異病同治・同病異治

東洋医学の治療の特徴として「異病同治」、「同病異治」というものがあり、現代医学との大きな違いになります。
・異病同治:異なった病気でも原因が同じであれば治療法も同じ。
・同病異治:同じ病気でも原因が違えば治療法も違う。

現代医学では基本的には同病同治。

痛み止め、解熱剤としてロキソニン、高血圧には降圧剤というように一般的に使用される薬に対するアレルギーなどがない限りは基本的に同じ薬が処方されます。

しかし、東洋医学では患者さん一人ひとりの個体差を重視しているため、個々の問題)に対して具体的に分析する方法をとっています。(生活環境・食生活・排尿・排便・睡眠・ストレスetc・・・)

例)
過度のストレスを受けると気血の流れが悪くなり肩こり・腰痛・頭痛・めまい・花粉症・便秘という症状が起きてきます。
この場合現代医学では症状1つひとつに対処することになりますが、東洋医学では1つひとつの症状は情報源とみなし、根本にあるストレスによる気血の流れをよくする治療を行なうことですべての症状の治療を行なっていきます。

つまり、原因となる根っこの部分が同じであれば、枝分かれした症状の治療も可能ということになります。

逆に肩こり1つの症状を考えてみても、生活習慣が違えば当然原因も異なってくるはずです。
ストレスによる肩こり、胃腸の弱りからくる肩こり、身体によ余分な水分が溜まっていることからくる肩こり・・・など原因は様々です。

このように東洋医学の考え方に基づき身体を診ていくと治療法はもちろんのことですが、養生の仕方も違ってきます。
東洋医学は不可解な部分も確かに多いですが、非常に面白いと思っています。

Share

関連記事

メールでのご予約に関しての注意点

コンテンツ1 返信用メールアドレス2 ご予約日時に関して3 メール送信と予約日時に関して 返信用メールアドレス @docomo、@softbank、@ezwebなどのキャリアメールを利用される方は必ずパソコンのメールを受[…]

[» 続きを見る]

患者には出すけど、医者は飲まないクスリ

先日のYahoo ニュースにこんな記事が上がっていました。 「現役医師20人に聞いた「患者には出すけど、医者が飲まないクスリ」。 内容は実は飲んでもあまり効果がなかったり、副作用がひどいため自分では絶対に飲みたくないが、[…]

[» 続きを見る]

ツボの面白さ

昨日の雪は凄かった! そして今日は東日本大震災から4年です。 最近テレビでは地震の予知に関する内容の番組が多い気がしますが、いつか予知できるようになってほしいと願います。 さて、今日はツボの面白さについてですが、これは不[…]

[» 続きを見る]

もう悩まない!急増中のマスクによる肌荒れを予防する4つの方法

こんにちは、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 コロナウイルスの感染予防のために、多くの方がいつどもどこでもマスクを付けていますが、このマスクによる肌荒れに多くの方が悩んでいるようですが、皆さんはいかがでしょうか? 特に本格的に暑[…]

[» 続きを見る]

保健所の臨検検査終了

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 先程、保健所の方が来院されて行われる臨検検査が終了しました。 所要時間は約5分。 何度も保健所には相談に行っていたため、保健所の担当者の方も「助かる」と言われていました。 中には一[…]

[» 続きを見る]