女性に多い喉のつかえ感

痰でも絡んでるかな?
いや、痰とは違う。
でも喉に何かある感じがする。

比較的女性に多く見られる喉のつかえ感。

東洋医学ではこのような症状を「梅核気」といい、梅の実が喉に詰まっているような感じ、でも実際には何もない状態になります。またの名を「ヒステリー球」とも言います。

では何が原因でこのような状態が起きるのか?
ヒステリー球ともいうわけなので、一番の原因は「ストレスによる気の流れが悪いこと」になります。
そして、この気の流れが悪くなることにより、体の中の水の流れも悪くなることにより「痰」という水の塊が形成されることにより、喉に痰のようなものがある感じが起きてきます。

Share

関連記事

意外と知らない鍼灸の豆知識

毎年この時期になるとちょっと面倒くさいことが待っています。 それが「確定申告」! 個人事業主にとっては避けては通れぬ時期で、サラリーマンの方々がちょっとうらやましくなる時期でもあります。 確定申告の時期ではありますが、こ[…]

[» 続きを見る]

ジストニアと中医学

ジストニアの中医学的考察 現代医学では指定難病とされるジストニアですが、個人差はあるものの鍼灸治療で改善することはまだあまり知られていない現実があります。鍼灸院に訪れる方で多いのは頚部ジストニアとなりますが、鍼灸治療にも[…]

[» 続きを見る]

患者には出すけど、医者は飲まないクスリ

先日のYahoo ニュースにこんな記事が上がっていました。 「現役医師20人に聞いた「患者には出すけど、医者が飲まないクスリ」。 内容は実は飲んでもあまり効果がなかったり、副作用がひどいため自分では絶対に飲みたくないが、[…]

[» 続きを見る]

歯科で原因不明とされた右上奥歯の痛み 43歳 女性

今年の春から突然左上の歯に痛みがでたため、かかりつけの歯科医にいったところ色々な検査をするも何ら悪いところが見当たらないため、痛み止めと、抗生剤をもらい服用すると一旦は治まる。 先週から今度は右上の奥歯に痛みが出たため、[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜を厚くする方法

名古屋の体質改善請負人こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。 子宮内膜の厚さは不妊症との関連も出てきます。 子宮内膜は受精卵が着床する場所であり、8mm以上(理想は10㎜以上)の厚さが着床するためには必要とされていますが、内膜が薄[…]

[» 続きを見る]