脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症で医師からオペを勧めらているが、オペをしたくない場合に鍼灸治療を選択される方が多くいらっしゃいますが、この様な場合はまず2~3回ほど治療を行ないます。
そして痛みや痺れが緩和され、歩行距離や歩行スピードに変化が出てくればオペは回避することができます。

ただし、膀胱直腸障害やすでに自力での歩行が難しい場合はオペをすることをお勧めします。

現在、腰部脊柱管狭窄症で治療を始めて4ヶ月の患者様。
当初は10分ほどの歩行で足に痛みが起っており、担当医からはオペを勧められていた。
治療開始してしばらくは週1回の治療ペース、6回治療した頃から日常生活においては痛みがほぼなくなってきたため、月2回に変更。
その後は8月・9月と月1回の治療にすると痛みが出ることはありますが、治療を行なえば痛みが取れた状態で帰宅できており、日常生活にも問題ないほどに回復。

ただ問題があるとすれば、鍼灸治療を始めてから病院で医師の診察や検査などを1度も受けていないこと。
経過報告もかねて病院には行きましょう。

Share

関連記事

医療費控除してますか?

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 今日はいつもより少し温かくなる予報で、最近は日の入り時間が少し遅くなってきたため、春はもうすぐそこまで来ている感じがします。 そして、毎年この時期といえば個人事業主にとってはや[…]

[» 続きを見る]

つわりはいつからいつまで続くの?【人によっては出産するまであり】

妊娠したらつわりで苦しむものだと思っていたのにまだ症状がなかったり、妊娠してすぐにつわりが始まり食べれなかったり吐き気がひどいため、この症状がいつまで続くのか知りたい方へ。 今回はつわりに関する疑問や辛いこの時期を乗り越[…]

[» 続きを見る]

母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。 その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。 ①肝鬱気滞 ②気血両虚 ①に関してはストレスが原因となります。 肝と関連している経絡が乳房の周りを走行[…]

[» 続きを見る]

筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例 2019年5月来院。 4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方された[…]

[» 続きを見る]

女性の無理なダイエットがもたらす代償とは?

コンテンツ1 無理なダイエットがもたらす代償2 無月経とダイエットとの関係は?2.1 ダイエットによる無月経を阻止するためには?2.2 パリコレモデルも無理なダイエットはしていない!3 ダイエットによる無月経の治療法は?[…]

[» 続きを見る]