母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。

その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。

①肝鬱気滞
②気血両虚

①に関してはストレスが原因となります。
肝と関連している経絡が乳房の周りを走行しているため、乳房周りのエネルギーの循環が悪くなるために母乳の出が悪くなるということです。そのため胸は結構張ることになります。

②は産後の栄養状態が悪いことや、出産時に出血量が多いことが原因になります。
母乳は血液から造られ、血液は食べ物から作られます。
バランスの良い食事をしっかりと摂ることや、場合によっては胃腸の調子を整えることが重要です。

ではお待ちかね?のツボのご紹介です。
ツボの名前は「少沢(しょうたく)」。

image

小指の爪の生え際の外側。
左右にあるのでここをグリグリと押してください。
ただし、このツボは上記の原因のうち、①のケースの方が効果が高いということと、やはり一時的に良くなる程度になります。
そのため、鍼灸治療の場合はしっかりと体の治療を行うことが大切になります。

Share

関連記事

薬に頼らないためには

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院 長谷川です。 皆さんは体の不調があった時はすぐに薬を服用されますか? 私は鍼灸師であるため、今はまず薬は飲まなくなりましたが、昔は何かあればすぐに薬、すぐに病院へ行っていました。 しかし[…]

[» 続きを見る]

梅雨が苦手な方必見?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 私適にあまり好きではない梅雨の時期にもうすぐやってきます。 人によっては梅雨や雨の日に体調が悪くなるという方がいらっしゃいますが、このような方は東洋医学的には「脾胃」という胃腸に問[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜症と鍼灸治療

子宮内膜症に対しては鍼灸治療はピルなどとは違い副作用がないため有効な治療の選択肢になります。 子宮内膜症など婦人科疾患でお悩みの方に多く診られるのが、「オ血」と言われるドロドロとした血液を身体(子宮)に溜め込んでいる体質[…]

[» 続きを見る]

花粉症対策

今日から本格的に春の兆しになるため、花粉症の方にとっては辛い日常の始まりかもしれません。 春は木々が芽吹き、生長する季節でもあるため、人の身体の中でも同じようなことが起こり、気温の上昇とともにエネルギー(気)が上昇しやす[…]

[» 続きを見る]

年の瀬に嬉しいご報告

2017年ももうすぐ終わりが近づいておりますが、妊娠報告を頂きました。 当初は子宮内膜症、多嚢胞卵巣症候群(PCOS)、黄体機能不全など様々な不妊の原因を持たれており、基礎体温はガタガタで高温期も短かったため、ルトラール[…]

[» 続きを見る]