不妊治療の気になる治療ペース

鍼灸治療による不妊治療の場合、保険診療とはならず自費診療となることはご存知の方が多いかと思いますが、病院での不妊治療を受けている方が鍼灸治療も取り入れる際にやはり気になるのが治療ペースになるかと思います。

鍼灸による不妊治療のペースはどのくらい?

各治療院によって提示する治療ペースは違ってくる部分がありますが、当院ではこのように考えております。
・原因不明の不妊の場合
⇒週1回を基本とします。

・不妊の原因となる基礎疾患がある場合※多嚢胞、無排卵、黄体機能不全など
⇒週2回を基本とします。

・40代の方
⇒基礎体温表などを確認させていただいた上で週1回、または週2回かを判断させていただきます。

週1回の治療なのか週2回の治療なのかはその方の現状によって左右されてきます。やはりしっかりと治療すべき原因がある場合は全ての方ではありませんが、週1回の治療では難しい面もあります。
ただし、週2回の方の場合は原因の改善具合をみて週1回に変更していきますので、不妊治療というよりはまずは基礎疾患の治療に専念していくとお考えいただければと思います。
そのため、基礎体温表もしっかりと付けていただくことにもなります。

基礎体温表

また、治療の際には週1回の方でも週2回の方でも基本的には生活習慣の改善はしていただかなくてはいけません!場合によっては自宅にてお灸によるセルフケアもお願いしております。

鍼灸による不妊治療をご検討の方はご参考にしてください。