バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。
この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部で起きる疾患の中では比較的多く見られる疾患で、再発率も高いとされています。

・バルトリン腺炎
バルトリン腺に細菌が感染し、炎症を起こしている状態で、陰部の腫れと疼痛を伴う。

・バルトリン腺嚢胞
炎症が治まった後、腺が閉鎖され、本来外部に分泌される液が体内に溜まることにより嚢胞を形成。
嚢胞は片側にでき、小さい時には気づかないが、大きくなるとクルミほどの大きさになり、無痛であることもある。

・バルトリン腺膿瘍
バルトリン腺嚢胞に感染が起きることにより、膿が溜まった状態で、陰部の腫脹、発赤、疼痛があり、歩行するだけでも痛みが起きてきます。

1年半ほど前から月1~2回ほど来院されている30代の女性患者さんがご本人曰く、ストレスが溜まるとなりやすい傾向があるそうで、バルトリン腺膿瘍に最低でも年1回、多いと2~3回は罹っており、そのたびに病院で注射器を使用して膿を取り除いていたそうですが、鍼灸治療を始めてからは一度も罹患することなく過ごされています。

基本的にはウイルスや細菌感染時には病院での治療を行なったほうが早く良くなりますが、再発しないように予防することは鍼灸治療でも可能になります。
膿が溜まるということは、体に中に何かしらの不要な物が溜まっていると東洋医学では考えて治療を行なっていきます。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

お灸の熱さの左右差

ここ数年、巷ではやっているのが「お灸女子」なるものです。 お灸女子とはご自身で千年灸を使ってお灸をされる女性のことを言いますが、お灸をしていると熱さを感じなかったり、逆にすぐに熱くなってしまう、さらには左右で熱さの感じ方[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療と薬の服用

何かしらの薬を服用している患者さんからのよくある質問として、「薬の服用は今後どうすればよいか?」というのがあります。 回答としては・・・ 「医師と相談の上、状態をみて減薬して下さい。」となります。 これは薬に関しては鍼灸[…]

[» 続きを見る]

体調管理はしっかりと

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 先週辺りから日中の最高気温が20℃を超えるようになり、さらにいつの間にか桜も開花しています。 しかし、やはりこの時期の特徴とも言えるのが朝晩と日中の気温差です。 この気温差[…]

[» 続きを見る]

たった3分でリフトアップ&むくみを解する方法

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今回も美容系のブログネタになりますが、本日は超簡単にリフトアップとむくみを解消させる方法をお教えいたします。 所要時間は片側約3分になりますので、非常にお手軽に実践することができま[…]

[» 続きを見る]

つわりはいつからいつまで続くの?【人によっては出産するまであり】

妊娠したらつわりで苦しむものだと思っていたのにまだ症状がなかったり、妊娠してすぐにつわりが始まり食べれなかったり吐き気がひどいため、この症状がいつまで続くのか知りたい方へ。 今回はつわりに関する疑問や辛いこの時期を乗り越[…]

[» 続きを見る]