1本の鍼でも体は変わる

1本の鍼を体に刺すだけでも体はしっかりと変化します。

このようなことを言われても正直信じられませんよね。
実は僕もあまり信じてはいませんでした。(笑い)

でも今は自信を持って言えます。
なぜなら、現在は平均2~3本ほどの鍼しか打っていませんが、以前よりも格段に治療効果が高くなっています。

なぜ、少ない鍼で治療効果が出せるのか?これが謎ですよね?
体にはたくさんのツボがあり、基本的には左右対称にツボは存在しています。そして、その中で最も左右差が出ているツボこそが最大の治療効果を出すことができるツボになります。

なぜ左右差があるツボが良いのか?
この答えは東洋医学というのがバランスを整える医学であるため、ツボの圧痛やへこみ、熱感・冷感・発汗などの左右差が崩れているツボを整えることが大切だということになります。

とは言うものの、「そんな少ない鍼で良くなるとは思えない。」という方が多いと思います。
ただ、それは実際に経験していないからです。というよりもこのようにわずか2~3本ほどの鍼で治療をしている鍼灸院が全国で探しても本当に少ないんですね。
愛知県内では知る限りで5件ほど。探せばあるかと思いますが、どれだけ少ないか分かっていただけるかと思います。

鍼灸治療もたくさん刺すのが鍼治療ではない!少ない鍼でもしっかりと効果を出すことができるということを知っていただきたいと思います。

Share

関連記事

聴力検査アプリの実力

以前にもブログでご紹介した「聴力検査アプリ」ですが、アプリのレビューにある通り、耳鼻科で行なう聴力検査とほぼ同じ結果になることが何名もの患者さんへの追試で分かりました。 ただ問題点もあります。 その問題点とは検査を行なう[…]

[» 続きを見る]

基礎体温をつけて判明する高温期が短い理由とは?

妊娠希望の方は基礎体温表を付けるかと思いますが、生理周期に関しては生理があった日から次の生理までの日数を数えれば分かることですが、基礎体温を付けなければ分からないこともあります。 基礎体温を付けてみると ・周期は問題ない[…]

[» 続きを見る]

たまには自然に触れましょう!

名古屋の蓬祥鍼灸院、長谷川です。 台風&秋雨前線の影響で今週末も雨でややテンション下がり気味です・・・ 秋といえばスポーツの秋、食欲の秋、読書の秋などと言いますが、紅葉シーズンでもあります。 現代社会ではストレスばかりで[…]

[» 続きを見る]

内臓の名前が付いたツボの重要性

背中から仙骨(臀部)には内臓の名前が付いたツボが存在する。 上から順に肺・心・肝・胆・脾・胃・腎・大腸・小腸・膀胱 内臓の名前が付いているため、ツボの凹み・硬結・隆起・冷え・熱感・圧痛などをよく観察することで、どこの臓腑[…]

[» 続きを見る]

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺とは喉にある内分泌腺で基礎代謝を高めたり成長ホルモンの働きを助ける作用があるホルモンを分泌する。 この甲状腺から分泌されるホルモンの数値が低下した状態を「甲状腺機能低下症」というが、この疾患は甲状腺機能亢進症である[…]

[» 続きを見る]