バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。
この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部で起きる疾患の中では比較的多く見られる疾患で、再発率も高いとされています。

・バルトリン腺炎
バルトリン腺に細菌が感染し、炎症を起こしている状態で、陰部の腫れと疼痛を伴う。

・バルトリン腺嚢胞
炎症が治まった後、腺が閉鎖され、本来外部に分泌される液が体内に溜まることにより嚢胞を形成。
嚢胞は片側にでき、小さい時には気づかないが、大きくなるとクルミほどの大きさになり、無痛であることもある。

・バルトリン腺膿瘍
バルトリン腺嚢胞に感染が起きることにより、膿が溜まった状態で、陰部の腫脹、発赤、疼痛があり、歩行するだけでも痛みが起きてきます。

1年半ほど前から月1~2回ほど来院されている30代の女性患者さんがご本人曰く、ストレスが溜まるとなりやすい傾向があるそうで、バルトリン腺膿瘍に最低でも年1回、多いと2~3回は罹っており、そのたびに病院で注射器を使用して膿を取り除いていたそうですが、鍼灸治療を始めてからは一度も罹患することなく過ごされています。

基本的にはウイルスや細菌感染時には病院での治療を行なったほうが早く良くなりますが、再発しないように予防することは鍼灸治療でも可能になります。
膿が溜まるということは、体に中に何かしらの不要な物が溜まっていると東洋医学では考えて治療を行なっていきます。

Share

関連記事

テレビ愛知にて放送中

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 東洋医学は現代の方にとってはあまり馴染みがなく、よく分からない、怪しいという印象を持たれる方も多いと思いますが、江戸時代までは日本において普通に行なわれていた医療でした。 少し[…]

[» 続きを見る]

体外受精と顕微受精の違い

不妊治療において体外受精と顕微受精はどちらも高度先端医療となる。 基本的には自然(タイミング法)→人口受精→体外受精→顕微受精とステップアップしていくことになるが、場合によっては最初から顕微受精になることもあります。 こ[…]

[» 続きを見る]

ヘアサイクル

こんにちは。 名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。 今日はヘアサイクルについてです。 ヘアサイクル、つまり髪の毛の周期に関することです。 髪の毛は常に同じ1本が生え続けているわけではありません。 1本の髪の毛[…]

[» 続きを見る]

主婦手湿疹

主婦手湿疹の改善例。 30代の女性。 6年ほど前から手湿疹になり、皮膚科でステロイドを処方され使用していたがなかなか治らないため、ドラッグストアで購入した「タウロミン」を使用することである程度は改善していたが、仕事柄なか[…]

[» 続きを見る]

花粉症 27歳 男性

幼少期より重度の花粉症。 秋の花粉症ではないが毎年1月下旬頃になるとティッシュが手放せない程の鼻水と目のかゆみがある。 体質的には 『陽虚』 であり、この方は鍼を刺すと1番細い鍼であっても痛がってしまうため、お灸での治療[…]

[» 続きを見る]