母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。

その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。

①肝鬱気滞
②気血両虚

①に関してはストレスが原因となります。
肝と関連している経絡が乳房の周りを走行しているため、乳房周りのエネルギーの循環が悪くなるために母乳の出が悪くなるということです。そのため胸は結構張ることになります。

②は産後の栄養状態が悪いことや、出産時に出血量が多いことが原因になります。
母乳は血液から造られ、血液は食べ物から作られます。
バランスの良い食事をしっかりと摂ることや、場合によっては胃腸の調子を整えることが重要です。

ではお待ちかね?のツボのご紹介です。
ツボの名前は「少沢(しょうたく)」。

image

小指の爪の生え際の外側。
左右にあるのでここをグリグリと押してください。
ただし、このツボは上記の原因のうち、①のケースの方が効果が高いということと、やはり一時的に良くなる程度になります。
そのため、鍼灸治療の場合はしっかりと体の治療を行うことが大切になります。

Share

関連記事

病気は早期発見することが非常に大切です

先日、名古屋の某局の某アナウンサーの方が自分が乳癌であることを発表されました。 癌になってしまったことは非常に辛いことであることは間違いありませんが、この方の場合は「初期の乳癌を早期に発見」できているということなので、こ[…]

[» 続きを見る]

妊娠しやすい体の作り方【結論:規則正しく生活し健康になること】

そろそろ子供が欲しい、または妊娠しやすい体に体質改善したいと考えていませんか? 妊娠しやすい体を作るために自分でできることって実はたくさんあり、すべて今日から実践することができるものばかりです。 また、本記事では自然妊娠[…]

[» 続きを見る]

心身の不調をきたす5月病にご注意を

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 新年度が始まり早1ヶ月が過ぎようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか? 社会人の方々は今日からゴールデンウィークということで最長で9連休のため、どこかへ出かける方もいれ[…]

[» 続きを見る]

つわりはいつからいつまで続くの?【人によっては出産するまであり】

妊娠したらつわりで苦しむものだと思っていたのにまだ症状がなかったり、妊娠してすぐにつわりが始まり食べれなかったり吐き気がひどいため、この症状がいつまで続くのか知りたい方へ。 今回はつわりに関する疑問や辛いこの時期を乗り越[…]

[» 続きを見る]

低音障害型難聴に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 37歳 女性 低音障害型難聴2 体表観察、弁証、治療について3 考察 37歳 女性 低音障害型難聴 今年のGW明けの週末の昼休み中に会社でテレビを観ているとテレビから聞こえてくる音や周りの人の声が二重に聞こ[…]

[» 続きを見る]