超有名な「合谷」というツボの効果について現役鍼灸師が解説します

蓬祥鍼灸院の長谷川です。

数あるツボの中でも「合谷」というツボは一度は聞いたことがあると方も多いと思いますが、実際どのような効果があるのか知りたいと考えていませんか?

合谷は実際に治療をする際にも非常によく使用するツボになります。

本記事では合谷というツボの効果や正しいツボの場所(取り方)、左右差がある場合に関して現役鍼灸師が解説していきます。

超有名な「合谷」というツボの効果について現役鍼灸師が解説します

合谷にお灸をすえる女性

合谷はよく「万能のツボ」としても紹介されていますが、私も実際の治療ではよく使用するツボになります。

今回は合谷のツボの効果に関しては以下の2つの観点からご説明していくとともに、ツボの場所(取り方)に関してもご紹介します。

  • 一般的に言われる合谷の効果
  • 合谷というツボが持つ本来の効果

 

一般的に言われる合谷の効果

一般的に言われる合谷の効果は「万能のツボ」と言われるだけあり、いろいろな体の不調が改善できると紹介されています。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 眼精疲労
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 歯痛
  • 風邪
  • 便秘
  • 生理痛

ざっとご紹介するだけでもこれだけの効果があるとされています。

ではなぜ「万能のツボ」と言われるのでしょうか?

その答えはこの合谷というツボは数あるツボの中でも「四総穴」と言われる4つの代表的なツボの1つであることも関係してきます。

さらに、合谷のツボを「本来の効果」の観点から考えていくと「万能のツボ」と言われる理由が分かってきます。

女性はこちらのツボも抑えておきましょう。

女性が抑えておきたいツボ】三陰交が婦人科疾患に効果がある理由

 

合谷というツボが持つ本来の効果

先ほどご紹介したのは一般的に言われている合谷の効果になります。

しかし、先ほどご紹介した症状に必ず聞くかというとそれは大きな間違いになります。

合谷というツボが持つ効果をしっかりと引き出すためには合谷というツボが持つ本来の効果をしっかりと理解する必要があります。

【合谷の本来の効果】

  • 理気
  • 行気
  • 祛風(きょふう)
  • 補気

合谷の本来の効果はこのような効果になります。

簡単に説明すると気の流れが悪いのを良くする効果と体に侵入してきた風邪(ふうじゃ)を取り除く、体を元気にする効果があるということになります。

そして、気の流れが悪くなる1番の原因が「ストレス」になります。

現代人の身体の不調はストレスが原因となるケースが非常に多く、またストレスによりいろいろな体の不調が起きています。

そのため、合谷にも反応が出やすくなるため「万能のツボ」と言われるようになっています。

【ストレス・イライラが止まらない時に効果的な「手のツボ押し」】

 

正しい合谷の場所

まず、合谷というツボは非常にエリアが広いツボになりますが、正しい場所となるとちゃんとした取り方があります。

「第1・第2中手骨底間の下、陥凹部、第2中手骨よりに取る。」

これが教科書的に載っている合谷の場所であり、ツボの取り方になります。

しかし、一般の方にとってはわかりにくい表現であることは間違いないため、簡単な取り方をご紹介します。

【最も簡単な方法】

  1. 右手の親指の第1関節を左手の人差し指と親指からできる股の部分に当てる
  2. 親指の第1関節を曲げた時に指先が当たる部分

大半の方が左右どちらか、または左右ともに痛みがあることが多くなります。

 

合谷に左右差がある場合は要チェック

point

基本的にツボは左右対称にありますが、ツボによっては大きく左右差が出ることがあります。

 

基本的にはゴリゴリした感じや痛い方のツボが悪い

合谷は非常に反応が出やすいツボのため、多くの方が痛みを感じるツボになります。

合谷を押した時にゴリゴリした感じや痛みに左右差がある場合は、より強い方が悪いツボになります。

流派によって考え方に違いはあるものの、左右ともにゴリゴリしていたり、痛みがあるよりもよりこのような反応が強く出ている側の方が悪いという考え方もあります。

実際に私の治療ではこのような左右差を重要視しており、左右どちらかのツボにしか鍼を刺しておりません。

 

左右どちらかの合谷に「冷え」、または「熱感」があればそちらの方が悪い

合谷を押した時や触った時にゴリゴリした感じや痛みだけではなく、「冷え」や「熱感」の左右差を感じることもあります。

このケースでも先ほどと同じようにより冷えている、または熱を持っている方が悪い状態ということになります。

ちなみに、冷えと熱感は以下のように考えます。

  • 冷えている場合:より気の滞りが強い
  • 熱を持っている場合:体の内側に熱がこもっている

 

左右ともに痛くない場合はより凹みが強い方が悪い

合谷を押した時や触れた時にゴリゴリ感、痛み、冷え、熱感などがなく、弱弱しく凹んだ感じがする場合もあります。

この場合は体の元気が不足している状態が考えられます。

また、この弱弱しいツボの状態もやはり左右差が出ることがありますが、この場合もより弱っている側のツボが悪い状態になります。

 

まとめ

合谷というツボはテレビやツボの本などでもよく紹介されるほど有名なツボであり、また一般的な治療効果も多いため、万能のツボと言われています。

また、特にストレスが原因で起きている体調不良の時には反応が出やすいツボでもあるため、合谷を押した時にゴリゴリしていたり、強い痛みがある、冷え、熱感がある場合は自分でもツボ押しをすることをお勧めします。

特に左右差が大きい場合は合谷のツボが非常に悪い状態ということになるため、ツボ押しやセルフ灸をすることをお勧めします。

Share

関連記事

冬になると悪化する生理痛。冷えと生理痛の関係とは?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 全国的に寒暖差の激しい2019年の冬ですが、体調を崩してはいないでしょうか? 今回は「冬になると悪化する生理痛」についてのお話です。 理想的な生理の状態は痛みがないこと。ですが、多[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症は2ヶ月前から?

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 円形脱毛症は当院でもご相談の多い疾患になりますが、学生時代の学校以外の勉強会に参加していた時にこのようなことを教わりました。 「円形脱毛症は発症した日から2ヶ月前に何かあっ[…]

[» 続きを見る]

多嚢胞性卵巣症候群でも自然妊娠するためにやるべき4つの事

多嚢胞性卵巣症候群だけど自然妊娠できるかどうか疑問に思っていませんか? 体外受精や顕微授精は高額だからできるだけ自然妊娠したいと思うのはごく自然なことです。 そのため、本記事では多嚢胞性卵巣症候群の方が自然妊娠するために[…]

[» 続きを見る]

ストレスによる咳喘息の症例

コンテンツ1 40代 女性 ストレスによる咳喘息の症例1.1 【弁証】1.2 【病因病理】1.3 【治療】 40代 女性 ストレスによる咳喘息の症例 シルバーウィーク頃に風邪を引き、発熱と咳が出る。風邪が治りかけた所で家[…]

[» 続きを見る]

【もう悩まない】子宮内膜が薄いというお悩みは鍼灸治療で改善可能な話

なかなか妊娠できないから婦人科を受診すると子宮内膜が薄いことを指摘され、どうやったら改善できるか知りたい方へ。 受精卵が着床するためには子宮内膜は一定の厚さが必要になるため、内膜が十分な厚さみがなければ不妊の原因となって[…]

[» 続きを見る]