【今すぐできる!】知って得する母乳の詰まりを改善するツボ

待望のわが子を出産できたけど、母乳が詰まっているためなかなかでないとお悩みの方。

母乳の詰まりは軽い場合はツボ押しでも改善することが可能になります。

今回は今すぐ実践できる母乳の詰まりを改善するツボやツボ押しで改善できない場合に行うべきことについてお話していきます。

【今すぐできる!】知って得する母乳の詰まりを改善するツボ

授乳

母乳の詰まりを改善するツボは色々なサイトやブログで紹介されておりますが、なかなか場所が分かりづらいという問題もあるため、今すぐに押すことができるツボを1つだけご紹介いたします。

 

母乳の詰まりを改善するツボ

最も母乳の詰まりを改善したり、母乳の出が悪い時におすすめされるツボは「少沢(しょうたく)」というツボになります。

ツボの場所も非常にわかりやすく、小指の爪の付け根の外側です。

このツボを10秒ほどグリグリと押すことを3~5セット、朝、昼、晩と行いましょう。

母乳の軽い詰まりであればこれだけで母乳がしっかりと出ると思います。

ちなみにですが、乳首自体も「乳中」というツボになりますが、さすがにこの部分をグリグリしたり、思い切り押すという訳にはいきません。

 

母乳を増やすツボはあるかどうかについて

母乳の出が悪い方からすると詰まっているのではなく、母乳が少ないのかな?という疑問から母乳を増やすツボがあれば知りたいという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、母乳を増やすツボというのは私個人としては「ない」と考えております。

理由は単純で母乳は血液から作られるものだからです。

つまり、母乳を増やすためには血液量を増やすための食事としてタンパク質や鉄分、ビタミンCをしっかり摂取することが重要です。

また、血流も関係してくるため、体を冷やさないようにすることも大切です。

 

母乳が詰まる原因

母乳が詰まる原因のほとんどは「乳腺炎」になります。

乳腺炎になってしまう原因は以下になります。

  • 乳房の血液、リンパの流れが悪い
  • 母乳が残っている
  • 常在菌

母乳は血液から作られるものなので、乳房の血流は非常大切になります。

ご自身でも軽くマッサージをしたり、締め付けるような下着を身に着けないなどすることが大切になります。

もう一つ大切なことは母乳をしっかりと出し切るということです。

最初の頃は赤ちゃんは母乳をうまく吸えないため、1回で飲む量が少なくなってしまうため、乳房に母乳が残ってしまいます。

この残った母乳も乳腺炎の原因になるとされています。

そのため、母乳を出し切るためにも搾乳されることをおすすめします。

また、皮膚にいる常在菌であるブドウ球菌などが、免疫力が下がった出産後に悪さをしたり、乳首の傷などから乳管に入り込むことで炎症が起きてしまいます。

中には食事内容が悪いから母乳が詰まっていると考える方もいるかもしれませんが、食事と母乳の詰まりはあまり関連性がないとされています。

 

ツボ押しで改善しない場合は母体の健康状態を改善すべし

搾乳器

母乳の詰まりをツボ押しで改善できればお金もかからないためありがたいことかと思いますが、やはりそこはすべての方がうまくいくとは限りません。

その場合は母体の健康状態を改善する必要があります。

行うべきことは以下になります。

  • ストレスを発散する
  • 鍼灸で体調を整える
  • 乳房マッサージに行く

 

ストレスを発散する

かわいいわが子であっても育児は非常に大変であるため、ストレスはそれなりに溜まってしまいます。

このストレスが原因でも乳房の血流やリンパの流れが悪くなってしまうことで、母乳の詰まりは起きてしまうこともあります。

そのため、ストレス発散はやはり大切なことになります。

また、先ほど搾乳しておくことをおすすめするというお話をしましたが、毎回直接母乳を上げることもストレスとなってしまいます。

このストレスを回避するためにも搾乳した母乳を飲ませることで身体的、精神的なストレスの軽減にもつながるかと思います。

 

鍼灸で体調を整える

鍼灸で体調を整えることも母乳の詰まりの改善に効果的かと思います。

鍼灸の場合は色々な治療法がありますが、当院では東洋医学の考え方にそって行っているため、東洋医学的なお話をしていきます。

東洋医学的には母乳が詰まっているのか、母乳の量が少ないことが原因なのかを東洋医学的な個人の体質を見極めれ治療を行っていきます。

母乳の詰まりを鍼灸で改善するとなると、胸を出す必要があるのか?

このような疑問を持たれる方も多いと思いますが、さすがにそれはありません。

女性の鍼灸師であれば問題ないかもしれませんが、男性の鍼灸師がこのようなことをすることはあり得ないと思います。

 

乳房マッサージに行く

乳房マッサージは助産師さんに教わることもあるかもしれませんンが、自分でやるよりは人にやってもらった方が効果は高いかと思います。

特に有名なのは「桶谷式乳房マッサージ」になりますが、私もテレビで少しだけ見たことがありましたが、効果はすごかったです。

少し痛みを感じるかもしれませんが、興味ある方は一度経験してみるのも良いかと思います。

桶谷式の相談室に行こう! – OPPA!(おっぱ) 桶谷式母乳育児ママサポートサイト

 

まとめ

母乳の詰まりは軽い物であればご紹介した少沢(しょうたく)というツボでしっかり出るようになると思います。

しかし、場合によっては母体の状態を改善しなければ母乳の詰まりを改善することができないケースもあるため、まずはご紹介したツボを試しにグリグリしてみましょう。

もし、改善されないのであれば次の手としてストレス対策、鍼灸、乳房マッサージなどを考えてみてください。

Share

関連記事

妊活中の方に知ってほしい妊娠しやすい性交のタイミング

まだ結婚したばかりのため、不妊とは言えないが妊活をしているため妊娠しやすい性交のタイミングがあれば知りたいと考えている方へ。 妊娠しやすい時期は排卵日付近であることは間違いありませんが、排卵日にこだわる必要はありません。[…]

[» 続きを見る]

不正出血の症例

40代女性 7月から突然不正出血が始まり、総合病院の婦人科を受診し検査をするも原因不明。止血剤と漢方薬(ツムラ24番:加味逍遥散)を処方されたため服用すると出血は治まるが、しばらくすると再度出血が始まる。 その後は漢方内[…]

[» 続きを見る]

生理痛 47歳 女性

数年前から寝る時に考え事をするようになり、寝付きが悪くなる。 また、年齢的に更年期のような症状も出てきたため、当院に来院。 舌の状態を確認すると、舌の裏の血管が怒張(太くなっている)しており、お腹も全体的に張っているため[…]

[» 続きを見る]

【みんなの疑問】2,000年以上の歴史がある鍼灸治療の効果について

鍼灸治療に興味があるけど、どんな症状に効果があるのか、自分の体の悩みに効果があるのかがわからないという方は多いと思います。 また、鍼灸治療を受けているけどなかなか効果が感じられないという方も多いかもしれません。 本記事で[…]

[» 続きを見る]

頭寒足熱

11月に入り暖かい日もありますが、これからどんどん寒くなっていきます。 四字熟語に「頭寒足熱」とう言葉がありますが、これはこれからの季節に養生する上でとても大切なことになります。 頭寒足熱とは頭が冷えて、足元が温かい状態[…]

[» 続きを見る]