バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。
この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部で起きる疾患の中では比較的多く見られる疾患で、再発率も高いとされています。

・バルトリン腺炎
バルトリン腺に細菌が感染し、炎症を起こしている状態で、陰部の腫れと疼痛を伴う。

・バルトリン腺嚢胞
炎症が治まった後、腺が閉鎖され、本来外部に分泌される液が体内に溜まることにより嚢胞を形成。
嚢胞は片側にでき、小さい時には気づかないが、大きくなるとクルミほどの大きさになり、無痛であることもある。

・バルトリン腺膿瘍
バルトリン腺嚢胞に感染が起きることにより、膿が溜まった状態で、陰部の腫脹、発赤、疼痛があり、歩行するだけでも痛みが起きてきます。

1年半ほど前から月1~2回ほど来院されている30代の女性患者さんがご本人曰く、ストレスが溜まるとなりやすい傾向があるそうで、バルトリン腺膿瘍に最低でも年1回、多いと2~3回は罹っており、そのたびに病院で注射器を使用して膿を取り除いていたそうですが、鍼灸治療を始めてからは一度も罹患することなく過ごされています。

基本的にはウイルスや細菌感染時には病院での治療を行なったほうが早く良くなりますが、再発しないように予防することは鍼灸治療でも可能になります。
膿が溜まるということは、体に中に何かしらの不要な物が溜まっていると東洋医学では考えて治療を行なっていきます。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------