蝸牛型メニエールによる難聴

30代女性。
3月中旬頃に寝ている時に頭を動かしただけでもめまいが起きるようになる。
胃の調子も悪く嘔吐することもある。
同時に右耳に「ボーン」という感覚と、左耳が聞こえづらくなったため、かかりつけの耳鼻科に行くと蝸牛型メニエールと診断。
5日分の薬を処方されたが改善なし。
雨天や曇りの日に耳の調子が著しく悪くなる。

聴力検査では低音域の聞こえが良くない。
※30dBが正常値で、数値が低いほど聞こえている。

tyouryoku1

発症時期の生活状況を伺うと、長男の高校受験や入学準備など忙しくされていた。

脈:緊滑

舌:淡紅・白じ苔・舌尖紅刺

弁証:肝鬱気滞・湿困脾土

百会(左)、左足三里に15分置鍼。

治療当日の昼過ぎに眠たくなったため、1時間ほどの昼寝をするつもりが2時間ちょっと寝てしまう。
その後から左耳の聴力が自覚的にはかなり聞こえるようになる。

治療から2日後に耳鼻科にて再度聴力検査を実施。

tyouryoku2

表の赤点が前回の数値になりますが、左右ともしっかり改善されています
※×印が左耳、○印が右耳
・125HZ:55dB ⇒ 45dB
・250HZ:55dB ⇒ 50dB
・500HZ:50dB ⇒ 35dB

平均純音聴力も左だけではなく、右耳も良くなっています。

東洋医学的な原因としてはストレスによる気の停滞が体の水分の停滞を引き起こしたこと。
百会で全身の気の流れを良くし、足三里で湿邪をとる治療を行なっただけです。

もう少し治療が必要ではありますが、あと数回の治療でよくなる見込みです。

btn_02