起立性調節障害かも?高校生が朝起きれないのは自律神経の乱れを疑おう

蓬祥鍼灸院の長谷川です。

いつからか子供が朝起きられなくて悩んでいたり、遅刻、欠席が多く高校の出席日数や単位が足りずに進級があぶないと悩んでいませんか?

中学生や高校生などの思春期の子供が朝起きられない理由は自律神経の乱れによる起立性調節障害が原因かもしれません。

今回は起立性調節障害がどのような病気なのか、改善方法などについて解説しております。

起立性調節障害かも?高校生が朝起きれないのは自律神経の乱れを疑おう

起き上がろうとする女性

元々朝は弱い方だったけど、いつからか朝起きれなくなり学校に遅刻したり、欠席が増えてしまい悩んでいる親御さんは、まずは起立性調節障害を疑うようにしましょう。

 

起立性調節障害は自律神経の乱れが原因

起立性調節障害は自律神経の乱れが原因で様々な体の不調が起きてくる病気になります。

  • 朝起きられない
  • めまいや立ち眩みがある
  • 食欲不振
  • 不眠
  • 倦怠感
  • 動悸
  • 頭痛
  • 午前中が調子が悪いが、午後からは元気になる

このような症状があれば起立性調節障害の疑いがあります。

あまり聞きなじみがない病名ですが、新型コロナウイルスの流行に伴い休校、外出自粛などの影響により生活リズムが崩れたために、今までよりも増えている可能性もあります。

また、部活動も練習ができない状況や大会の中止などによるショックなども考えられます。

また、勉強についていけない、友達とうまくいかない、いじめなどにより学校生活でストレスを感じていることでも発症する場合もあります。

決して「甘え」や「怠け」ではありません。

自律神経が乱れることにより心臓のポンプ機能が弱まってしまうため、脳の血流不足となっている状態です。

 

要チェックポイントは血圧と脈拍

今までちゃんと朝起きられたのに、いつからか起きられなくなった場合は起立性調節障害を疑うとともに、まずはチェックしてしてほしいのが、血圧と脈拍です。

自宅にある場合は以下の2通りのパターンで測定してみましょう。

  • あおむけの状態
  • 座った状態、または立った状態

基本的にはあおむけの状態の時の方が血圧、脈拍共に数値は下がります。

しかし、座った状態(立った状態)と比較した時にあまりにも差がある場合は起立性調節障害の可能性が高くるため、病院を受診するようにしましょう。

【当院で治療をした高校生のケース】

  • 寝た状態:112/66、脈拍50
  • 座った状態:117/67 脈拍78

詳細は自律神経失調症に対する鍼灸治療の症例集をご覧ください。

 

【進級・卒業が危うい】高校生の出席日数や単位の問題は学校に相談すべき

義務教育である中学生ならまだしも、高校生ともなると出席日数が足りない、単位が取れていないということで進級や卒業にも影響が出てきてしまいます。

そのため、起立性調節障害と診断された場合は学校側にも事情を話し、病気であることを理解してもらうためにもしっかりと相談するようにしましょう。

学校によってはリモートでの授業を認めてくれる可能性も考えられます。

しかし、学校によってはリモートでの授業に対応してくれないことも十分に考えられます。

その場合は最終手段として通信制の高校に通うということになってしまいます。

学校生活によるストレスからきているのであれば退学して通信制に切り替えることもアリだとは思いますが、多くの方はこの考え方は受け入れがたいと思います。

そのため、退学という最終手段をとらなくても良いように早期診断、早期治療が非常に大切になります。

 

本人も理由が分からなくて悩んでいることを理解してあげる

今までちゃんと起きられていたのに起きられなくなってしまうことに関しては本人にとっても理由が分からなくて悩んでいることがあります。

特に起立性調節障害は午前中に症状がひどく、起き上がれない状態が続きますが、午後になれば普段通りの生活が送れます。

そのため、甘えているとか、怠けているだけではないかと思ってしまいますが、決してそうではないため、まずは理解してあげましょう。

【参考リンク:起立性調節障害になった娘】

 

起立性調節障害は治療をすればちゃんと起きられるようになる

起立性調節障害はしっかりと治療をすれば朝起きられるようにもなりますし、学校にも行けるようになるためご安心ください。

診察を受ける女性

 

受診するのは小児科や内科、心療内科でOK

あまり聞きなじみのない病気であったり、症状からしてどの診療科を受診すればいいのか分かりにくいかもしれません。

  • 内科
  • 小児科
  • 心療内科

起立性調節障害の疑いがあれば上記3つの診療科のどこかを受診すれば診断してもらえるのではないかと思います。

そのため、まずはかかりつけの内科の病院を第一候補に入れておきましょう。

また、学校でのストレスが原因である場合は内科や小児科ではなく、心療内科の方がベターではないかと思います。

治療は主に服薬による治療が行われます。

 

薬が効かない場合は鍼灸治療でも改善可能

病院での治療は服薬での治療となりますが、人によっては効果が出ないということもやはりあります。

その場合は鍼灸治療という選択肢もお考え下さい。

鍼灸治療は鍼を刺すことで交感神経と副交感神経のアンバランスを整えることができるため、起立性調節障害も改善可能となります。

ただし、鍼灸治療は大人であっても抵抗を示す方がいるため、中学生や高校生ではなおさらです。

親御さんとしては鍼灸治療を試したいという気持ちがあっても、治療を受ける本人にその意思がなければ治療はうまくいきません。

そのため、鍼灸治療を受けるかどうかは本人の意思を尊重してあげてください。

詳細は自律神経失調症に対する鍼灸治療の症例集をご覧ください。

 

規則正しい生活リズムと適度な運動も心がけさせよう

自律神経の乱れで起きているため、規則正しい生活とともに適度に体を動かすため運動をするようにしましょう。

起立性調節障害は朝起きられないだけではなく、不眠の症状も伴うケースが多々あります。

そのため、どうしても生活リズムが乱れてしまうため、朝起き上がれないとしてもカーテンを開け日光を浴びて、動けるようになれば体を動かすということが大切です。

また、日によっても症状が違う場合もあるため、調子が良い日は朝から学校に行くようにしましょう。

 

まとめ

起立性調節障害は朝起きられないという症状から「甘え」、「怠けている」と勘違いされてしまうことがありますが、れっきとした病気になります。

特に今までちゃんと起きていたのに起きられなくなった場合はこの病気を疑う必要があります。

簡単なチェックとしては血圧と脈拍があるため、自宅に血圧計があれば簡単に測定できます。

高校生の場合は治療が遅れてしまえばそれだけ出席日数や単位に影響が出てしまいますし、中学生の場合でも内申に影響が出てしまいます。

ちゃんと治療行えば改善する病気になるため、早期発見、早期治療が大切です。

Share

関連記事

妊娠に至るまでの期間

当院で週1回の鍼灸治療を行い自然妊娠に至るまでの期間は平均で約6ヶ月。 比較的多いのがPCOS(多嚢胞卵巣症候群)になりますが、逆に少ないのが病院では問題が見つからない原因不明の不妊症の方。 そのためか、自然妊娠に至るま[…]

[» 続きを見る]

自然妊娠の確率

健康な20代のカップルが避妊をせずに性行為を行なった場合の自然妊娠の確率をご存知でしょうか? コンテンツ1 確率的には25~30%となっています。2 排卵日付近に性行為をしても100%できるわけではないということ。 確率[…]

[» 続きを見る]

超有名な「合谷」というツボの効果について現役鍼灸師が解説します

蓬祥鍼灸院の長谷川です。 数あるツボの中でも「合谷」というツボは一度は聞いたことがあると方も多いと思いますが、実際どのような効果があるのか知りたいと考えていませんか? 合谷は実際に治療をする際にも非常によく使用するツボに[…]

[» 続きを見る]

眠気

問診をしているとちょくちょく出会うのが「眠気」を訴える方。 特に食後の眠気にチェックが入る方は割と多い。 この眠気は以前にもブログで書きましたが、改めてご説明します。 まずは今の医学では2つの要因があります。 【ホルモン[…]

[» 続きを見る]

むち打ち(交通事故治療)

交通事故による症状でこのようなお悩みはありませんか? ・むち打ちによる首の痛み ・整形外科や接骨院に通っているが良くならない ・レントゲンでは問題ないが痛みが引かない ・事故後めまいが起きるようになった 交通事故で最も多[…]

[» 続きを見る]