試験導入

先月から少数鍼での治療になったので、思い切って鍼を変えてみようと考え、木曜日の夜に試験導入のためセイリンのJSPという世界最高峰とも言われる鍼を注文し、本日届きました!

image

鍼にも色々なメーカーがあり、更に同じメーカーでも色々な種類の鍼が出てるんです。
ではこの鍼は何が違うのかというと、通常は鍼というのは先が尖ってますが、この鍼に関しては先端部分をやや丸みを持たせることにより、筋細胞に傷つけることなく刺すことができるため痛みが非常に出にくいそうです。

そして、なんと言ってもお値段!
現在使用している鍼の「倍のお値段!」

ただし、使用する本数が減ったためコスト的にはあまり変わりません。
使用してみた感想はまだちょっと使いづらさはあるもののおおむね良好といった感じです。
持つ部分がステンレスからプラスチックに変わり、プラスチックの部分がやや太めにできているのでまだ慣れませんが、すぐになれると思います。
やはり道具にはこだわっていきたいなと思います。

Share

関連記事

眠気②

前回は現代医学の観点から食後の眠気について書いたので、今回は東洋医学の観点からのお話です。 東洋医学では食後の眠気の原因は主に2つ。 1.脾気虚(胃腸の弱り) 2.湿邪の停滞 まずは脾気虚という胃腸の弱りについて。 脾と[…]

[» 続きを見る]

子宮腺筋症

子宮内膜症や子宮筋腫などと同じように激しい生理痛の原因となるのが子宮腺筋症という病気。 酷い場合は生理時意外にも下腹部に痛みが起きてきます。 子宮腺筋症・子宮筋腫・子宮内膜症のそれぞれの違いは ・子宮腺筋症 子宮内膜にあ[…]

[» 続きを見る]

奥様に感謝

初回、奥様に連れらて来院された男性患者様。 お話を聞くと10年ほど前から体の不調があり病院へ通っているがなかなか効果がなく、奥様が東洋医学で何とかならないかということでご予約のお電話を頂きました。 奥様は鍼灸治療は経験さ[…]

[» 続きを見る]

パニック障害の症例

11月11日来院。 28代 女性 16歳の頃よりパニック障害による過呼吸や動悸があり、精神科に通院中。 きっかけは家族間でのゴタゴタ。 酷い時には手足の内側に蕁麻疹が出る。 ストレスや季節の変わり目に特に症状が酷くなり、[…]

[» 続きを見る]

産後うつ③

産後うつを防ぐために効果的なこととして「運動」がある。 運動といっても誰でも簡単に行なうことができる散歩を1日15~30分行なうだけで産後うつの予防にも繋がる。 産後うつは育児ストレスも大きな原因となり、育児中は何かと家[…]

[» 続きを見る]