怪病多痰

怪病多痰。
東洋医学にはこのような考え方があります。

これは「原因がいまいち特定できない病」の場合、痰という病理物質が原因となることが多いという考え方になります。

では痰とは何なのか?
痰というのは体の中に溜まった水分になりますが、ネットリとした水分で、有形の痰と無形の痰があります。
有形の痰というのは喉の辺りに溜まり、口から排出できるいわゆるあの痰。
無形の痰は目で見ることはできないが、体のどこかに溜まっている痰になります。

どのようにしてこの痰が体の中で出来上がるのかというと
①水分代謝に関わる肺・脾・腎の機能失調
②食生活の問題

痰の生成には特に食生活の問題で起きることが多く、甘い物・脂っこい物の過食・過度の飲酒・健康のために行なっている過度の水分摂取はすべて痰の原因となってしまいます。
そして、水分代謝に関わる臓器の機能が低下している方はさらに痰を生じやすくなってしまい、あなたを苦しめる怪病を発症させることになります。

何事もほどほどにしましょう。

Share

関連記事

皮膚疾患の意外な原因

皮膚疾患の原因として最近言われているのが「金属アレルギー」。 ピアス・ネックレス・時計などの装飾品をつけることによって、痒みが出れば自分が金属アレルギーかどうかが分かりますが、普段このような装飾品をつけない場合は自分が金[…]

[» 続きを見る]

明日、明後日は国家試験

2月の最終の土日は鍼灸の国家試験が実施される。 土曜日があん摩・マッサージ・指圧師試験、日曜日がはり師・きゅう師試験。 各試験問題は150問で6割以上で合格。(変更がなければですが・・・) 学生諸君は今頃ラストスパートを[…]

[» 続きを見る]

保健所の臨検検査終了

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 先程、保健所の方が来院されて行われる臨検検査が終了しました。 所要時間は約5分。 何度も保健所には相談に行っていたため、保健所の担当者の方も「助かる」と言われていました。 中には一[…]

[» 続きを見る]

経穴(ツボ)と経絡

経絡とは専門的な言い方をすると気血の通り道ということになりますが、何となくこの言葉は受け入れがたい言い方にもなってしまします。 なので分かりやすい表現をすると経絡とは線路や路線と言われます。 ガタン、ゴトン、ガタン、ゴト[…]

[» 続きを見る]

鍼1本で顎関節症治癒

1年半ほど前から左顎にドーンとした痛みがあり、歯科医で顎関節症と診断。 現在は口を大きく開けることができず、また左側を下にして寝ても顎に痛みがある。また、歯科医では顎の筋肉を軟らかくするために顎を左右に動かすことを勧めら[…]

[» 続きを見る]