1本の鍼と100本の鍼

鍼灸治療にはたくさんの流派があります。
そのため、治療方法も流派ごとに違うことになり、使用する鍼の本数も1回の治療で100本試使用する方法もあれば、10本程度、中には平均2~3本で時には1本の鍼を1箇所にしか刺さずに治療をする流派もあります。

では、どの治療法が正しいかというと、どれも正解!

患者さんが訴えている症状に変化があればそれが正解ということになります。
僕の場合は以前は平均10本ほどでしたが、最近では2~5本にまで減りました。
こんなに少なくて効果があるのか?という疑問もあるかと思いますが、しっかりと効果が出ているから正直自分でもビックリしているぐらいです。

少ない鍼で治療をするメリットは何よりも患者さんにとって負担が少ないということ。
やはり日本人はとても過敏な方が多く、また鍼灸に対するイメージが「痛い!」、「怖い!」というイメージを持たれている方が多いので、少ない鍼で治療を行なえば怖い思いもあまりしなくてすみますし、ほとんど痛みがなければ完璧でしょう。
また、使用したツボが正しかったのかどうかも確実に分かりますし、間違っていればまったく効果は感じられません。ただし、正解だとしたらそのツボの効果を最大限に引き出すことができるため、驚くほどの効果が出ることもあります。
逆に今までたくさんの鍼を刺す治療を経験されている方にとってはどこか物足りなさを感じるでしょう。

たくさんの鍼を使用する場合は「治療を受けた!」という感じがありますが、実際にどれが効いたのかがあまり分かりませんし、人によっては数時間後から翌日にかけて体がだるくなることもあります。

どちらにもメリット・デメリットがあるのは確かですが、やはり1番大切なのは「効く治療」かどうかだと思います。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

妊活中の方に知ってほしい妊娠しやすい性交のタイミング

まだ結婚したばかりのため、不妊とは言えないが妊活をしているため妊娠しやすい性交のタイミングがあれば知りたいと考えている方へ。 妊娠しやすい時期は排卵日付近であることは間違いありませんが、排卵日にこだわる必要はありません。[…]

[» 続きを見る]

不妊の原因は痩せすぎかも?BMI値を計算してみよう

コンテンツ1 痩せすぎも不妊の原因になるの?1.1 痩せ型体型と不妊の関係2 妊娠するための推奨BMI値と体脂肪率2.1 BMIの計算方法 痩せすぎも不妊の原因になるの? 不妊症でお悩みの方で特に20代の女性に多くみられ[…]

[» 続きを見る]

異病同治とは

異病同治(いびょうどうち)とは 「西洋医学では異なった病気でも、それぞれの病気を引き起こしている原因が同じであれば治療法は同じ」。 ここで言う原因と言うのが、日々の生活習慣からなる個々の「体質」ということになります。 こ[…]

[» 続きを見る]

鍼灸との出会い

鍼灸との出会いは17年前の高校1年の冬でした。 当時、バスケットボールをやっており、新人戦前で怪我をしていた時にとある方に紹介されたのが鍼灸院。それまでは接骨院にしか行ったことがなく、鍼治療の存在すら知りませんでしたが、[…]

[» 続きを見る]

高温期が短い理由は黄体機能不全かも【治療法やセルフケアについて】

あなたの基礎体温は高温期が14日続いていますか?または高温期にも関わらず低温期の体温までガクッと下がることはありませんか? こういった基礎体温は少し問題があり、不妊の原因となっている可能性があります。 一体どのような問題[…]

[» 続きを見る]