2015年の花粉飛散量情報

ウェザーニュースから来年2015年の花粉の飛散量の情報が発表されました。
来年は東日本では平年の3~5倍ほど、西日本では平年の1~3倍。
もう少し地域を絞ると、東海地方は多いところで平年の5倍のところもあるようです。

2015年の花粉飛散傾向発表

花粉症の方はご存知のように、春の花粉の飛散量は多い年と少ない年が交互にやってきたり、前年の夏の日照量できまりますが、今年の夏は非常に雨の日が多かったですが、花粉の飛散量は少ない年でした。
そして来年はやや多め?の年ということは日照量はあまり関係ないんですかね?

花粉症にも鍼灸治療は非常に効果を出すことができます。
ただ多くの方は「花粉シーズンに入ってから治療を始めればいいか」という考えをお持ちかと思いますが、シーズンに入ってから始める方と今から治療を始める方ではやはり効果の差はかなり出てきます。
当然早く治療を始めた方が効果は良いです。

秋の花粉症と春の花粉症は発症機序が違いますのでこの辺りはまた後日。

Share

関連記事

格安sim使ってます!

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 まず初めに、今回のブログは鍼灸とは何の関係もありませんので、気になる方だけ読んでください。 さて、当院では治療のこと以外にも患者様とは色々な話をしていますが、ちょくちょく話題に[…]

[» 続きを見る]

内臓の名前が付いたツボの重要性

背中から仙骨(臀部)には内臓の名前が付いたツボが存在する。 上から順に肺・心・肝・胆・脾・胃・腎・大腸・小腸・膀胱 内臓の名前が付いているため、ツボの凹み・硬結・隆起・冷え・熱感・圧痛などをよく観察することで、どこの臓腑[…]

[» 続きを見る]

身体に余分な水分が溜まった「痰湿体質」

体の水分は通常体中を巡り、身体に潤いを与えていますが、このタイプの方は体の中の水分の流れが悪くなることにより、有害な物質である「痰湿」が身体に溜まった状態になります。 体の中に余分な水分が溜まっているため、梅雨の時期や、[…]

[» 続きを見る]

筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例 2019年5月来院。 4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方された[…]

[» 続きを見る]

治療効果の出方

鍼灸治療は比較的その場で治療効果を感じていただけますが、中には時間差で効果が出てくる場合もあります。 治療後に痛みが取れない、またはあまり変化がなくとも数時間後~翌日にかけて体に変化が出ることもあるということです。 また[…]

[» 続きを見る]