現代医学では不妊症の原因はたくさんありますが、東洋医学でも同じように不妊症の原因はたくさんあります。
東洋医学は現代医学とは体の診かた・病気の考え方が違うため、東洋医学での治療を考えている方は現代医学による病気・病名に縛られないようにしましょう。

血とは?
血とは血液のことで臓器や組織・器官に栄養を与える栄養物質。
血液は飲食物を基に脾胃により作られます。飲食物は胃に入り、脾で消化・吸収され血液となり血管内を流れています。

血虚とは?
血虚とは血液が不足した状態のことを指し、現代医学での貧血とはまた別の意味合いになります。
貧血というのは赤血球やヘモグロビンの量で決まりますが、東洋医学での血虚というのは人体の血液の量そのものが不足した状態と考えられます。
原因としては以下になります。
・ダイエット
・胃腸機能の低下による食欲不振
・出産や怪我などによる大量出血
・思慮過多
・過労

【月経と血に関して】
正常であれば毎月起こる月経ですが、人により周期が違ってきます。
早い方もいれば、遅い方もいます。
血虚体質の方はどうなのか?
血虚体質の方は月経周期は遅れ気味になります。
東洋医学では妊娠するために胞宮という現在の子宮に血液を溜め込みます。そして、妊娠にいたらなかった際に起きるのが月経による血の排出になります。
しかし、血虚体質ということは血液量が不足しているため、子宮に血液を集めるのに時間がかかるため、月経が遅れることになります。

【血と妊娠の関係】
なぜ血が不足すると妊娠しにくくなるのか?
簡単に説明すると妊娠中は母体と胎児の2人分の血液量が必要になるためです。
そのため、血虚体質の方が妊娠をすると妊娠期間中に酷いめまいを起こすことがあり、最悪の場合は体が自分の身を守ろうとして流産してしまうこともあるため、不妊症だけではなく習慣性流産(不育症)の原因にもなってきます。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------