お尻から太腿、ふくらはぎ、足の指先にかけて痛みや痺れが起きる坐骨神経痛。
この坐骨神経は人体において最も長く、そして最も太い神経になります。

そして、この坐骨神経は比較的皮膚から浅い部分を走行しており、そのため圧迫を受けた際に人体に影響が出やすくなります。

坐骨神経の走行経路は腰の骨の隙間から出て、お尻にある「梨状筋」という筋肉の隙間を通り太腿の裏、膝の裏、ふくらはぎ(後面と側面)を通り指先に終わり、最も圧迫を受けやすいのは「梨状筋」の部分になります。

そして、坐骨神経痛の原因として有名なのが、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症。
その他、腹筋と背筋のアンバランス、長時間イスに座り続けることによる血行不良、精神的なストレスなどでも坐骨神経痛は起きてきます。

また坐骨神経は運動神経だけではなく、知覚神経や自律神経も含んでいるため冷えや鈍感などが起きてきます。
坐骨神経痛の治療は病院では痛み止めの薬やブロック注射などが使用されますが、このような薬を長期間使用すると今度は薬により身体にダメージが蓄積されるためあまりお勧めできません。

そこで現代医学であまり改善されないのであれば鍼灸治療を行なうことで痛みや痺れを改善することができます。
鍼灸治療は坐骨神経痛に対して非常に有効な手段であり、多くの方が坐骨神経痛の治療で鍼灸治療デビューしております。
坐骨神経痛に対する鍼灸治療は主に痺れが起きている部分に鍼を刺したり、時には坐骨神経そのものに鍼を当てることにより治療を行ないますが、当院では頭部や手足で治療を行っておりますが、初回からほぼ痛みは軽減しております。

時に1度の治療でほとんど痛みや痺れがなくなる方もいらっしゃいますが、継続して治療を行なうことでしっかりと改善させることができます。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------