生理周期がバラバラ。生理不順の原因は?

生理不順(月経不順)とは?

生理は脳の視床下部からの性腺刺激ホルモン→下垂体からのFSH、LHの分泌→卵巣からのエストロゲン、プロゲステロンという順番でホルモンが分泌されます。このいずれかでのホルモンの分泌が悪くなり、生理が毎月一定の期間で来ないことを生理不順(月経不順)と言いますが、医学的には25日~38日以内に生理が来ないことを生理不順と言います。

生理不順は女性であれば誰でも一度は経験することがあるため、たまたま乱れることはありますが、毎月早い、遅い、あまりにも周期がバラバラすぎる場合には何かしらの問題が隠れていることになります。

生理不順の原因は?

生理不順の原因は様々あります。

ストレス

ストレスを受けることにより自律神経が乱れることにより、脳からのホルモンの分泌が悪くなることにより生理不順となります。

体重の増減によるもの

生理と関係のある女性ホルモンはコレステロールを基に作られる脂溶性のホルモンになります。そのため過度な食事制限によるダイエット、肥満などは生理不順を引き起こします。

ホルモンバランスの乱れ

更年期の方や出産後、初潮を迎えたばかりの頃はホルモンバランスが悪いために生理不順にはなりやすい傾向があります。
更年期の方は卵巣機能の低下が原因となりますが、出産後や初潮を迎えたばかりの頃であれば自然と周期が整ってきます。

多嚢胞卵巣症候群(PCOS)

本来は毎月1つの卵胞が育ち排卵されるが、卵巣の表面が固くなってしまうことで排卵ができずに次々に卵胞が育ってしまうことで結果的に周期が遅くなってしまう。肥満傾向の方がなりやすい病気と言われていますが、日本人はどちらかというと痩せ型の方がなりやすい印象があります。
多嚢胞卵巣症候群についてはこちら

黄体機能不全

排卵後に分泌されるプロゲステロンというホルモンの分泌が不足することにより、高温期を保つことができずに周期が短くなってしまいます。
黄体機能不全についてはこちら

高プロラクチン血症

母乳を分泌するホルモンであるプロラクチンが過剰に分泌されるために、卵巣からのホルモンの分泌が抑制されてしまうために周期が遅くなってしまいます。
生理不順とともに妊娠してもいないのに母乳が出る場合は要注意です。

脳の病気(腫瘍など)

月経をコントロールしているのは脳の視床下部と下垂体という部分になりますが、この部分に腫瘍などができることにより、ホルモンの分泌が過剰に出たり、不足することにより生理不順が起きてしまいます。

病院を受診する目安は?

生理不順のために病院を受診する目安はおよそ3ヶ月~半年ほど様子を見ていただいた方が良いかもしれません。
女性の中には
「今まで問題なかったのに今月は妙に遅い・・・」

逆に
「今月はちょっと早くない?」

と1度だけの乱れを非常に気にされる方もいらっしゃいますが、女性の生理というのはちょっとしたことでも乱れは起きやすいものです。そのため、たまたま乱れただけという可能性もあるため、まずは様子を見て不順な状態が続く場合に病院を受診するようにしましょう。