バセドウ病

バセドウ病

バセドウ病とは喉の前面にある甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることにより、代謝の亢進、自律神経刺激により他の臓器に影響が出る自己免疫疾患になります。
男女差では1:5~6人と圧倒的に女性がかかりやすい病気の1つになり、20代~50台の女性が多いが、特に30~40代の女性がかかりやすくなります。

バセドウ病にはいくつかの特長的な症状があるため、比較的発見しやすい病気にもなります。
例えば
・手が小刻みに震える(手指振戦)
・喉が痛いわけではないが、腫れている(甲状腺腫)
・特に何もしていないが、体重が落ちていく
・汗をかきやすくなる
・眼球が出てくる(甲状腺眼)

このような症状がバセドウ病には診られるため、このような症状がある場合はまずは専門医にて検査をすることをお勧めいたします。

甲状腺ホルモンの働きとは?

・基礎代謝を高め、体温を上昇させる。
・成長ホルモンの働きを助けて、骨や歯の発育を促す。
・精神機能の刺激

バセドウ病の原因は?

原因は不明となっていますが、TSH受容体に対する抗TSH受容体抗体によって甲状腺が過剰に刺激を受けているために発症すると考えれています。
通常は脳の視床下部からTRHを分泌→下垂体前葉からTSHを分泌→甲状腺という流れで情報が伝達され、ホルモンの分泌調節を行ないます。しかし、バセドウ病の場合は下垂体から分泌されるTSHを受け取るTSH受容体に対する抗体ができてしまい、この抗体が甲状腺を刺激してしまっている状態になります。
また、過度のストレスが引き金となったり、遺伝なども関与してきます。

治療に関して

病院での治療は主に薬物療法が主流となっており、抗甲状腺剤により甲状腺ホルモンの数値を下げていくことになります。稀に手術により甲状腺自体を取ってしまうこともありますが、この場合は注意が必要です。甲状腺を摘出することにより、バセドウ病の症状は改善されますが、逆に甲状腺機能低下症という甲状腺ホルモンが低下することによる身体の不調が出てくることになります。そのため、治療に関しては医師としっかりと相談するようにしましょう。

バセドウ病に対しての鍼灸治療

鍼灸治療でもバセドウ病の治療は可能となりますが、症状によっては改善できないものも出てきます。具体的には甲状腺腫(甲状腺の腫れ)や甲状腺眼(眼球の突出)などは時間が経過しすぎているケースでは改善は難しくなってきます。
その他の症状は全身の状態を東洋医学の観点から診て治療を行っていき、薬が必要ない状態を目指していきます。