1本の鍼と100本の鍼

鍼灸治療にはたくさんの流派があります。
そのため、治療方法も流派ごとに違うことになり、使用する鍼の本数も1回の治療で100本試使用する方法もあれば、10本程度、中には平均2~3本で時には1本の鍼を1箇所にしか刺さずに治療をする流派もあります。

では、どの治療法が正しいかというと、どれも正解!

患者さんが訴えている症状に変化があればそれが正解ということになります。
僕の場合は以前は平均10本ほどでしたが、最近では2~5本にまで減りました。
こんなに少なくて効果があるのか?という疑問もあるかと思いますが、しっかりと効果が出ているから正直自分でもビックリしているぐらいです。

少ない鍼で治療をするメリットは何よりも患者さんにとって負担が少ないということ。
やはり日本人はとても過敏な方が多く、また鍼灸に対するイメージが「痛い!」、「怖い!」というイメージを持たれている方が多いので、少ない鍼で治療を行なえば怖い思いもあまりしなくてすみますし、ほとんど痛みがなければ完璧でしょう。
また、使用したツボが正しかったのかどうかも確実に分かりますし、間違っていればまったく効果は感じられません。ただし、正解だとしたらそのツボの効果を最大限に引き出すことができるため、驚くほどの効果が出ることもあります。
逆に今までたくさんの鍼を刺す治療を経験されている方にとってはどこか物足りなさを感じるでしょう。

たくさんの鍼を使用する場合は「治療を受けた!」という感じがありますが、実際にどれが効いたのかがあまり分かりませんし、人によっては数時間後から翌日にかけて体がだるくなることもあります。

どちらにもメリット・デメリットがあるのは確かですが、やはり1番大切なのは「効く治療」かどうかだと思います。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

先天性股関節脱臼に刺絡が著効

先天性股関節脱臼が原因で起きている、変形性股関節症により股関節から膝にかけて慢性的な痛みを訴えている女性。 歩行状態は右脚を引きずるように歩かれている。 足を診ると下肢静脈瘤と胃経と胆経上に細絡あり。 刺絡を行なうと大量[…]

[» 続きを見る]

あなたが求めるのは治療ですか?慰安ですか?

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 本日の内容は治療院を選ぶ際に非常に重要な部分になってきます。 身体の不調があればどこかで治療を受けて早く良くしたいという気持ちがあるかと思いますが、皆さんは「治療」を受けたいの[…]

[» 続きを見る]

妊活中の方に知ってほしい妊娠しやすい性交のタイミング

まだ結婚したばかりのため、不妊とは言えないが妊活をしているため妊娠しやすい性交のタイミングがあれば知りたいと考えている方へ。 妊娠しやすい時期は排卵日付近であることは間違いありませんが、排卵日にこだわる必要はありません。[…]

[» 続きを見る]

高校生向けの妊娠・不妊関連の教材

昨日のYahooニュース。 文部科学省が『妊娠のしやすさと年齢の関係』 や『不妊に関する内容』を盛り込んだ高校生向けの保健教育教材を作成したそうです。 <文科省>妊娠しやすさと年齢、副教材に 高校生向けに作製 早いうちか[…]

[» 続きを見る]

黄体機能不全を漢方薬で効果的に治療するためのチェックリスト

黄体機能不全による不妊症を漢方薬で治療することを考えていたり、今治療中だけど効果がなかなか出ない、どんな漢方薬が効果があるのか知りたいと思っていませんか? 本記事では黄体機能不全を漢方薬で効果的に治療するために重要なチェ[…]

[» 続きを見る]