風邪の予防に葛根湯は効果的かどうかの話【結論:予防効果はない】

蓬祥鍼灸院の長谷川です。

徐々に寒くなってきたため、風邪をひきやすい季節になってきましたが、風邪の予防はしているでしょうか?

おそらく大半の方が新型コロナウイルスの感染予防のためにマスクや手洗いをしっかりしていると思うので、いつもの冬よりは風邪をひくことは少ないかと思います。

しかし中にはもっとしっかりと風邪の予防をしたいと考えて、風邪の時に飲む葛根湯を飲めばさらに予防効果が高くなると考えていたり、葛根湯の予防効果がどうなのか気になる方もいると思います。

そのため、今回は風邪の予防に葛根湯が効果的かどうかについてや東洋医学での風邪の考え方、予防法について鍼灸師が解説していきます。

風邪の予防に葛根湯は効果的かどうかの話【結論:予防効果はない】

葛根湯

風邪の予防に葛根湯に効果があるかということに関しての結論としては予防効果はないと言えます。

 

葛根湯に風邪の予防効果はない

葛根湯は風邪の初期の時に服用する漢方薬であるため、予防効果はありませんし、予防目的で飲む物ではありません。

効能としては「解表」という効果があり、体表面にある邪気を発散する効果になります。

葛根湯が適応となるのは東洋医学では「風寒表実証」という状態の時に飲んで初めて効果を発揮してくれる漢方薬になるため、風邪の初期症状である悪寒がない状態で飲んでもあまり意味はありません。

葛根湯 中医学処方解説

 

風邪の予防目的で飲んだ場合の身体への影響

予防効果がないと言われても、やはり気持ちの問題として飲みたいという方もいるかもしれません。

ではこういった場合に体への影響はどうなのか?

個人の体質にもよるためハッキリとしたことは言えませんが、それほど体に悪影響が出ることはないと思います。

しかし、もし服用していくうちに体に不調が出てきた場合にはすぐに止めるようにしましょう。

 

風邪の予防は体調管理が基本

あたりまえですが風邪の予防の基本は日々の体調管理です。

  • しっかり食べる
  • 寝る
  • 身体を温める、または冷やさない
  • 部屋の湿度を50%前後に保つ
  • マスク、手洗い

こういったことを日々の生活でしっかりと行うことで風邪を予防することができます。

意外とできていないこともあるかもしれませんので、チェックしてみましょう。

 

東洋医学での風邪の考え方と予防法

東洋医学

葛根湯にはカゼの予防効果はありませんが、葛根湯は東洋医学である漢方薬になるため、東洋医学による風邪の考え方と予防法についても解説していきます。

 

東洋医学では風邪は「風邪(ふうじゃ)」が侵入して起こる

東洋医学では風邪は「風邪(ふうじゃ)」という自然界にある邪気の1つが体の中に侵入してしまうために起きる症状と考えます。

また、この風邪は「風」単体で体に侵入するケースよりも他の自然界の邪気と共に体に侵入してくるケースが多くなります。

  • 風寒邪:冬、またはエアコンの冷房
  • 風熱邪:夏、またはエアコンの暖房
  • 風湿邪:梅雨

このように2つの邪気と合体して体を襲ってくることもあれば、3つの邪気として身体を襲ってくることもあります。

ちなみに葛根湯は風寒邪の場合に有効な漢方薬になりますが、場合によっては葛根湯では効果がない場合もあります。

 

風邪の侵入経路は背中の「風門」というツボ

背中のツボ

風邪が身体に侵入することでカゼを発症しますが、この風邪が身体のどこから侵入してくるのかが問題となります。

この風邪の侵入口となるのが、背中にある「風門」というツボになります。

この風門から風邪が侵入することで、カゼの初期症状である悪寒のために背中がゾクゾクするという感覚が起きてくることになります。

冬場に薄着でいたり、夏場でも冷房の効いた場所に上半身裸でいたりすることでカゼを引くことがありますが、これは風門から風寒邪や風熱邪が侵入してくることが原因となります。

 

ドライヤーで風門を温め、ツボを強化し風邪の侵入を防ぐ

背中にある風門から風邪が侵入してくることがカゼの原因になるため、カゼを予防するためにはこのツボの状態を良くしておく必要があります。

最もかんたんな方法がドライヤーで背中を温めることです。

冬場であれば大半の方が風呂上がりに髪を乾かすために利用すると思いますが、この時に首筋から肩甲骨の間にかけてドライヤーで温めてあげて下さい。

こうすることでお灸でのセルフケアと同じことができるため、風門のツボを強化でき風の予防にもつながります。

私は鍼灸師になる前は年に4回ほど風邪を引いていましたが、一般的な予防法にプラスして意識して行うようになったところ、風を引くことはなくなりました。

※インフルエンザには一度だけなりましたが・・・

 

まとめ

葛根湯は病院でもよく処方され、ドラッグストアでもかんたんに買うことができるため非常に身近な漢方薬ですが、カゼの初期症状の悪寒がある時に飲むことで効果を発揮するものです。

そのため、予防目的で飲んでもほとんどその効果が発揮されることはありません。

風邪予防の基本はおそらくこれからも変わることなく、体調管理を気をつけることではないかと思います。

さらに東洋医学的な考え方もプラスして、首筋から肩甲骨の内側にかけてをドライヤーで温めてみて下さい。

Share

関連記事

ウイルス感染したくなければスマホも消毒しなければいいけない理由

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 日本では現在コロナウイルスの話題でもちきりです。どのテレビ局でも毎日のようにコロナウイルスに関するニュースばかりです。 コロナウイルスは主に飛沫感染と接触感染により感染するとされて[…]

[» 続きを見る]

バランスを取り合う五臓六腑(内臓)の関係性

本日は東洋医学のお話です。 東洋医学といえば現代医学とは考え方が大きく違うために非常に分かりづらい部分が多々あります。 中でも五臓六腑という内臓のお話となるとどうしても現代医学での臓器のことと混同してしまいがちですが、こ[…]

[» 続きを見る]

今度は秋バテ

こんにちは。 名古屋の鍼灸師・長谷川です。 最近テレビで「秋バテ」という言葉を聞きました。 「○○バテ」と言えば「夏バテ」という言葉しか以前は聞きませんでしたが、数年前から「春バテ」という言葉が誕生し、今年から「秋バテ」[…]

[» 続きを見る]

更年期障害の東洋医学での考え方とセルフケア

コンテンツ1 東洋医学の視点で考える更年期障害1.1 女性の年齢と身体の変化について2 腎虚と更年期障害の関係とは?2.1 なぜ腎虚になると様々な不定愁訴が出るのか?3 少しでも症状を改善するための更年期障害のセルフケア[…]

[» 続きを見る]

異病同治とは

異病同治(いびょうどうち)とは 「西洋医学では異なった病気でも、それぞれの病気を引き起こしている原因が同じであれば治療法は同じ」。 ここで言う原因と言うのが、日々の生活習慣からなる個々の「体質」ということになります。 こ[…]

[» 続きを見る]