鍼と針の太さの違い

「鍼」と「針」の太さの違いですが、
・鍼
日本では鍼は鍼灸治療に用いられる針のことを指し、太さは0.14mm~0.3mmほどの太さのものが使用されます。

・針
苦手な方も多い注射や採血などに用いられる針、その他には裁縫に用いられる針を指し、薬や血液を通す必要があるため中が空洞にしならければならないためかなり太めになります。

image

写真の針は右からつまようじ(太さは不明)、0.7mm、0.2mm、0.18mmの太さになります。
このように実際に比較してみるといかに鍼灸治療で使用している鍼が細いかが分かるかと思います。

これなら大丈夫だな!っという感じにはなりませんか?

 

 

Share

関連記事

東洋医学のお勧めドラマ

春らしい春がない今日この頃。 明日から学校では新学期が始まります。 小さかった姪っ子が明日から6年生になるとは・・・大丈夫なのか?(笑い) さて、今日は東洋医学のお勧めのドラマのご紹介です。 東洋医学的な鍼灸治療がどのよ[…]

[» 続きを見る]

血液の流れが悪い「瘀血体質」

血液がドロドロになり流れが悪い状態。 このように言われると動脈硬化?っと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、動脈硬化とは違います。 このタイプは女性に非常に多く見られ、婦人科疾患との関わりも非常に深くなります。 東洋[…]

[» 続きを見る]

妊娠中の浮腫み(むくみ)治療

妊娠による浮腫みは多くの妊婦さんが経験するトラブルの1つになります。 浮腫みが酷くなると日常生活にも影響があり、立っているのも辛い状況になってきます。 35歳女性 初産 逆子の治療で来院されるが、足の浮腫みが酷く立ってい[…]

[» 続きを見る]

ツボの面白さ

昨日の雪は凄かった! そして今日は東日本大震災から4年です。 最近テレビでは地震の予知に関する内容の番組が多い気がしますが、いつか予知できるようになってほしいと願います。 さて、今日はツボの面白さについてですが、これは不[…]

[» 続きを見る]

奥様に感謝

初回、奥様に連れらて来院された男性患者様。 お話を聞くと10年ほど前から体の不調があり病院へ通っているがなかなか効果がなく、奥様が東洋医学で何とかならないかということでご予約のお電話を頂きました。 奥様は鍼灸治療は経験さ[…]

[» 続きを見る]