異病同治・同病異治

東洋医学の治療の特徴として「異病同治」、「同病異治」というものがあり、現代医学との大きな違いになります。
・異病同治:異なった病気でも原因が同じであれば治療法も同じ。
・同病異治:同じ病気でも原因が違えば治療法も違う。

現代医学では基本的には同病同治。

痛み止め、解熱剤としてロキソニン、高血圧には降圧剤というように一般的に使用される薬に対するアレルギーなどがない限りは基本的に同じ薬が処方されます。

しかし、東洋医学では患者さん一人ひとりの個体差を重視しているため、個々の問題)に対して具体的に分析する方法をとっています。(生活環境・食生活・排尿・排便・睡眠・ストレスetc・・・)

例)
過度のストレスを受けると気血の流れが悪くなり肩こり・腰痛・頭痛・めまい・花粉症・便秘という症状が起きてきます。
この場合現代医学では症状1つひとつに対処することになりますが、東洋医学では1つひとつの症状は情報源とみなし、根本にあるストレスによる気血の流れをよくする治療を行なうことですべての症状の治療を行なっていきます。

つまり、原因となる根っこの部分が同じであれば、枝分かれした症状の治療も可能ということになります。

逆に肩こり1つの症状を考えてみても、生活習慣が違えば当然原因も異なってくるはずです。
ストレスによる肩こり、胃腸の弱りからくる肩こり、身体によ余分な水分が溜まっていることからくる肩こり・・・など原因は様々です。

このように東洋医学の考え方に基づき身体を診ていくと治療法はもちろんのことですが、養生の仕方も違ってきます。
東洋医学は不可解な部分も確かに多いですが、非常に面白いと思っています。

Share

関連記事

駐車場に関して

当院では駐車場を2台分ご用意しております。 1台はマンションの敷地内、ベランダ側の9番。 もう一台は徒歩1分ほどの場所になります。 昨日、新規の方になりますがマンション敷地内の駐車場に間違えて止められた方がいらっしゃり、[…]

[» 続きを見る]

女性の無理なダイエットがもたらす代償とは?

コンテンツ1 無理なダイエットがもたらす代償2 無月経とダイエットとの関係は?2.1 ダイエットによる無月経を阻止するためには?2.2 パリコレモデルも無理なダイエットはしていない!3 ダイエットによる無月経の治療法は?[…]

[» 続きを見る]

明日、明後日は国家試験

2月の最終の土日は鍼灸の国家試験が実施される。 土曜日があん摩・マッサージ・指圧師試験、日曜日がはり師・きゅう師試験。 各試験問題は150問で6割以上で合格。(変更がなければですが・・・) 学生諸君は今頃ラストスパートを[…]

[» 続きを見る]

少食で健康になる

皆さんは1日にどのぐらいの食事を摂っていますか? 食べ過ぎてしまうことはありませんか? ついつい食べ過ぎてしまうことは誰にでもあると思いますが、毎日・毎食お腹一杯になるまで食べてしまうのはやはり身体にとっては良くありませ[…]

[» 続きを見る]

肩こり 40歳 女性

主訴:肩こり 仕事で長時間のパソコンを使用している。 肩を触ると思わず「うわっ!」っとなってしまうほど肩がガチガチになっている。 肩こり以外にはイライラしやすい・目が充血しやすいなどの症状あり。 脈:弦 舌:紅舌 弁証:[…]

[» 続きを見る]