バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。
この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部で起きる疾患の中では比較的多く見られる疾患で、再発率も高いとされています。

・バルトリン腺炎
バルトリン腺に細菌が感染し、炎症を起こしている状態で、陰部の腫れと疼痛を伴う。

・バルトリン腺嚢胞
炎症が治まった後、腺が閉鎖され、本来外部に分泌される液が体内に溜まることにより嚢胞を形成。
嚢胞は片側にでき、小さい時には気づかないが、大きくなるとクルミほどの大きさになり、無痛であることもある。

・バルトリン腺膿瘍
バルトリン腺嚢胞に感染が起きることにより、膿が溜まった状態で、陰部の腫脹、発赤、疼痛があり、歩行するだけでも痛みが起きてきます。

1年半ほど前から月1~2回ほど来院されている30代の女性患者さんがご本人曰く、ストレスが溜まるとなりやすい傾向があるそうで、バルトリン腺膿瘍に最低でも年1回、多いと2~3回は罹っており、そのたびに病院で注射器を使用して膿を取り除いていたそうですが、鍼灸治療を始めてからは一度も罹患することなく過ごされています。

基本的にはウイルスや細菌感染時には病院での治療を行なったほうが早く良くなりますが、再発しないように予防することは鍼灸治療でも可能になります。
膿が溜まるということは、体に中に何かしらの不要な物が溜まっていると東洋医学では考えて治療を行なっていきます。

Share

関連記事

ONとOFFの切り替え

ONとOFFの切り替えはできていますか? 休みの日でも仕事のことを考えていたりしませんか? このONとOFFの切り替えというのは、仕事と休みということです。 日本人は世界の人々からすると働きすぎとよく言われていますが、こ[…]

[» 続きを見る]

得気って何?

鍼灸治療を受けたことがある方は経験しているかもしれませんが、鍼を刺すと「ズン」した感覚が起こります。 これは得気といわれます。 別の言い方では響きとも言いますが、これは鍼治療を行う際に患者さんが感じる感覚になり、鍼を刺し[…]

[» 続きを見る]

もう悩まない!急増中のマスクによる肌荒れを予防する4つの方法

こんにちは、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 コロナウイルスの感染予防のために、多くの方がいつどもどこでもマスクを付けていますが、このマスクによる肌荒れに多くの方が悩んでいるようですが、皆さんはいかがでしょうか? 特に本格的に暑[…]

[» 続きを見る]

すばやく部屋を暖め足元の冷えを改善する方法

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 日中は比較的暖かい日が続いていますが、朝晩はやはり冷え込んでいます。 皆さんはご自宅ではどのような暖房器具を使用していますか?多くの方はエアコンを使用しているかと思いますが、エアコ[…]

[» 続きを見る]

逆子 30歳 女性

31週目での検診でも逆子になっていたが逆子体操で正常位に戻ったが、今回は逆子体操でもなかなか治らなかったために当院へ来院。 腹部の触診にて右上腹部に頭部、右下腹部にお尻がある状態の逆子。 腹部の冷えはなく、全体的に温かい[…]

[» 続きを見る]