腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で来院された50代女性。
9月に手術をしたが、右の下腿外側・前面に痺れが常にあり、椅子に座っているとお尻には痛みが起きる。
足の冷えも顕著にある。
現在は休職中であるが、以前は接客業を行なっており、ストレスがかなりあり、今現在は坐骨神経痛がなかなか良くならないということがストレスになっいる。
脈は弦滑有力、舌は淡紅・半どん・歯痕舌。
肝脾不和として右の太衝と足三里に1寸3番鍼で15分置鍼すると、足がスーっとする感じがあり、脈も落ち着き、足の冷え、痺れもほぼ治まる。
今後も継続して治療を行なっていきます。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------