異病同治・同病異治

東洋医学の治療の特徴として「異病同治」、「同病異治」というものがあり、現代医学との大きな違いになります。
・異病同治:異なった病気でも原因が同じであれば治療法も同じ。
・同病異治:同じ病気でも原因が違えば治療法も違う。

現代医学では基本的には同病同治。

痛み止め、解熱剤としてロキソニン、高血圧には降圧剤というように一般的に使用される薬に対するアレルギーなどがない限りは基本的に同じ薬が処方されます。

しかし、東洋医学では患者さん一人ひとりの個体差を重視しているため、個々の問題)に対して具体的に分析する方法をとっています。(生活環境・食生活・排尿・排便・睡眠・ストレスetc・・・)

例)
過度のストレスを受けると気血の流れが悪くなり肩こり・腰痛・頭痛・めまい・花粉症・便秘という症状が起きてきます。
この場合現代医学では症状1つひとつに対処することになりますが、東洋医学では1つひとつの症状は情報源とみなし、根本にあるストレスによる気血の流れをよくする治療を行なうことですべての症状の治療を行なっていきます。

つまり、原因となる根っこの部分が同じであれば、枝分かれした症状の治療も可能ということになります。

逆に肩こり1つの症状を考えてみても、生活習慣が違えば当然原因も異なってくるはずです。
ストレスによる肩こり、胃腸の弱りからくる肩こり、身体によ余分な水分が溜まっていることからくる肩こり・・・など原因は様々です。

このように東洋医学の考え方に基づき身体を診ていくと治療法はもちろんのことですが、養生の仕方も違ってきます。
東洋医学は不可解な部分も確かに多いですが、非常に面白いと思っています。

Share

関連記事

冬支度

本格的に寒くなってきました。 そのため、当院も冬支度を行い、毎年恒例のカーテンを設置しました。 冬に来院経験のある方はご存知かと思いますが、当院では冬になると暖房効率を上げるため通路にカーテンを設置しております。 「今季[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療の受領率

日本においての鍼灸治療の年間受領率(一年間に鍼灸治療を受けた事がある)が3%という非常に低くなっている。 生涯受領率(一生のうちに鍼灸を受けたことがある)に関しても20~30%と低くなっている。 数年前は年間受領率は5~[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎と食事

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 当院でもご相談が多い皮膚疾患であるアトピー性皮膚炎ですが、中にはとても食事に気を使っている方も多くいらっしゃいます。 アトピーに良くない食べ物としては ・乳製品 ・チョコレ[…]

[» 続きを見る]

鍼1本で顎関節症治癒

1年半ほど前から左顎にドーンとした痛みがあり、歯科医で顎関節症と診断。 現在は口を大きく開けることができず、また左側を下にして寝ても顎に痛みがある。また、歯科医では顎の筋肉を軟らかくするために顎を左右に動かすことを勧めら[…]

[» 続きを見る]

病は気から

昔から「病は気から」という言葉を聞くと思います。 この意味は「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。」 心配事や考え込んだりすると病気になりやすく、病状を悪化させることもあるため、常に前向に気持ちも明る[…]

[» 続きを見る]