1本の鍼と100本の鍼

鍼灸治療にはたくさんの流派があります。
そのため、治療方法も流派ごとに違うことになり、使用する鍼の本数も1回の治療で100本試使用する方法もあれば、10本程度、中には平均2~3本で時には1本の鍼を1箇所にしか刺さずに治療をする流派もあります。

では、どの治療法が正しいかというと、どれも正解!

患者さんが訴えている症状に変化があればそれが正解ということになります。
僕の場合は以前は平均10本ほどでしたが、最近では2~5本にまで減りました。
こんなに少なくて効果があるのか?という疑問もあるかと思いますが、しっかりと効果が出ているから正直自分でもビックリしているぐらいです。

少ない鍼で治療をするメリットは何よりも患者さんにとって負担が少ないということ。
やはり日本人はとても過敏な方が多く、また鍼灸に対するイメージが「痛い!」、「怖い!」というイメージを持たれている方が多いので、少ない鍼で治療を行なえば怖い思いもあまりしなくてすみますし、ほとんど痛みがなければ完璧でしょう。
また、使用したツボが正しかったのかどうかも確実に分かりますし、間違っていればまったく効果は感じられません。ただし、正解だとしたらそのツボの効果を最大限に引き出すことができるため、驚くほどの効果が出ることもあります。
逆に今までたくさんの鍼を刺す治療を経験されている方にとってはどこか物足りなさを感じるでしょう。

たくさんの鍼を使用する場合は「治療を受けた!」という感じがありますが、実際にどれが効いたのかがあまり分かりませんし、人によっては数時間後から翌日にかけて体がだるくなることもあります。

どちらにもメリット・デメリットがあるのは確かですが、やはり1番大切なのは「効く治療」かどうかだと思います。

Share

関連記事

汗疹(あせも)による痒み

10年ほど前から下腹部にできた汗疹(あせも)の痒みでお悩みの50代男性。 初回は奥様に連れられての来院。 昔から湿疹ができやすい体質ではあったが、この10年ほどはまったく症状が変わらず痒みがひどく常に掻いている状態で、奥[…]

[» 続きを見る]

花粉症 27歳 男性

幼少期より重度の花粉症。 秋の花粉症ではないが毎年1月下旬頃になるとティッシュが手放せない程の鼻水と目のかゆみがある。 体質的には 『陽虚』 であり、この方は鍼を刺すと1番細い鍼であっても痛がってしまうため、お灸での治療[…]

[» 続きを見る]

仕事納め

2015年の診療は本日の午前を持って終了となります。 今年は精神疾患や妊婦さんの浮腫み、後半は耳鳴りや難聴などを診させていただく機会が多かったかな?っと感じます。 また、中学生や高校生などの若い年代の方の治療も開院してか[…]

[» 続きを見る]

坐骨神経痛 42歳 女性

数年前から左臀部から太ももの裏側にかけて痺れが出てきたため、病院行くと坐骨神経痛と診断。 しかし、ヘルニアや狭窄症などではない。 その後はマッサージなどを受けに行くがあまり効果がなかったため、インターネットにて自宅から近[…]

[» 続きを見る]

迷っているのは○○!

迷っているのは○○! 以前某専門学校が出していたキャッチコピーですが、当時は『確かにそうかも!』と思った記憶があります。 ではこの○○に入る言葉をご紹介。 迷っているのはやりたい証拠! 迷うということは確かに『やってみた[…]

[» 続きを見る]