耳鳴りと鍼灸

耳鳴りは現代額では「治すより慣れろ!」と言われる現代医学では治りにくい疾患の1つになります。
そもそも耳鳴りというのは誰にでも起きているもので、完全防音の部屋にいれば小さい音ではありますが耳鳴りは起こりますし、誰でも一度は経験したことがあると思います。

人により「キーン」という高音の耳鳴り、「ジー」という低音の耳鳴りなど音のなり方や大きさは違いますが、場合によっては日常生活に影響が出る方もいらっしゃいます。

原因は大まかに分けると

・加齢

・ストレス

・他の病気

耳鳴りが起きる病気としては、メニエール病、突発性難聴、耳管狭窄症、自律神経失調症、耳硬化症、中耳炎、風邪による高熱、脳腫瘍、脳出血、脳幹梗塞など多岐にわたり、脳の問題でも起きることがあるため、まずは病院で検査を受けることをお勧めします。

そんな耳鳴りですが、鍼灸治療で簡単に治るケースと治りにくいケースがあります。
早期に治療を行なうことができれば比較的簡単に治ることが多く、逆に高齢者や何年も前から発症している場合は時間がかかることが多くなります。

Share

関連記事

聴力検査アプリの実力

以前にもブログでご紹介した「聴力検査アプリ」ですが、アプリのレビューにある通り、耳鼻科で行なう聴力検査とほぼ同じ結果になることが何名もの患者さんへの追試で分かりました。 ただ問題点もあります。 その問題点とは検査を行なう[…]

[» 続きを見る]

早期治療の大切さ

どんな病気でも早期発見・早期治療は大切です。 これは現代医学でも東洋医学でもやはり同じ。 特に以前から感じているのは耳鳴りや難聴は何年も前からとなるとなかなか難しいケースに出会うことがある。 多くの方は発症してから数ヶ月[…]

[» 続きを見る]

聴力検査アプリ

最近、耳鳴りや難聴の方が来院されることが多いため、自分でも治療後に聴力の回復具合の目安となることができないだろうか?と悩んでいました。 そこで、駄目もとでスマホのアプリで検索すると「聴力検査」というアプリを発見! なかな[…]

[» 続きを見る]

頭がボーっとする

30代女性。 2年ほど前から頭がボーっとして集中力が続かないという症状が出始める。 舌を診ると白いコケがべったりと付いている白じ苔という舌をしており、問診の結果今は週末だけにしてはいるが、元々はお酒好きで、魚よりも肉が好[…]

[» 続きを見る]

低音障害型難聴に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 37歳 女性 低音障害型難聴2 体表観察、弁証、治療について3 考察 37歳 女性 低音障害型難聴 今年のGW明けの週末の昼休み中に会社でテレビを観ているとテレビから聞こえてくる音や周りの人の声が二重に聞こ[…]

[» 続きを見る]