妊活中の方に知ってほしい妊娠しやすい性交のタイミング

まだ結婚したばかりのため、不妊とは言えないが妊活をしているため妊娠しやすい性交のタイミングがあれば知りたいと考えている方へ。

妊娠しやすい時期は排卵日付近であることは間違いありませんが、排卵日にこだわる必要はありません。

今回は妊活中の方に知ってほしい妊娠しやすい性交のタイミング、自然妊娠の確率などについて不妊治療にも携わる鍼灸師がお話していきます。

妊活中の方に知ってほしい妊娠しやすい性交のタイミング

ハートを持つ夫婦

自然妊娠するためには排卵日を狙って性交をする必要があります。

しかし、夫の仕事が忙しかったり、出張などでタイミングが合わないこともあるかと思いますが、それほど排卵日にこだわる必要はありません。

 

性交のタイミングは排卵日でなくてもOK

妊活中の方に妊娠するための性交のタイミングについてまず知っていただきたいのは、性交のタイミングは排卵日でなくてもOKということです。

多くの方は排卵日に性交をする必要があると考えられていますが、実は排卵日でなくても妊娠することは可能です。

実際に当院に不妊治療で来られている患者様の中でも「今回はタイミング的に絶対妊娠はない」と言われていたにもかかわらず、自然妊娠できたという方は結構いらっしゃいます。

また、排卵日を気にしすぎるとお互いに変なプレッシャーがかかってしまいます。

 

性交のタイミングは排卵日の1週間前からチャンスあり

妊娠するための性交のタイミングは排卵日の1週間前からチャンスがあります。

その理由は精子の寿命が関係してきます。

精子の寿命というのは一般的には72時間、つまり3日間になりますが、元気な精子に関しては1週間ほど女性の体内で生存することができます。

また、排卵後の卵子の寿命は約1日とされています。

そのため、自然妊娠を目指す場合は排卵日の1週間ほど前~排卵後に性交を行うことをおすすめします。

ただし、夫の精子に問題がないことが条件となります。

【知っているようで知らない、実は複雑な妊娠の科学】

 

【タイミングは夜だけじゃない】夫が夜疲れているなら朝にするのもありです

夫が仕事で夜疲れているなら、朝に成功のタイミングを取ってみてはいかがでしょうか?

性交というとどうしてもよるというイメージがありますが、夜はお互いに疲れているというデメリットがあります。

朝に性交をすることに関してもデメリットは確かにありますが、メリットもあります。

1番のメリットはしっかりと睡眠をとることで体が疲れていない状態であるということです

時々ですが、なかなか子供ができないと悩んでいる方にお話を聞くと夫が疲れていてほとんど性交をしてくれない「レス」という方もいらっしゃいます。

こういった場合はしっかりと睡眠をとり、朝にチャレンジしてみましょう。

【朝、寝起きのセックスが断然いい! 試すべき5つの理由 】

 

タイミングを合わせて性交すれば必ず妊娠できるわけではない

妊娠のセルフチェック

妊活中の方によくあるのがタイミングを取って性交すれば妊娠できるという考え方です。

しかし、この考え方は少し間違っています。

 

【意外と低い】自然妊娠の確立

自然妊娠の確率は意外と低くいということはご存じでしょうか?

実は自然妊娠の確率は健康な20代の男女の1回の性交でもわずか30%程度ということです。

当然、年齢が上がるにつれてこの確率は下がっていきますし、何か不妊の原因がある場合も確率は下がっていくことになります。

つまり、期待しすぎないことも大切です。

そのため、ご自身の年齢や体の状態を考慮した上で、すぐに自然妊娠できなくても落ち込まないようにしましょう。

【30歳が1カ月で妊娠できる確率は20%、40歳で5%】

 

性交の回数が少ないよりは多い方が妊娠のチャンスあり

少しでも妊娠の可能性を高めるためには性交の回数は多い方が妊娠できるチャンスは増えることになります。

確率」という点で考えればそれほど変わりはありませんが、性交の回数が多い方が「チャンス」は増えます。

宝くじでも10枚よりも30枚、30枚よりも50枚、50枚よりも100枚買った方が高額当選するチャンスは増えてきます。

日本人は世界的に見ても性交の回数が極端に低いと言われていますが、これは日本人が働き過ぎということも関係してきます。

結局、仕事で疲れて夫婦生活ができないという夫婦は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、自然妊娠を目指すのであればやはり性交の回数は大切ではないかと思います。

 

妊活するなら最低限しておきたいこと

妊活中の夫婦に最低限しておきたいことは以下の2点になります。

  • ブライダルチェック
  • 基礎体温を付ける

 

ブライダルチェック

ブライダルチェックを受ける。

本来、ブライダルチェックは結婚前のカップルが受けるものですが、結婚後に妊活を始める前に受けてみましょう。

ブライダルチェックに関しては以下を参照ください。

【年齢は関係なし】結婚するならブライダルチェックを受けるべき理由

 

基礎体温を付ける

基礎体温は付ける目的は以下の2点になります。

  • 排卵日を知る
  • 自分の身体の状態を知る

一般的には排卵日は生理が始まってから2週間後と言われていますが、すべての方がこのタイミングで排卵が起きるわけではありません。

そのため、基礎体温を測り、自分の排卵日がいつなのかを知る必要があります。

3ヶ月ほどつければ自身の排卵のリズムが分かってきます。

また、もし、基礎体温に乱れがあれば検査を受けることもできます。

是非、妊活を始めるのであれば基礎体温は付けるようにしましょう。

基礎体温の測り方は以下を参照ください。

【意外と知らない基礎体温の正しい測り方【詳しく解説します】】

 

まとめ

妊活中の方に知っていただきたいことは妊娠するための性交のタイミングは必ず排卵日でなくても大丈夫ということです。

むしろ、排卵日にしなければいけないという考えを持ってしまうと、お互いに追うレッシャーがかかってしまったり、仕事の関係でタイミングが合わない、義務的になってしまうということになってしまいます。

しかし、排卵日の1週間前からチャンスがあるということを知っていただければこういったことは回避することができます。

また、自然妊娠の確率もそれほど高いわけではないため、1回の性交で期待しすぎないようにしましょう。

Share

関連記事

ストレスによる咳喘息の症例

コンテンツ1 40代 女性 ストレスによる咳喘息の症例1.1 【弁証】1.2 【病因病理】1.3 【治療】 40代 女性 ストレスによる咳喘息の症例 シルバーウィーク頃に風邪を引き、発熱と咳が出る。風邪が治りかけた所で家[…]

[» 続きを見る]

治療をお断りさせていただく例

以前ですが、このようなお問い合わせがありました。 「○○という病気なんですが、この病気がお灸で治ったという方のブログを見たので、お灸だけで治療をして欲しいのですが。」 このようなお問い合わせが合った場合、なぜ断ることにな[…]

[» 続きを見る]

たかが水でも毒になる

人の体の約60%は水分と言われているため、体にとって水分は非常に重要なものであることは間違いありません。 しかし、体にとって必要なものとは言っても、時には毒になることもあります。 いわゆる「水毒」ということです。 どんな[…]

[» 続きを見る]

新型コロナワクチン接種後の鍼灸治療は受けても大丈夫かどうかの話

蓬祥鍼灸院の長谷川です。 体の不調を改善するために鍼灸治療を受けている方が気になることの1つとして、新型コロナのワクチン接種を受けた当日に鍼灸治療を受けても大丈夫かどうかがあると思います。 また、治療を行っている側である[…]

[» 続きを見る]

女性に多い喉のつかえ感

痰でも絡んでるかな? いや、痰とは違う。 でも喉に何かある感じがする。 比較的女性に多く見られる喉のつかえ感。 東洋医学ではこのような症状を「梅核気」といい、梅の実が喉に詰まっているような感じ、でも実際には何もない状態に[…]

[» 続きを見る]