メニエール病と遺伝の関係【遺伝はしないが親子は同じ病気に要注意】

両親、または自分がある日突然メニエール病になってしまったが、果たして遺伝性ってあるのだろうか?

このような疑問を持たれる方は多いと思います。

今回はメニエール病が遺伝する可能性についてや、親子が同じ病気になりやすい理由について解説していきます。

メニエール病って遺伝するの?

めまいに悩む女性

メニエール病に遺伝性があるかどうかについては色々研究されていますが、現段階ではこのようなことが言えます。

  1. 西洋医学では遺伝の関係は確認されていない
  2. 【今後は不明】メニエール病は解明されていない部分がたくさんある
  3. 東洋医学的には遺伝する可能性がある

 

西洋医学では遺伝の関係性は確認されていない

メニエール病に関しては西洋医学では現在のとろこ遺伝性は確認されていないため、親がメニエール病になったとしても、遺伝的な要素が原因で将来的に子供もメニエール病を発症してしまうという訳ではありません。

そのため、親がメニエール病になったことがあり、自分がひどい回転性のめまいや難聴に襲われたとしても、遺伝的に自分もメニエール病になっているとは限りません。

メニエール病は遺伝的な素因よりもストレスで発症することが多いのがこの病気の特徴ともいえます。

また、診断も難しい部分があるため、原因が分からないめまいの場合にメニエール病と診断されてしまっている場合も多くあり、実際には違っている場合もあります。

 

【今後は不明】メニエール病は解明されていない部分がたくさんある

メニエール病に遺伝性は確認されていませんが、あくまでも現段階での研究結果の話です。

この病気自体が解明されていない部分が多く、現在では耳の中の内リンパ水腫と言われていますが、真の原因は不明とされています。

そのため、今後数十年の間にこの病気の真の原因や、何かしらの遺伝的素因が発見される可能性は0ではないと思います。

実際に親子でメニエール病を発症してしまうことはあるため、今後の研究次第では遺伝性も認められるかもしれません。

 

東洋医学的には遺伝する可能性がある

東洋医学的には遺伝する可能性は十分考えられます。

正確に言いますと、遺伝とは少し違いますが、親子は同じ病気にかかりやすい傾向にあります。

東洋医学では病気を診るのではなく、一人ひとりの体質を見て治療をしていきますが、この体質が親子では似る傾向があるため、体質的な要素で同じ病気を発症しやすくなります。

そのため、東洋医学的な体質から考えると、メニエール病だけではなく、色々な病気を親子そろって発症する可能性が考えられます。

 

親子が同じ病気になりやすい理由

泣く親を見つめる子供

親子で同じ病気になりやすい理由は遺伝的な素因も関係してきますが、それ以上に体質が似てくることが関係します。

よく聞くのが心疾患の家系とか、薄毛の家系、ガン家系などがありますが、このように親子や家系で同じ病気になりやすい理由としては以下のようになります。

  1. 親子は同じような生活習慣をする
  2. 親のストレスは子供にとってもストレスになる

 

親子は同じような生活習慣をする

「親子は同じような生活習慣をする」と聞いて、「ハッ!」とされるかともいるかと思いますが、これは本当の話です。

特に食生活に関しては如実に表れてきます。

  1. 野菜をあまり食べない
  2. 肉食
  3. 大食い
  4. 親子で好き、嫌いな食べ物が同じ

人の体は毎日の食事でできているため、どのような食生活を送っているかで体の状態が変わってきます。

しっかりとバランスの良い食事を心がけていれば健康な体でいられますし、食生活が乱れていれば体は悪い方へ傾いてしまいます。

東洋医学の観点から体を診ていくと食生活が原因でメニエール病になっている方もボチボチ見かけます。

運動が嫌いな両親の場合は子供も運動嫌いになってしまう可能性も否定はできません。

そのため、子供も自分と同じ病気にならないようにするためにも、子供の健康状態はしっかりと管理してあげてください。

また、自分の生活習慣も見直してみてください。

 

親のストレスは子供にとってもストレスになる

親のストレスは子供にとってもストレスになるというのはどういうことか分かりますか?

子供というのは小さい頃から親の顔色をうかがいながら生活しているため、鍼灸治療の業界では「子供の病気は親を見ろ」と言われています。

特に以下のような場合は要注意となります。

  1. 夫婦仲が悪い
  2. 仕事のストレス発散を家出している
  3. 子供に干渉しすぎる毒親

夫婦仲が悪かったり、仕事のストレスのはけ口が家庭内にある場合は小さい子供はビクビクしながら生活をし、ストレスを抱え込んでしまいます。

大人との違いはこのストレスの発散がうまくできなかったり、発散のさせ方が分からないことで、限界までため込んでしまい一気に爆発してストレス性の病気を発症してしまいます。

特に多いのが、うつ病などの精神疾患になってしまった場合に子供も同じように精神疾患になりやすい傾向があります。

そのため、親がストレスからメニエール病になった場合、将来的にはその子供もストレスから同じ病気になる可能性もありますし、別の病気になってしまう可能性もあり得ます。

 

まとめ

メニエール病自体は現時点では遺伝性を確認されていませんが、真の原因がわかっていない病気のため、今後は遺伝性を認められてもおかしくない病気になります。

そのため、大切なことは病気にならないことです。

メニエール病はストレスから発症するケースが多いため、しっかりとストレス発散することと、生活習慣を見直すことで予防することは十分可能となります。

Share

関連記事

治療を受けても良くならない方の特徴

治療を行っているとすぐに良くなる方となかなか良くならない方がいる。 基本的には症状が出てすぐに治療を行えれば早く良くなり、数ヶ月~何年も前からというケースでは治療に時間がかかることが多くなります。 しかし、中には症状が出[…]

[» 続きを見る]

眠気②

前回は現代医学の観点から食後の眠気について書いたので、今回は東洋医学の観点からのお話です。 東洋医学では食後の眠気の原因は主に2つ。 1.脾気虚(胃腸の弱り) 2.湿邪の停滞 まずは脾気虚という胃腸の弱りについて。 脾と[…]

[» 続きを見る]

刺絡は誰にでもできる治療ではない

刺絡は抜群の治療効果を持っているが、誰にでも行なうことができない治療法。 しかし、中にはバンバンこの治療法を用いている治療院も存在する。 刺絡には自律神経系を整える効果があるという考え方をしている治療者は比較的刺絡を簡単[…]

[» 続きを見る]

子宮筋腫とエストロゲンの関係

閉経後も子宮筋腫が小さくならない こんにちは。名古屋の鍼灸師こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。 子宮筋腫とエストロゲンの関係ですが、一般的には子宮筋腫はエストロゲンの影響で大きくなり、閉経することによりエストロゲンの分泌が少な[…]

[» 続きを見る]

花粉症の症状は朝が1番辛い?モーニングアタックとは

こんにちは。 元アレルギー性鼻炎の蓬祥鍼灸院 長谷川です。 本日は花粉症の方にとってはおなじみとも言える寝起きの花粉症の症状に関してのお話です。 私自身アレルギー性鼻炎でしたが、モーニングアタック自体は経験したことがない[…]

[» 続きを見る]