東洋医学での肝の働き

●疏泄(そせつ)
疏泄とは肝気が全身の気の流れを調節し、気血水の運行や脾胃の運化を促進し、胆汁の分泌や排泄、感情をコントロールする作用を指す。
そのため肝気の流れがスムーズであれば、気持ちにゆとりがあり、胃腸の働きもいいが、肝気が滞るとイライラしやすく、消化機能の低下、血行不良によるお血が生じる。

また肝は精神活動を支配しているため肝の働きが悪いと情志に変化が現れやすくなる。
この変化は抑鬱と興奮の2つに分けられ、肝気の流れが悪くなると抑鬱状態になりやくす、わずかな刺激を受けただけでも強い抑鬱状態になる。逆に肝気が興奮しすぎるとイライラしやすくなり、わずかな刺激でも起こりやすくなる。
そのため、女性が生理前にイライラしやすくなったり、抑鬱気分になるのは肝の働きに問題があると言うことになります。

●胃腸系との関係性
ストレスにより胃が痛くなることがありますが、こういった場合は胃に問題があるのではなく、肝に問題があります。
肝と胃腸系をあらわす「脾胃」の関係性は主従関係があり、簡単に言うと肝の方が脾胃よりも強い関係性になります。
胃は降濁という胃の内容物を下(小腸)へ運ぶ機能があり、正常な場合では肝気はこの働きを助けていますが、過度のストレスが加わることにより肝の働きが過剰になりすぎるとまるで上司が部下をいじめるかのごとく脾胃を攻撃することにより機能が低下してしまいます。
そのためストレスによる胃腸系のトラブルとしては胃痛以外にも、逆流性食道炎や過敏性腸症候群、胃炎などとして現れることがあります。

また、肝は目・涙・爪などとの関係が深いため、これらに異常がみられれば肝に問題があるかな!?っということになります。

ちなみにシミ、そばかす、肌質改善を目的に美容鍼灸を行う場合はこの肝の治療が必要になってきます!

Share

関連記事

東洋医学に関する番組情報

本日、メーテレにて20:00~「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」にて漢方薬や鍼灸に関して2時間放送されます。 おそらく、メインは漢方薬の内容になるかと思いますが、東洋医学の考え方を知ることができるチ[…]

[» 続きを見る]

不妊とアトピーの異病同治

30代女性 3年前に結婚し、数ヵ月後に自然妊娠するも8wで流産。 その後は1度も陽性反応が出ず、昨年から婦人科を受診し血液検査をするも特に問題は見つからないため、クロミッドとタイミング方による治療が開始。 アトピーは高校[…]

[» 続きを見る]

肩こり 40歳 女性

主訴:肩こり 仕事で長時間のパソコンを使用している。 肩を触ると思わず「うわっ!」っとなってしまうほど肩がガチガチになっている。 肩こり以外にはイライラしやすい・目が充血しやすいなどの症状あり。 脈:弦 舌:紅舌 弁証:[…]

[» 続きを見る]

ストレス体質による花粉症

花粉症の方で最も多いストレスタイプ。 東洋医学では「肝」という部分の問題で起きてくる花粉症となります。 東洋医学では「季節と内臓の関係性」というものがあり、花粉症の多くの方は春に症状を訴えますが、「春と関係のある臓器が肝[…]

[» 続きを見る]

病気にならないためにすべきこと

①しっかりと食べる※ただし食べすぎは注意 ②休む時は休む ③適度に体を動かす ④趣味を持つ ⑤考え込んだり、悩みすぎたり、心配しすぎたりしない 最近多いのは⑤の方です。 人それぞれ色々な悩みはあるかもしれません。悩んだり[…]

[» 続きを見る]