もうすぐ11月。
本格的に寒くなる日が近づいてきたため、冷え性の方には辛い時期に入ります。
そんな冷え性の原因を東洋医学ではどのように考えるかについてご説明します。

東洋医学では一言で冷え症といっても色々なタイプ・体質があり、「冷え性」以外にどんな症状があるかでタイプが決まってきます。
・腎陽虚
・肝火
・上熱下寒
・瘀血(おけつ)
・気滞血瘀
・痰湿

冷え性となる体質はこういったタイプが多く見られますが比較的多く見られるタイプのみご説明していきます。

・腎陽虚
身体を温める機能が低下した状態で、冷え性以外に腰痛・寒がり・頻尿・夜中にトイレに行く・尿の色が透明などの症状があるのが特徴になります。

【対策】
ホッカイロなどで腰や下腹部を温めるようにしましょう。

・気滞血瘀、瘀血
気血の流れが悪いために抹消部に気血が行き届かない。
冷え性以外にイライラしやすい・生理痛が酷い・月経血に血の塊が混ざるなど。

【対策】
軽い運動や内くるぶしの少し上にあるツボ(三陰交)にお灸やホッカイロを張りましょう。

・上熱下寒
身体の寒熱のバランスは「頭寒足熱」が良い状態ですが、このバランスが逆になった状態で、頭はのぼせるが手足が冷える状態で、更年期の女性に比較的多くみられる冷えのタイプ。
冷え以外に、肩こり・頭痛・めまい・イライラしやすい・足腰がだるいなどの症状あり。

【対策】
内くるぶしの少し下にあるツボ(照海)や足の甲にあるツボ(太衝)などにお灸、またはステンレス製のスプーンなどでさする。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は不妊症、子宮内膜症、更年期障害などの婦人科
疾患を専門に治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
---------------------------------------------------------------------