風邪の治療もできますよ

3週間ぶりに来院された30代の女性患者さんが治療前に「風邪を引きました」と一言。
そのため、まずは風邪の治療を先に行なうことにしました。
症状は喉の痛みとイガイガ、微熱。

脈診と舌診の結果、「風熱表証」として1寸5番鍼で左外関に1本置鍼すること約10分。

治療前の脈診では数脈(速い脈)85/分だったのが平脈になり、「すごい楽になった!」と喜んでいただけました。
さすがに風邪のみで鍼灸治療を希望される方は少ないと思いますが、鍼灸治療は風邪の治療も行なえますので、体調が悪くてもご相談下さい!

image

Share

関連記事

2018年 花粉症予報は真逆の予想

こんにちは。 名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。 2018年も始まり、早2週間といったところですが、先週新規の患者さんで早くも「怪しい」という訴えをされている方がいらっしゃいました。 早い方は1月頃~症状が[…]

[» 続きを見る]

東洋医学のお勧めドラマ

春らしい春がない今日この頃。 明日から学校では新学期が始まります。 小さかった姪っ子が明日から6年生になるとは・・・大丈夫なのか?(笑い) さて、今日は東洋医学のお勧めのドラマのご紹介です。 東洋医学的な鍼灸治療がどのよ[…]

[» 続きを見る]

東洋医学での肝の働き

●疏泄(そせつ) 疏泄とは肝気が全身の気の流れを調節し、気血水の運行や脾胃の運化を促進し、胆汁の分泌や排泄、感情をコントロールする作用を指す。 そのため肝気の流れがスムーズであれば、気持ちにゆとりがあり、胃腸の働きもいい[…]

[» 続きを見る]

医療費控除してますか?

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 今日はいつもより少し温かくなる予報で、最近は日の入り時間が少し遅くなってきたため、春はもうすぐそこまで来ている感じがします。 そして、毎年この時期といえば個人事業主にとってはや[…]

[» 続きを見る]

気の流れを良くする食材

気の流れが悪くなる原因の多くは「ストレス」。 ストレスは様々な病気を誘発するため現代社会においてはストレス対策ができるかどうかが非常に重要となる。 気の流れを良くするために一番良いのは運動。 運動をすると血流が良くなるが[…]

[» 続きを見る]