大人ニキビとは

大人ニキビとは?

大人ニキビとは一般的に20歳を超えてからできるニキビのことで別名を「吹き出物」と言います。
思春期(10代)のニキビはTゾーンと呼ばれる、おでこや鼻、頬などに主にできますが、大人ニキビはフェイスラインや顎、首などにできやすくなります。

大人ニキビと思春期ニキビの違いは?

思春期にきびとの違いは思春期にきびは一過性のにきびのため数ヶ月~数年ほどで自然と改善されていきますが、大人にきびは自然に治ることは少なく、治まったと思ってもすぐに再発してしまいます。

大人ニキビの原因は?

思春期のニキビの原因は成長過程でホルモンの分泌が高まり、皮脂が過剰に放出されニキビができやすい環境を作っていることです。
これに対して大人ニキビの原因はストレス・睡眠不足・暴飲暴食などの生活習慣の乱れ・ホルモンバランスの乱れ・化粧品など実に様々で、中には生理前になるとよりニキビができてしまうというお悩みを抱えている方もいらっしゃいます。
また、乾燥による肌のバリア機能の低下や肌のターンオーバーのリズムが乱れ、角質が剥がれずに毛穴を塞いでしまうことが原因となります。

ニキビができる場所と内臓の関係性

東洋医学ではニキビができる場所でどこの内臓に問題があるかによってもできる場所が変わってきます。ただし、これは絶対ではなく、経験上「この臓器に問題がある方にはこの場所にできやすい」というものですのでご参考までに!
・おでこ ⇒ 心 :心の問題(ストレス系)
・こめかみ ⇒ 胆 :悩み事
・鼻の周り ⇒ 肺 :辛い物の食べすぎ
・口周り ⇒ 胃腸系 :甘い物や脂っこい食事
・頬 ⇒ 大腸 :便秘
・フェイスライン ⇒ 婦人科疾患

ニキビ改善のためのチェックポイント

ニキビでまずチェックすべきことは食生活の内容です。
・甘い物をどれだけ摂っているか?
・脂っこい物を食べ過ぎていないか?
・外食が多くないか?
・野菜が不足していないか?など

現代人は食生活の乱れがかなりあるため、まずは食生活をしっかりと見直します。
その他として・・・
・排便は毎日あるか?
・月経周期
・ストレス対策
・運動習慣
・睡眠の状態
これらも非常に重要な項目になります。