秋の花粉症の特徴でもある辛い咳の症状を改善するためのセルフケア方法

秋になると花粉症の症状として咳が出て辛かったり、なぜ秋の花粉では咳が出るのか知りたい方へ。

秋の花粉症は春と同じく鼻水、鼻づまり、くしゃみももちろんありますが、咳が長引いたり、激しい咳が出てしまう方も少なくありません。

今回は秋の花粉症による咳に対するセルフケア、咳が出る理由、風邪との見分け方などについてお話していきます。

秋の花粉症の特徴でもある辛い咳の症状を改善するためのセルフケア方法

くしゃみをする女性

秋の花粉症で咳が酷いという方が行うべきセルフケアについては以下の4点があります。

※マスクや帰宅後の服のケアなどは省きます。

  • 辛味成分を含んだ食品を食べる
  • 帰宅後のうがい
  • 部屋の加湿と水分補給
  • 雑草対策

 

辛味成分を含んだ食品を食べる

辛み成分を含んだ食品を普段の食事で食べるようにしましょう。

ここでの「辛味」というのはスパイスやトウガラシのような辛い食品ではありません。

昔から喉に良いとされる生姜、ネギ、大根などになります。

この辛み成分を含んだ食材には以下のような特徴があります。

  • 殺菌作用
  • 潤い作用

昔の人はこういった理由から喉が痛いときには生姜やネギを食べるということをされていたようですが、実は東洋医学でも同じことが言えます。

咳というのは呼吸器の症状のため、五臓では肺の問題ということになります。

五行式体表を基に肺と関連してくるものは以下になります。

  • 色:白
  • 季節:秋
  • 感覚器:鼻
  • 分泌液:鼻水
  • 味:辛
  • 野菜:葱
  • 病気:咳

この五行式体表では肺と関連する食べ物として葱が含まれています。

昔の人はこのことを知ってか知らずか自然と風邪や喉が痛む時、咳が出る時にねぎを食べるようにしていたようです。

五行式体表についてはこちらを参照ください。

 

帰宅後のうがい

マスクをしていても花粉を吸いこんでしまいます。

そのため、帰宅後は喉に付着した花粉を洗い流すために必ずうがいを行いましょう。

 

部屋の加湿と水分補給

部屋の加湿とこまめな水分補給を行い、喉が潤った状態を保つようにしましょう。

花粉症の方のマストアイテムとなるのが、空気清浄機ですが+αとして加湿は行っているでしょうか?

加湿空気清浄機をお持ちであれば1台で問題ありませんが、空気清浄機しか持っていないということであれば、加湿器も買い足すことをおすすめいたします。

また、加湿空気清浄機、加湿器のどちらも2週間に1度、最低でも月に1回はメンテナンスを行う必要があるためご注意ください。

もし、長期間にわたりメンテナンスを怠ると、カビによる体の不調が出てきてしまうことになります。

エアコンを付けると出てくる喘息症状【エアコンのカビが原因かも?】

 

雑草対策

ブタクサなどの雑草はあらゆる場所に生えているため、完全に対策をとることは難しくなります。

しかし、最低限、自宅の庭やマンションの敷地内に生えているようならば早めに草むしりをしたり、除草剤などで枯らしてしまうようにしましょう。

また、マンション敷地内の場合は基本的には大家さんや管理会社が行うべきことになるため、連絡して雑草対策をしてもらうようにしましょう。

 

秋の花粉症で咳が出る理由

ブタクサ

春の花粉症とは違い、なぜ秋の花粉症の時に咳が出てしまう理由は以下の2点が考えられます。

  • スギ花粉とブタクサ花粉の大きさ
  • 乾燥した空気

 

秋の花粉症の原因となるブタクサ花粉の大きさはスギ花粉の半分ほど

秋の花粉症の原因となるのがブタクサになりますが、花粉の大きさがスギやヒノキと比較すると小さく、半分ほどの大きさになります。

そのため、スギやヒノキ花粉よりも小さいために体内に侵入しやすく、体内に侵入した際に喉や気管支に付着をし、炎症を起こすことで咳が出てしまいます。

  • スギ、ヒノキ:30~40μm
  • ブタクサ:20μmほど

 

秋ならではの乾燥した空気

秋と言えば乾燥する季節ですが、この秋特有の乾燥した空気が原因で咳が出やすくなってしまいます。

喉が潤っていれば吸い込んだウイルスを喉の粘膜でとらえ、くしゃみ、痰、咳などと一緒に排出することができます。

しかし、乾燥した空気により喉が乾燥していると、粘膜の防御機能が低下してしまうためウイルスにより喉で炎症が起き、咳として症状が続いてしまうことになります。

 

秋の花粉症と風邪を見分けるポイント

マスクをする若い女性

私自身も13年前に鼻水が止まらなくなったため耳鼻科を受診した際に秋の花粉症と診断されたことがありました。

アレルギー検査ではっきりしていれば問題ありませんが、いきなり鼻水やくしゃみが出た場合は迷う部分があります。

そのため、秋の花粉症と風邪を見分けるポイントについてもお話していきます。

  • 発熱があるかどうか
  • 痒みがあるかどうか
  • 寝起きの症状

 

発熱があるかどうか

発熱があれば花粉症ではなく、風邪と考えてほぼ間違いないのではないかと思います。

しかし、風邪と言っても発熱しないケースもありますし、花粉症の症状がひどい方でも日によっては微熱が出るという方もいらっしゃいます。

そのため、発熱での判断はやや難しい面もあるため、総合的に判断する必要があります。

 

痒みがあるかどうか

花粉症はアレルギー症状であるため、鼻水、鼻づまり、くしゃみの主症状以外にも痒みを伴うことがあります。

秋になると目、耳、鼻、皮膚、喉などに痒みが出る場合は秋の花粉症を疑い、内科、または耳鼻科を受診してみましょう。

 

寝起きの症状

花粉症の症状は朝の寝起きが一番ひどい場合があります。

これはいわゆる「モーニングアタック」と言われる現象で、寝起きで自律神経が整っていないことが原因で起きてしまいます。

日中や夜も鼻水、鼻づまり、くしゃみがあるが、寝起きが一番ひどいという場合は花粉症によるこのモーニングアタックの可能性があります。

花粉症の症状は朝が1番辛い?モーニングアタックとは?

 

東洋医学での秋の花粉症の考え方

五行色体表

せっかくなのでと東洋医学的な鍼灸治療では秋の花粉症をどのように考えるのかについてもご紹介いたします。

東洋医学では以下のように考えます。

  • 肝気犯肺証、または肝火犯肺証
  • 肺陰虚証、または腎陰虚証
  • 脾気虚証

 

肝気犯肺証、または肝火犯肺証

このタイプの花粉症はストレスが原因となって花粉症を発症していることになります。

画像を参照していただきたいのですが、肺と肝の関係性では肺の方が強いのですが、ストレスにより肝気が強くなりすぎることにより肺がダメージを受けてしまっている状態になります。

ストレスの反応点となる百会、合谷、内関、太衝などのツボに圧痛があります。

 

肺陰虚証、または腎陰虚証

このタイプでは体の潤いが不足していることで咳が出てしまいます。

原因としては水分摂取の不足もありますが、過労、加齢なども原因となります。

舌に苔がなく赤みが強い、漁際、照海というツボに圧痛出てきます。

 

脾気虚証

このタイプは秋の前の季節である夏の不養生が原因で花粉症を発症することになります。

夏に暑いからと言って冷たい飲み物を飲み過ぎることにより、胃腸が弱り、その結果、母子関係にある肺が弱くなってしまうことで秋の花粉症を発症してしまいます。

私の秋の花粉症の発症原因がこのパターンでした。

足三里の凹み、陰陵泉の圧痛などが出てきます。

 

まとめ

秋の花粉症は春に比べればやや患者数は少ないかもしれませんが、辛いことには変わりはありません。

特に今の時代は咳をしていると、コロナの影響もあり周りからは白い目で見られてしまうかもしれません。

マスクをするのは最低限の対策ではありますが、その他にもできる対策はあります。

病院で処方される薬を飲んでも咳が止まらないという方もいらっしゃると思いますが、その場合は薬+αでご紹介した対策を行うようにしてください。

Share

関連記事

坐骨神経痛の鍼灸治療の症例集

コンテンツ1 坐骨神経痛の鍼灸治療の症例集1.1 坐骨神経痛 42歳 女性1.2 50代女性 ヘルニアの手術後の坐骨神経痛1.3 30代女性 軽度の腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛1.4 50代女性1.5 坐骨神経痛 […]

[» 続きを見る]

体調管理はしっかりと

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 先週辺りから日中の最高気温が20℃を超えるようになり、さらにいつの間にか桜も開花しています。 しかし、やはりこの時期の特徴とも言えるのが朝晩と日中の気温差です。 この気温差[…]

[» 続きを見る]

虫刺されとツボ

蚊やダニなどの虫に刺される場所は治療ポイントになるかどうか? 今年の夏からそんな疑問が出てきていました。 すると昨夜、少し見辛いですが三陰交というツボの部分を刺されました。 調べてみると本当かどうかは分かりませんが、蚊は[…]

[» 続きを見る]

鍼1本で顎関節症治癒

1年半ほど前から左顎にドーンとした痛みがあり、歯科医で顎関節症と診断。 現在は口を大きく開けることができず、また左側を下にして寝ても顎に痛みがある。また、歯科医では顎の筋肉を軟らかくするために顎を左右に動かすことを勧めら[…]

[» 続きを見る]

鍼灸との出会い

鍼灸との出会いは17年前の高校1年の冬でした。 当時、バスケットボールをやっており、新人戦前で怪我をしていた時にとある方に紹介されたのが鍼灸院。それまでは接骨院にしか行ったことがなく、鍼治療の存在すら知りませんでしたが、[…]

[» 続きを見る]