腰痛と股関節の関係を物語る腰椎骨盤リズムというものがあります。
あまり聞いたことがない方が多いと思いますが、腰痛持ちの方はぜひこの機会に覚えておいていただきたい内容です。

これは簡単に説明すると、正常な状態では腰椎という腰の部分の骨と骨盤は連動して動いているということ!

そして、腰痛持ちの方はこの腰椎骨盤リズムが乱れている方が多いのです。
では、まずは正常な腰椎骨盤リズムについてです。

・腰椎が曲がる ⇒ 骨盤が前傾または後傾する。

非常に単純なことですね。

ただ腰痛の方はどうなるかというと・・・

・腰椎が曲がる ⇒ 骨盤が動かない ⇒ さらに腰椎を曲げようとする。

このようになります。

ではなぜこのようにことになるかというと

・骨盤が前傾できない(前に傾かない) ⇒ ハムストリングス(太腿の裏の筋肉)の柔軟性がない。

・骨盤が後屈できない(後ろに傾かない) ⇒ 腸腰筋・大腿四頭筋(股関節の前面の筋肉)の柔軟性がない。

つまり、「股関節周囲の筋肉が硬い」というのが原因になります!
この股関節周りにある筋肉というのは骨盤を構成する骨に付着しており、筋肉の柔軟性がないと骨盤の動きを制限してしますのです。
そのため、腰痛の方は腰の筋肉にアプローチするのは確かに重要になりますが、同じぐらい股関節周りの筋肉をストレッチすることにより柔らかくすることも重要になります。
お風呂上りにでもやるようにしましょう!

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は不妊症、子宮内膜症、更年期障害などの婦人科
疾患を専門に治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
---------------------------------------------------------------------