主婦手湿疹

主婦手湿疹の改善例。
30代の女性。
6年ほど前から手湿疹になり、皮膚科でステロイドを処方され使用していたがなかなか治らないため、ドラッグストアで購入した「タウロミン」を使用することである程度は改善していたが、仕事柄なかなか湿疹がよくならずにいた。
腎陰虚証として3番鍼で右照海に15分置鍼。
1週間後に再来院された際に、初回の治療後から数時間後には手がスベスベしだし、日が経つにつれてどんどんと変化していったそうです。
写真は2回目の治療前の写真になります。

image

 

残念ながら、初回の治療前に写真を撮っておくのを忘れてしまいました。_| ̄|○
初回の治療後に「写真を撮るの忘れた!でもちょっと時間かかるだろうから2回目で良いか!」と思っており、正直1回でここまで良くなるとは思っていませんでした。
人差し指と中指の付け根の辺りがもっとガサガサでした。

主婦手湿疹は主婦や美容師・調理師など水仕事を頻繁に行なう方が、洗剤や水により皮脂が過剰に洗い流されてしまうことにより起きるもので、20代~30代の女性がなりやすいとされますが、どの年代の方でもなる可能性があり、なかなか治りにくい疾患でもあります。
そのため、水仕事を行なう際にはゴム手袋は必須であり、保湿クリームなども必須アイテムになってきます。
皮膚科では主にステロイドを処方されますが、あまりお勧めはできません。
このように少数鍼での鍼灸治療は体に劇的な変化を起こすこともあります。

Share

関連記事

不妊の原因は男性にもあり

不妊症でお悩みの方は多くいらっしゃいますが、治療を受けるのは大半は女性の方になります。 しかし、不妊症の原因は女性側だけの問題ではなく、男性側にも約50%の確率で存在しています。 男性側の問題というのは精子の運動率や量に[…]

[» 続きを見る]

内臓の名前が付いたツボの重要性

背中から仙骨(臀部)には内臓の名前が付いたツボが存在する。 上から順に肺・心・肝・胆・脾・胃・腎・大腸・小腸・膀胱 内臓の名前が付いているため、ツボの凹み・硬結・隆起・冷え・熱感・圧痛などをよく観察することで、どこの臓腑[…]

[» 続きを見る]

東洋医学での肝の働き

●疏泄(そせつ) 疏泄とは肝気が全身の気の流れを調節し、気血水の運行や脾胃の運化を促進し、胆汁の分泌や排泄、感情をコントロールする作用を指す。 そのため肝気の流れがスムーズであれば、気持ちにゆとりがあり、胃腸の働きもいい[…]

[» 続きを見る]

国民会保険制度が崩壊か?

少し前のニュースですが、国内第2位の加入者がいる「人材派遣健康保険組合」が解散を発表しました。 どういうことかと言いますと、この健康保険組合がなくなってしまったということで、この保険に加入していたかたがたは新たに「協会け[…]

[» 続きを見る]

脱水症状かどうかチェックできる飲み物

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日、名古屋市内でも過去最高の40℃を記録しました。 外は地獄・・・エアコンが28℃でもかなり涼しく感じられてしまうほどです。 こんな暑い現在ですが、今年はインターハイが東海地区で[…]

[» 続きを見る]