような食事(甘いもの)をすると、その反動で急激に血糖値が下がるため、食事を小分けにして食べるようにしましょう。

その他、
・神経を高ぶらせるカフェインを控える
・女性ホルモンと似た働きのあるイソブラボン(大豆製品)を摂る
・アルコールや塩分も控える

漢方薬による治療

最近では漢方薬を取り扱う病院も増えているため、医師によっては積極的に漢方薬を処方する場合もあれば、患者さんが希望すれば処方してもらうことも可能となっています。
漢方薬ではPMSを引き起こしている体質を改善する目的で処方されます。
ただし、東洋医学的な「証=体質」を見極められるかがポイントとなります。

鍼灸治療での治療は可能?

PMSは鍼灸治療でも治療可能となります。
鍼灸治療は自律神経のバランスを整える効果と、ホルモンバランスを整える効果があり、さらには薬のような副作用もありません。
できるだけ薬での治療は避けたいという方は治療選択肢の1つに入れていただければと思います。

ただし、鍼灸治療だけを受けていればいいという物ではなく、しっかりとご自身での生活習慣の改善やストレス対策も行なっていただく必要があります。