異病同治・同病異治

東洋医学の治療の特徴として「異病同治」、「同病異治」というものがあり、現代医学との大きな違いになります。
・異病同治:異なった病気でも原因が同じであれば治療法も同じ。
・同病異治:同じ病気でも原因が違えば治療法も違う。

現代医学では基本的には同病同治。

痛み止め、解熱剤としてロキソニン、高血圧には降圧剤というように一般的に使用される薬に対するアレルギーなどがない限りは基本的に同じ薬が処方されます。

しかし、東洋医学では患者さん一人ひとりの個体差を重視しているため、個々の問題)に対して具体的に分析する方法をとっています。(生活環境・食生活・排尿・排便・睡眠・ストレスetc・・・)

例)
過度のストレスを受けると気血の流れが悪くなり肩こり・腰痛・頭痛・めまい・花粉症・便秘という症状が起きてきます。
この場合現代医学では症状1つひとつに対処することになりますが、東洋医学では1つひとつの症状は情報源とみなし、根本にあるストレスによる気血の流れをよくする治療を行なうことですべての症状の治療を行なっていきます。

つまり、原因となる根っこの部分が同じであれば、枝分かれした症状の治療も可能ということになります。

逆に肩こり1つの症状を考えてみても、生活習慣が違えば当然原因も異なってくるはずです。
ストレスによる肩こり、胃腸の弱りからくる肩こり、身体によ余分な水分が溜まっていることからくる肩こり・・・など原因は様々です。

このように東洋医学の考え方に基づき身体を診ていくと治療法はもちろんのことですが、養生の仕方も違ってきます。
東洋医学は不可解な部分も確かに多いですが、非常に面白いと思っています。

Share

関連記事

先生は何歳ですか?

最近、新規の患者さんによく聞かれます。 特に年上の方には比較的若く見られるようですがこう見えて34歳です。 年齢を気にされるのにはやはり理由があると思いますが、その一番の理由は「年齢と経験年数」ということだと思います。 […]

[» 続きを見る]

便秘薬に頼りすぎないで下さい

便秘でお悩みの女性も意外と多くいらっしゃいます。 便秘の薬と言えば昔からのCMでおなじみの「便秘薬にはコー○ック」ですが、飲んでいる方はいらっしゃるでしょうか? もし飲んでいる方がいましたら、すぐに止めるようにしましょう[…]

[» 続きを見る]

薄毛対策【ホルモンバランスを整えよう】

こんにちは。 名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。 薄毛の原因としいて上げられるホルモンバランスの乱れ。 ではどんな髪にはどんなホルモンが必要なのかと言うと、それは「女性ホルモン」です。女性ホルモンには2種類[…]

[» 続きを見る]

フォーカルジストニア治癒

30代女性 昨年、プライベートにおいて過度のストレスがきっかけとなり、グランドピアノを弾く際にだけ指先に違和感が出てくる。 この違和感は日常生活ではまったく出てこない。 大学病院の神経内科を受診し、フォーカル(職業性)ジ[…]

[» 続きを見る]

風邪の予防①

昨日辺りから本格的に寒くなってきました。夜にバイクに乗っていましたが凍えそうでした。 さて、風邪の予防といえばうがい・手洗い・バランスの良い食事・睡眠などがありますが、その他にも家庭にある物を使って簡単にできることがあり[…]

[» 続きを見る]