東洋医学での肝の働き

●疏泄(そせつ)
疏泄とは肝気が全身の気の流れを調節し、気血水の運行や脾胃の運化を促進し、胆汁の分泌や排泄、感情をコントロールする作用を指す。
そのため肝気の流れがスムーズであれば、気持ちにゆとりがあり、胃腸の働きもいいが、肝気が滞るとイライラしやすく、消化機能の低下、血行不良によるお血が生じる。

また肝は精神活動を支配しているため肝の働きが悪いと情志に変化が現れやすくなる。
この変化は抑鬱と興奮の2つに分けられ、肝気の流れが悪くなると抑鬱状態になりやくす、わずかな刺激を受けただけでも強い抑鬱状態になる。逆に肝気が興奮しすぎるとイライラしやすくなり、わずかな刺激でも起こりやすくなる。
そのため、女性が生理前にイライラしやすくなったり、抑鬱気分になるのは肝の働きに問題があると言うことになります。

●胃腸系との関係性
ストレスにより胃が痛くなることがありますが、こういった場合は胃に問題があるのではなく、肝に問題があります。
肝と胃腸系をあらわす「脾胃」の関係性は主従関係があり、簡単に言うと肝の方が脾胃よりも強い関係性になります。
胃は降濁という胃の内容物を下(小腸)へ運ぶ機能があり、正常な場合では肝気はこの働きを助けていますが、過度のストレスが加わることにより肝の働きが過剰になりすぎるとまるで上司が部下をいじめるかのごとく脾胃を攻撃することにより機能が低下してしまいます。
そのためストレスによる胃腸系のトラブルとしては胃痛以外にも、逆流性食道炎や過敏性腸症候群、胃炎などとして現れることがあります。

また、肝は目・涙・爪などとの関係が深いため、これらに異常がみられれば肝に問題があるかな!?っということになります。

ちなみにシミ、そばかす、肌質改善を目的に美容鍼灸を行う場合はこの肝の治療が必要になってきます!

Share

関連記事

名古屋でら得プレミアム商品券

本日、名古屋でら得プレミアム商品券の発売日! 販売店では早い時間から行列のようです。 しかし、このプレミアム商品券の販売方法や時間は何とかならなかったのでしょうかね? この猛暑の中で10時~の販売はちょっと遅いんじゃない[…]

[» 続きを見る]

花粉症・PMS(月経前症候群) 26歳 女性

数年前から月経1週間程前になると感情のコントロールができず、イライラしたり、急に泣いてしまったり、集中力の低下、浮腫み、食欲の増加などの症状が出るようになる。 また、花粉症でもあり春・秋どちらも症状が出るという。 治療は[…]

[» 続きを見る]

パニック障害の症例

11月11日来院。 28代 女性 16歳の頃よりパニック障害による過呼吸や動悸があり、精神科に通院中。 きっかけは家族間でのゴタゴタ。 酷い時には手足の内側に蕁麻疹が出る。 ストレスや季節の変わり目に特に症状が酷くなり、[…]

[» 続きを見る]

太衝穴

ストレスにより気の流れが悪くなった状態を肝鬱気滞といいますが、この場合には「疏肝(そかん))という肝気の流れを良くしなければいけません。 その際によく使用されるのが太衝というツボになります。 正しくツボが取れればこのツボ[…]

[» 続きを見る]

鍼灸も医療費控除の対象です

明後日の2月16日(木)から確定申告が始まります。 さて、確定申告といえば昨年の所得の申告をしますが、鍼灸院で治療を受けている方々も少し関係が出てきます。 それが、医療費控除というものです。 ご存知の方もいらっしゃるかと[…]

[» 続きを見る]