風邪の治療もできますよ

3週間ぶりに来院された30代の女性患者さんが治療前に「風邪を引きました」と一言。
そのため、まずは風邪の治療を先に行なうことにしました。
症状は喉の痛みとイガイガ、微熱。

脈診と舌診の結果、「風熱表証」として1寸5番鍼で左外関に1本置鍼すること約10分。

治療前の脈診では数脈(速い脈)85/分だったのが平脈になり、「すごい楽になった!」と喜んでいただけました。
さすがに風邪のみで鍼灸治療を希望される方は少ないと思いますが、鍼灸治療は風邪の治療も行なえますので、体調が悪くてもご相談下さい!

image

Share

関連記事

ストレス性の痛みやコリに効果的なツボ

写真は合谷というツボになります。 このツボは知っている方も多いのではないでしょうか? テレビやツボ押しなどの本ではおそらく、肩こりや眼精疲労などに効果的ということで紹介されているかと思います。 この合谷というツボは色々な[…]

[» 続きを見る]

眠気③

前回は脾気虚という胃腸の弱りからの眠気のお話でしたが、今回は湿邪による眠気のお話です。 湿邪とは水分の塊でこの湿邪が身体に溜まると色々な症状が出てきますが、眠気が出てくるのも1つの特徴的な症状ともいえます。 まずこの湿邪[…]

[» 続きを見る]

花粉症にパイオネックス

今年は花粉症の方の治療が例年に比べて多いのですが、今年は体の治療に加えて新しい治療方法を加えております。 それが、パイオネックスというシールタイプの鍼を使用した補助療法です。 シールタイプの鍼はこちらになります。 真ん中[…]

[» 続きを見る]

男性不妊

男性不妊症と診断され、精子の運動率は良くても43%、最低で6%。 体温は季節関係なく常に35℃台。 治療前の体温は35.2℃ 自覚症状は足の冷え、花粉症(春のみ)、朝の腰痛。 肝鬱気滞血オ証(気と血液に流れが悪い状態) […]

[» 続きを見る]

基礎体温の2段階上昇

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 妊娠希望の方の多くは基礎体温表をつけていらっしゃるかと思いますが、この基礎体温にある変化が起きると妊娠している可能性が高くなることがあります。 それが、基礎体温の2段階での上昇になり[…]

[» 続きを見る]