脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症で医師からオペを勧めらているが、オペをしたくない場合に鍼灸治療を選択される方が多くいらっしゃいますが、この様な場合はまず2~3回ほど治療を行ないます。
そして痛みや痺れが緩和され、歩行距離や歩行スピードに変化が出てくればオペは回避することができます。

ただし、膀胱直腸障害やすでに自力での歩行が難しい場合はオペをすることをお勧めします。

現在、腰部脊柱管狭窄症で治療を始めて4ヶ月の患者様。
当初は10分ほどの歩行で足に痛みが起っており、担当医からはオペを勧められていた。
治療開始してしばらくは週1回の治療ペース、6回治療した頃から日常生活においては痛みがほぼなくなってきたため、月2回に変更。
その後は8月・9月と月1回の治療にすると痛みが出ることはありますが、治療を行なえば痛みが取れた状態で帰宅できており、日常生活にも問題ないほどに回復。

ただ問題があるとすれば、鍼灸治療を始めてから病院で医師の診察や検査などを1度も受けていないこと。
経過報告もかねて病院には行きましょう。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

うつ病の症例

30代女性。 2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。 大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニ[…]

[» 続きを見る]

不正出血について

月経時以外に出血するものを不正出血といいますが、不正出血の原因は西洋医学的には非常に多くの原因があり、子宮体ガンや子宮頸ガンが隠れている場合もあるため注意が必要になってきます。 東洋医学ではこの不正出血の原因は脾不統血の[…]

[» 続きを見る]

秋の花粉症の特徴でもある辛い咳の症状を改善するためのセルフケア方法

秋になると花粉症の症状として咳が出て辛かったり、なぜ秋の花粉では咳が出るのか知りたい方へ。 秋の花粉症は春と同じく鼻水、鼻づまり、くしゃみももちろんありますが、咳が長引いたり、激しい咳が出てしまう方も少なくありません。 […]

[» 続きを見る]

鍼灸師になるには

こんにちは。 名古屋の鍼灸師・長谷川です。 本日より新治療院にてインターネットと電話が利用でいるようになりました。 インターネットが利用できないと今の時代ものすごく不便であることを実感した2週間でした。 本日は鍼灸師にな[…]

[» 続きを見る]

コロナワクチン接種後に生理不順?女性が覚えて起きたいワクチン事情

新型コロナの予防のためにワクチンを打ちたいが、ワクチン接種後の生理に何かしらの影響がないか心配であったり、生理不順になるか気になっていませんか? または、すでに接種済みだがワクチン接種してから生理不順になっているけど関係[…]

[» 続きを見る]