コロナワクチンは打つべきか?30代の鍼灸師が打った理由をお話しします

新型コロナウイルスのワクチンを打つべきか悩んでいたり、副反応が心配、健康被害が起きた時の補償がどうなっているか知りたい方へ。

コロナワクチンはいまだ治験段階のため、打つべきか悩むのは致し方ないことではあります。

今回はいち医療従事者である30代鍼灸師の私がコロナワクチンを打った理由や副反応や補償についてお話していきます。

コロナワクチンは打つべきか?30代の鍼灸師が打った理由をお話しします

ワクチン

私は7月9日にモデルナワクチンを打ちました。

ワクチン接種が始まった当初は打つ気はありませんでしたが、なぜ打つことにした理由は以下の3点になります。

  • 30代は重症化はしにくいが感染すると収入がなくなるから
  • 人と接する職業のため
  • ワクチンパスポートを取得して海外旅行に行くため

 

30代は重症化はしにくいが感染すると収入がなくなるから

私は個人事業主として鍼灸院を経営しております。

そのため、もしコロナに感染してしまった場合は自宅療養することになってしまい、その期間の収入が途絶えてしまいます。

年齢は30代で基礎疾患もない健康な状態であるため、重症化するリスクは非常に低いですが、感染してしまった場合は仕事ができなくなります。

もし、私が会社員であれば仕事を休んでも給料の面では心配する必要がないため、打たないという選択をしていたと思います。

しかし、個人事業主は働かなければ当然収入はありません。

コロナワクチンは発症予防効果が94%(モデルナワクチン)と非常に高いため、ワクチンを打つことで感染リスクをかなり下げることができます。

イコール仕事を休むリスクも低下することになります。

そのため、私はワクチンを打つことにしました。

 

人と接する職業のため

鍼灸師という仕事は人と接する仕事になります。

また、毎週来られる方もいれば常に新規の方も来られるため、不特定多数の方と接することになるとも言えます。

さらにこんなリスクもあります。

  • 患者さんとは近距離で話す
  • 顔に鍼を打つ場合はマスクを外す必要あり
  • 患者さんの顔や体に触れる
  • 風邪の症状を治療する場合もあり

こういったリスクがあるため、一般企業で働いている方よりも感染リスクは高いかもしれません。

そのため、少しでも感染しにくくするためにもワクチンを打った方が良いと判断したため、打つことにしました。

 

ワクチンパスポートを取得し海外旅行に行くため

私の趣味は海外ひとり旅になります。

既にコロナにより海外旅行へ行けなくなって1年4か月ほどが経過しているため、正直、今すぐにでも海外旅行へ行きたい衝動があります。

ご存じの方もいるかもしれませんが、現時点でも海外旅行自体はPCR検査で陰性であれば国によっては行くことは可能です。

しかし、今後数年は海外渡航する際はすべての国ではありませんが、ワクチンを打っていることが条件となる国が増えるでしょう。

そこで必要になってくるのがワクチン接種済みであることを証明する「ワクチンパスポート」になり、ワクチンパスポートを取得していないと入国の際に隔離が必要になってくる可能性があります。

そして、ワクチンパスポートを取得するためにはワクチンを打つしかありません。

これが、私が今回ワクチンを打つことにした1番の理由になります。

 

コロナワクチンを打つべきか悩んでいる方はメリット・デメリットを考えよう

コロナワクチンを打つべきか悩んでいる方はメリット・デメリットを考えるようにしましょう。

幸か不幸か、ワクチン不足のため一般の方のワクチン接種は予定よりも遅くなる可能性があります。

そのため、まだワクチンを打つべきか悩んでいるならこのように考えるようにしましょう。

  • ワクチンを打つメリットとデメリットは何か?
  • ワクチンを打たないメリットとデメリットは何か?

どの方にも当てはまるの以下になるかと思います。

  • 打つメリット:感染リスクの低下、人によっては重症化リスクの低下
  • 打つデメリット:副反応による健康被害
  • 打たないメリット:副反応の心配なし
  • 打たないデメリット:感染リスク、人によっては重症化リスク

このそれぞれのメリット・デメリットに自身にとって+アルファでどんなメリットとデメリットがあるかで考え、どちらが上回るかで選択すればよいと思います。

コロナワクチンを打つかどうかは完全に任意であり、強制されるものではありません。

また、中には「絶対に打つな!」、逆に「絶対に打った方が良い!」ということを言う方もいますが、こういった方の意見も取り入れる必要はないと思います。

私はワクチンを打つことに対して否定も肯定もしません。

打ちたければ打てばいいし、打ちたくなければ打たなければいいだけの話かと思います。

 

コロナワクチンを打つべきか悩む理由【副反応について】

寝込む女性

コロナワクチンを打つべきか悩む理由に副反応が心配な方もいるかと思います。

私自身も1回目の接種を終えましたが、しっかりと副反応は出ました。

 

基本的に若い方の方が副反応は出やすい

ご存じの通り、日本で承認されているコロナワクチンであるファイザー、モデルナともに若い方の方が副反応は出やすいという報告になっています。

30代後半である私はどうだったかというとそれなりに出た方かと思います。

※1回目のワクチン接種の感想はこちらを参照ください。

新型コロナワクチン接種後の鍼灸治療は受けても大丈夫かどうかの話

特に女性の方が出やすいため、女性の方でワクチンを打つという方はそれなりに覚悟はしておきましょう。

しかし、ここで疑問が出てきます。

副反応は若い方の方が出やすいですが、若い方の場合は基礎疾患がなければ重症化することはほとんどありませんし、多くの方が無症状となります。

だったら、ワクチン打たなくてもいいんじゃないの?

このような考え方もできますが、ここは個人の事情やメリット、デメリットをよく考えるようにしましょう。

 

高齢者でもひどい場合があり、健康被害も報告されている

副反応は若い方の方が圧倒的に出やすいですが、だからと言って高齢者の方に出ないわけではありません。

中には40を超える高熱が数日続き、全身に湿疹が出る方もいるようです。

もちろん、若い方にもこういった副反応が出ることがあります。

私の両親はともに70歳を過ぎておりますが、特に副反応は出ておりません。

 

最悪、死亡するケースもあり

コロナワクチンの最大の懸念はこの死亡例もあるということです。

感染リスクを下げるためにワクチンを打ったにもかかわらず、ワクチンが原因で残念ながらなくなってしまう方がいるのも事実になります。

7月7日時点で556件の事例が報告されています。

報告によると以下のような内訳になっています。

  • ファイザー製ワクチン:554件
  • モデルナ製ワクチン:2件

この数字を見るとファイザーの方が危険という印象がありますが、ファイザーの方が先に承認されているため、接種数が多いためにこのような数字になっていると言えます。

死亡する可能性があるとなるとさらに打つべきか悩んでしまうと思います。

中には国産のワクチンができるまでは打たないと決めている方もいると思いますが、国産だからと言って安心とは言い切れない部分があります。

なぜなら、100%安心・安全な薬やワクチンはこの世には存在しないからです。

インフルエンザワクチンでさえなくなる方がいるぐらいなので、国産のワクチンができたとしても死亡例はかならず出てくると思います。

新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要

 

【課題はここ】コロナワクチンによる健康被害が起きた場合の補償

お金

コロナワクチンによる健康被害、または死亡した場合には補償がありますが、この補償に関してはいろいろと問題があります。

以下のような補償問題があります。

  • 補償はあるけど因果関係を国が認めなければ支払われない
  • 「たらいまわし」に遭うケースもあり
  • 現時点ではワクチン接種後の心筋炎で死亡した場合のみ支払い対象になっている

 

補償はあるけど因果関係を国が認めなければ支払われない

健康被害や死亡した場合、国からの補償はあるが、因果関係を国が認めなければ支払われることはありません。

これは非常に大きな問題です。

通常、ワクチンができるまでには10年前後必要となりますが、これはいろいろと治験を繰り返し、どのような副反応が出るのか、または死亡した場合の因果関係をしっかり調べるために時間をかける必要があります。

しかし、今回承認されているワクチンは緊急で承認された治験段階のワクチンになります。

そのため、健康被害が出たとしても、死亡したとしても「因果関係は不明」と言ってしまえば国は逃げることができます。

例えば、ワクチン接種した数時間後に心不全で亡くなったとします。

心不全で亡くなる方は年間で8万人ほどいるため、ワクチンを打ったからではなく、たまたま心不全になったんじゃないの?と言い訳することが可能となります。

死亡した場合は4,420万円支払うと国は言っていますが、ほとんどの方が受け取ることができないでしょう。

この最悪の事態を避けるためにも生命保険がワクチン接種により死亡した場合も対象になるか確認しておくことをお勧めします。

 

「たらいまわし」に遭うケースもあり

健康被害が出た場合に「たらいまわし」に遭う可能性がある。

これは日本の行政の得意技とも言えます。

ワクチンを打って重い副反応により健康被害が出た場合にどこが責任を持つのかがはっきりしていません。

これは実際に起きていることです。

  • 相談センター:副反応としてよくあることです。
  • かかりつけ医:ワクチンを接種した病院(会場)に相談してください。
  • ワクチンを接種した病院(会場):相談センターに相談してください。

国はワクチンを打て打ていうだけではなく、補償も含めてしっかりと体制を整えてもらわなければ我々が困ることになります。

 

現時点ではワクチン接種後の心筋炎で死亡した場合のみ支払い対象になっている

ファイザー、モデルナワクチンのどちらも、接種後に心筋炎を発症する可能性があると報告されています。

これはすでに国も認めているようで、ワクチンの接種会場でも注意喚起がされています。

そのため、現時点ではこの心筋炎で死亡した場合は補償金を支払われるようです。

しかし、ここでも疑問なのが「因果関係は不明だが心筋炎が起きる可能性がある」となっているのに、支払い対象になっている点です。

心筋炎が認められるのなら、他のケースでも支払い対象にならなければおかしいのではないかと思います。

 

まとめ

コロナワクチンを打つべきかは非常に迷う部分かと思いますが、私の場合は個人事業主であるため、もし感染してしまうと収入がなくなってしまうため、このリスクを少しでも下げるために打つことにしました。

また、海外旅行に行く時にもワクチンを打っていないと不利になる部分があります。

そのため、デメリットをメリットが上回ったため打つことにしました。

副反応に関しては薬に副反応はあるものでなかったらラッキーぐらいの気持ちでいました。

たしかに、長期的な副反応を考えれば不安な部分はあるかもしれませんが、先のことを考えても仕方ないと私は考えています。

何かしらの健康被害が起きるかもしれませんが、何も起きないかもしれません。

さらに国産のワクチンだからと言って安全という保証もありません。

そのため、自分にとってコロナワクチンを打つメリットとデメリットをしっかりと考え、自分で答えを出すようにしましょう。

Share

関連記事

【タイミングはいつ?】気になる不妊治療のステップアップについて

不妊治療を始めてみたもののなかなか子供を授かることができないため、ステップアップを考えてるけどタイミングや目安が分からないと悩んでいませんか? 不妊治療はタイミング法から始まり徐々にステップアップしていくものですが、次の[…]

[» 続きを見る]

エアコンを付けると出てくる喘息症状【エアコンのカビが原因かも?】

エアコンを使う時期になると咳喘息の症状が酷くなったり、または謎の体調不良になることはありませんか? もしそうなら、喘息や咳が酷くなる原因はエアコン内部のカビが原因かもしれません。 今回はエアコンのカビと喘息症状についてや[…]

[» 続きを見る]

もうすぐ花粉の季節がやってきます

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 まだまだ寒い日が続いてきていますが、春はもうすぐそこまでやってきている感じがします。※根拠は特にありません。 個人的に春は好きな季節ではありますが、春が嫌いだという方も結構いら[…]

[» 続きを見る]

バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。 この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部[…]

[» 続きを見る]

薄毛対策【ホルモンバランスを整えよう】

こんにちは。 名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。 薄毛の原因としいて上げられるホルモンバランスの乱れ。 ではどんな髪にはどんなホルモンが必要なのかと言うと、それは「女性ホルモン」です。女性ホルモンには2種類[…]

[» 続きを見る]