異病同治・同病異治

東洋医学の治療の特徴として「異病同治」、「同病異治」というものがあり、現代医学との大きな違いになります。
・異病同治:異なった病気でも原因が同じであれば治療法も同じ。
・同病異治:同じ病気でも原因が違えば治療法も違う。

現代医学では基本的には同病同治。

痛み止め、解熱剤としてロキソニン、高血圧には降圧剤というように一般的に使用される薬に対するアレルギーなどがない限りは基本的に同じ薬が処方されます。

しかし、東洋医学では患者さん一人ひとりの個体差を重視しているため、個々の問題)に対して具体的に分析する方法をとっています。(生活環境・食生活・排尿・排便・睡眠・ストレスetc・・・)

例)
過度のストレスを受けると気血の流れが悪くなり肩こり・腰痛・頭痛・めまい・花粉症・便秘という症状が起きてきます。
この場合現代医学では症状1つひとつに対処することになりますが、東洋医学では1つひとつの症状は情報源とみなし、根本にあるストレスによる気血の流れをよくする治療を行なうことですべての症状の治療を行なっていきます。

つまり、原因となる根っこの部分が同じであれば、枝分かれした症状の治療も可能ということになります。

逆に肩こり1つの症状を考えてみても、生活習慣が違えば当然原因も異なってくるはずです。
ストレスによる肩こり、胃腸の弱りからくる肩こり、身体によ余分な水分が溜まっていることからくる肩こり・・・など原因は様々です。

このように東洋医学の考え方に基づき身体を診ていくと治療法はもちろんのことですが、養生の仕方も違ってきます。
東洋医学は不可解な部分も確かに多いですが、非常に面白いと思っています。

Share

関連記事

PMSに対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状2 体表観察、弁証、治療について3 考察 38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状 学生時代には生理前の体調不良はほとんど感じていなか[…]

[» 続きを見る]

鍼と針の太さの違い

「鍼」と「針」の太さの違いですが、 ・鍼 日本では鍼は鍼灸治療に用いられる針のことを指し、太さは0.14mm~0.3mmほどの太さのものが使用されます。 ・針 苦手な方も多い注射や採血などに用いられる針、その他には裁縫に[…]

[» 続きを見る]

五十肩の症例

50代 女性。 半年ほど前から右肩の後ろに痛みがあり、整形外科を受診すると五十肩と診断。 リハビリ室でマッサージを受けると痛みが増したため、以後は整形外科の受診をやめ、痛みに耐える日々を送る。 痛みは日中よりも夜の方があ[…]

[» 続きを見る]

妊娠しやすい体の作り方【結論:規則正しく生活し健康になること】

そろそろ子供が欲しい、または妊娠しやすい体に体質改善したいと考えていませんか? 妊娠しやすい体を作るために自分でできることって実はたくさんあり、すべて今日から実践することができるものばかりです。 また、本記事では自然妊娠[…]

[» 続きを見る]

もうすぐ花粉の季節がやってきます

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 まだまだ寒い日が続いてきていますが、春はもうすぐそこまでやってきている感じがします。※根拠は特にありません。 個人的に春は好きな季節ではありますが、春が嫌いだという方も結構いら[…]

[» 続きを見る]