皮膚疾患の原因

アトピー性皮膚炎・湿疹などの皮膚科疾患で皮膚科ではステロイドを出されるだけであったり、なかなか良くならないために鍼灸治療を選択される方は意外と多いと感じる今日この頃。
そして、個人差はあるものの皮膚科疾患に鍼灸治療は良く効くと感じています。

東洋医学では皮膚科疾患といっても色々と原因があるため、患者さんごとに原因が何なのかをしっかりと見極めて治療を行なっていきます。
比較的多く見られるのは
・風熱邪
・風寒邪
・肝鬱化火
・湿熱
・腎陰虚
・血虚
・瘀血(おけつ)

ざっと考えてもこれだけの原因があるため、治療法も変わってきます。

ただ、皮膚疾患の特徴としては比較的身体に熱がこもっている場合や皮膚の潤い不足によって起きやすい傾向があります。
体が熱を持っているかどうかは舌や脈を診れば比較的分かりやすいです。

・舌が全体的に赤みが強い、または舌の先端に赤いブツブツがある。
・舌のコケが黄色い。
・脈が1分間に85拍以上。

このような場合は肉やお酒、辛いものなどは身体に熱をもたせやすいため、摂り過ぎには注意が必要です。
逆に運動やサウナなどで汗をたくさんかくというのは、汗とともに体の熱を発散させることができるため症状が楽になることもありますが、皮膚疾患の方すべてが汗をかけば楽になるというわけではなく、場合によっては悪化させることにもなりかねるため、すべては患者さんの原因となっている体質次第で決まってきます。

Share

関連記事

インフルエンザが警報レベル

おはようございます。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 今朝のニュースで知りましたが、愛知県のインフルエンザ情報ですが、警報レベルに達していると出ておりました。 実際に先週ですがお1人インフルエンザでキャンセルされた方がいら[…]

[» 続きを見る]

痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。 神主学説とは 「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。 東洋医学では昔からこのような考え方をしていまし[…]

[» 続きを見る]

美容鍼の料金

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 女性が気になるお肌のお悩みを改善する美容鍼ですが、当院でも行なっております。 しかし、中には料金に関して少し勘違いをされてい方もいらっしゃるので、改めてご説明致します。 当院で[…]

[» 続きを見る]

バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。 この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部[…]

[» 続きを見る]

誤った漢方薬の処方

こんにちは。名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 近年では漢方薬を処方される病院が増えており、漢方薬を専門に打ち出している医院も増えてきています。 しかし、やはりそこは西洋医であるため、西洋医学に関する知識はしっかりと持たれ[…]

[» 続きを見る]