女性に多い喉のつかえ感

痰でも絡んでるかな?
いや、痰とは違う。
でも喉に何かある感じがする。

比較的女性に多く見られる喉のつかえ感。

東洋医学ではこのような症状を「梅核気」といい、梅の実が喉に詰まっているような感じ、でも実際には何もない状態になります。またの名を「ヒステリー球」とも言います。

では何が原因でこのような状態が起きるのか?
ヒステリー球ともいうわけなので、一番の原因は「ストレスによる気の流れが悪いこと」になります。
そして、この気の流れが悪くなることにより、体の中の水の流れも悪くなることにより「痰」という水の塊が形成されることにより、喉に痰のようなものがある感じが起きてきます。

Share

関連記事

知って損なし!秋の花粉症のメカニズム

秋の花粉症はブタクサやヨモギなど主に雑草やカビに対するアレルギー反応により起きる症状になります。 春の花粉症よりは症状が出る方は少ないとはいえ、やはりかなりの方が秋の花粉症を持たれておりますし、中には春は大丈夫だが秋の方[…]

[» 続きを見る]

うつ病の治療期間ってどのくらい?

コンテンツ1 うつ病の治療期間ってどのくらい必要なの?2 うつ病の治療が長期にわたる理由3 病院を変えれば治療期間は短くなるの?4 うつ病治療で大切なこと うつ病の治療期間ってどのくらい必要なの? ご自身や家族がうつ病に[…]

[» 続きを見る]

風邪の治療もできますよ

3週間ぶりに来院された30代の女性患者さんが治療前に「風邪を引きました」と一言。 そのため、まずは風邪の治療を先に行なうことにしました。 症状は喉の痛みとイガイガ、微熱。 脈診と舌診の結果、「風熱表証」として1寸5番鍼で[…]

[» 続きを見る]

ワクチンが不足中?

名古屋の蓬祥鍼灸院、長谷川です。 寒さが増してきた今日この頃ですが、これからインフルエンザのシーズンが始まります。そのため、予防接種を考える方が増えてくることだと思いますが、先日のニュースで「今年はワクチンが不足している[…]

[» 続きを見る]

LINE@が使えるようになりました

現在、電話が利用できない状況が続いているため、代わりにLINE@が利用できるようになりました。 簡単にご説明すると、LINEを利用して問い合わせができるも、店舗用のラインアカウントになります。 下記のURLをクリックする[…]

[» 続きを見る]