主婦手湿疹

主婦手湿疹の改善例。
30代の女性。
6年ほど前から手湿疹になり、皮膚科でステロイドを処方され使用していたがなかなか治らないため、ドラッグストアで購入した「タウロミン」を使用することである程度は改善していたが、仕事柄なかなか湿疹がよくならずにいた。
腎陰虚証として3番鍼で右照海に15分置鍼。
1週間後に再来院された際に、初回の治療後から数時間後には手がスベスベしだし、日が経つにつれてどんどんと変化していったそうです。
写真は2回目の治療前の写真になります。

image

 

残念ながら、初回の治療前に写真を撮っておくのを忘れてしまいました。_| ̄|○
初回の治療後に「写真を撮るの忘れた!でもちょっと時間かかるだろうから2回目で良いか!」と思っており、正直1回でここまで良くなるとは思っていませんでした。
人差し指と中指の付け根の辺りがもっとガサガサでした。

主婦手湿疹は主婦や美容師・調理師など水仕事を頻繁に行なう方が、洗剤や水により皮脂が過剰に洗い流されてしまうことにより起きるもので、20代~30代の女性がなりやすいとされますが、どの年代の方でもなる可能性があり、なかなか治りにくい疾患でもあります。
そのため、水仕事を行なう際にはゴム手袋は必須であり、保湿クリームなども必須アイテムになってきます。
皮膚科では主にステロイドを処方されますが、あまりお勧めはできません。
このように少数鍼での鍼灸治療は体に劇的な変化を起こすこともあります。

Share

関連記事

原因不明の咳はエアコンが原因かも?

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 ここ数日は気温が高かったり、涼しくなったりと気温差が激しい日が続いておりますが、体調は崩されていないでしょうか?季節の変わり目のため体調管理には気をつけましょう。 さて、今[…]

[» 続きを見る]

不眠症の症例

不眠症を訴える方は以外にも多く、寝つきが悪い、中途覚醒、早朝覚醒などあるが、鍼灸治療では割と簡単に改善するケースが多いことはあまり知られてはいないかもしれない。 ただし、日勤や夜勤などがあり生活習慣が不規則な場合は簡単に[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の病気の大まかな分類

東洋医学では病気を大まかに分類すると2つに分類することができる。 それが、「実証」と「虚証」。 この2つは身体における正気と邪気の盛衰の状況を反映したもので、正気が不足した状態であれば虚証、邪気が盛んであれば実証として現[…]

[» 続きを見る]

基礎体温つけてますか?

  こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 妊娠を希望する方にまず行っていただきたいのが、基礎体温表をつけること。 基礎体温表は毎日決まった時間につけなければいけないため、結構面倒で大変なことではありますが、基礎[…]

[» 続きを見る]

脱毛症の症例

40代男性。 難聴のためステロイド剤を使用してから脱毛が始まるが、仕事が忙しくストレスもかなりある。 肝鬱化火証として治療を開始。 ストレス→気の停滞が長期に渡り熱が発生→熱により頭皮の水分がなくなる→脱毛が発症※乾燥し[…]

[» 続きを見る]