女性に多い喉のつかえ感

痰でも絡んでるかな?
いや、痰とは違う。
でも喉に何かある感じがする。

比較的女性に多く見られる喉のつかえ感。

東洋医学ではこのような症状を「梅核気」といい、梅の実が喉に詰まっているような感じ、でも実際には何もない状態になります。またの名を「ヒステリー球」とも言います。

では何が原因でこのような状態が起きるのか?
ヒステリー球ともいうわけなので、一番の原因は「ストレスによる気の流れが悪いこと」になります。
そして、この気の流れが悪くなることにより、体の中の水の流れも悪くなることにより「痰」という水の塊が形成されることにより、喉に痰のようなものがある感じが起きてきます。

Share

関連記事

ツボ押しって効果あるの?

本屋に行くと「ツボ押し」関連の本がたくさんあるかと思いますが、購入された方はいらっしゃいますかね? もしくは、誰かに聞いたり、テレビで見たりして実際にツボ押しを行なったことがある方はどのぐらいいるんでしょうか? そんなツ[…]

[» 続きを見る]

薬に頼らないためには

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院 長谷川です。 皆さんは体の不調があった時はすぐに薬を服用されますか? 私は鍼灸師であるため、今はまず薬は飲まなくなりましたが、昔は何かあればすぐに薬、すぐに病院へ行っていました。 しかし[…]

[» 続きを見る]

生理痛 40代 女性

生理初日に毎回下腹部に刺すような痛みと頭痛があるため、ナロンエースまたはロキソニンを服用しており、周期的に本日あたりに生理が来そうで下腹部が張っており、左肩にも痛みがある。 気滞として1寸3番鍼で左合谷に1本。 15分後[…]

[» 続きを見る]

眠気③

前回は脾気虚という胃腸の弱りからの眠気のお話でしたが、今回は湿邪による眠気のお話です。 湿邪とは水分の塊でこの湿邪が身体に溜まると色々な症状が出てきますが、眠気が出てくるのも1つの特徴的な症状ともいえます。 まずこの湿邪[…]

[» 続きを見る]

うつ病に対するお灸の効果

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 「よく治療院名は何て読むんですか?」と聞かれますが、「ほうしょう」と読みます。 当院にはうつ病でお悩みの方が男女問わず来院されますが、西洋医学でうつ病と診断されていてもやは[…]

[» 続きを見る]