梅雨の体調不良の原因は湿気【改善すべきは胃腸の状態です】

梅雨の時期になると頭痛やめまい、食欲不振、吐き気などの体調不良に悩んでいませんか?

もし、このような悩みがあるのなら、胃腸の状態が悪いことが原因で起きているかもしれません。

今回は梅雨の時期の体調不良がなぜ起きるかについてや改善方法などについて東洋医学的な面から鍼灸師が解説していきます。

梅雨の時期の体の不調の原因は湿気【東洋医学的な解説】

湿度計

梅雨の時期になるとなんだか体調が悪くなるという方は湿気によって体の不調が起きていることになります。

湿気がどのように体に影響を与えるのかを東洋医学的に解説していきます。

  1. 東洋医学では湿気を「湿邪」と呼ぶ
  2. 胃腸に問題があると湿気(湿邪)の影響を受けやすい
  3. 湿気は重く、粘り気があるため体の不調は長引きやすい

 

東洋医学では湿気を「湿邪」と呼ぶ

東洋医学では湿気を「湿邪」と呼び、自然界の中にある邪気の1つとして考えます。※風、暑、湿、燥、寒

この湿邪が体に入り込んでくることにより、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振、むくみなど様々な体の不調を引き起こすことになります。

梅雨の時期は雨が続き、非常に湿気が多くなるため体への影響は多くなります。

 

胃腸に問題があると湿気(湿邪)の影響を受けやすい

胃腸に問題があると湿邪の影響を受けやすくなります。

湿邪というのは水の塊になりますが、東洋医学では体の中の水の運搬を行っているのが脾胃という胃腸系になります。

そのため、この脾胃がもともと弱い、または食べ過ぎや飲みすぎなど胃腸に負担をかける食生活を送っていることで体の中の水分代謝が悪くなり、体の不調が起きてくることになります。

 

湿気は重く、粘り気があるため体の不調は長引きやすい

湿気が多いと体が重く感じたり、ベタベタすると思いますが、これが湿邪の性質でもあります。

湿邪の性質としては

  1. 重濁性
  2. 粘帯性
  3. 下注性があり下部を犯しやすい

重くて、ベタベタしていて下に溜まりやすいということになりますが、特に粘体性というベタベタしている性質があり、治療をする時も体の中にはしつこく残りやすいため改善に至るまでには少々時間がかかりやすくなります。

また、体が重く感じるのもこの湿邪の重濁性や下注性により下半身に湿邪が溜まりやすいためです。

 

梅雨の体調不良を改善する方法【胃腸の状態を整えるのがポイント】

梅雨の時期に体調不良になるのであれば、胃腸の状態を整える必要があります。

しかし、中には胃腸の不調を感じていない方もいると思いますが、西洋医学と東洋医学では少し意味合いが変わってきます。

東洋医学では胃腸の働きの中には食欲と関係する「受納と腐熟」という働きがありますが、これ以外にも体の中の水の運搬にも関係しています。

そのため、梅雨の時期に体調が悪くなる方は東洋医学的には水の運搬機能が低下していることになります。

中には食欲自体も低下している方もいると思いますが、何れにせよ梅雨の時期に頭痛、めまい、吐き気、むくみ、湿疹などの体調不良が現れるの出れば胃腸の状態を整えることがポイントになります。

 

甘いもの、味の濃いもの、飲酒、水分の摂りすぎに注意する

甘いもの、味の濃いもの、飲酒、水分のとりすぎには注意しましょう。

甘いものや味の濃いもの、酒は食べ物の性質としては湿邪の塊のようなものです。

水分は湿邪のもとになるため、摂りすぎることで湿邪がひどくなりますし、冷たい水やビールなどを常に飲んでいればどんどん胃が冷えていくことになります。

また、健康法として毎日大量に水を飲むということは誰でもやっていい健康法というわけではありません。

メニエール病の方の中には医師から「水をたくさん飲んで」と指示される方もいますが、もしメニエール病の原因が東洋医学の観点から考えて湿邪が原因であれば逆効果となります。

 

セルフ灸

セルフ灸で胃腸の働きを改善する。

お灸はドラッグストアやネットで簡単にに購入することができ、自宅でもすることが可能なのでセルフケアとしては非常におすすめです。

胃腸の状態を整えるためにおすすめのツボは以下になります

  1. 足三里
  2. 陰陵泉
  3. 太白
  4. 公孫
  5. 豊隆

 

運動をして汗をかく

運動をして汗をかき、体の中の湿邪を取り除く。

湿気(湿邪)の原因は水になり、体の中に溜まった余分な水分を汗として外に出すようにしましょう。

ただし、水を摂りすぎてはいけないからと言って水分補給をおろそかにしてしまうと脱水症状を引き起こしてしまうため、適度に水分補給はしてください。

 

こんな舌は要注意【舌で診る体の中の湿気の状態】

東洋医学の観点から胃腸の状態を見る方法はいくつかありますが、一般の方でも分かりやすいのが舌の状態を確認することです。

いくつかの舌の状態の説明と画像を載せておきますので、参考にしてみてください。

 

舌に歯形がついている【歯痕舌】

歯痕舌

胃腸の状態が弱っている状態の代表的な舌になります。

 

舌に白い苔がべったりとついている【白じ苔】

白じ苔

体の中に湿邪がかなり溜まっている状態の舌になり、甘いものや飲酒過多の方によく見られる舌になります。

ただし、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を食べた後だと、誰でも舌の色は白くなりますが、この場合は除外します。

 

舌がむくんでいる【半どん舌】

体の中に水分が停滞している時に見られる舌でまさに舌が浮腫んでいる状態です。

 

舌に黄色い苔がべったりとついている【黄じ苔】

黄じ苔

湿邪+熱が体の中にたまっている時に見られる舌の状態になり、味の濃いものが好きな方やや飲酒が多い方にも見られます。

 

舌のコケが一部剥がれている【剥落苔】

剥落苔

胃腸の状態がかなり悪い時に見られる舌です。

自分で舌のコケを掃除したわけではなく、あくまでも自然にこういった舌が見られる場合はかなり悪い状態です。

 

まとめ

梅雨の時期の体調不良の原因は湿気という湿邪が体に入り込むことで起きてきますが、根本的には胃腸の状態が悪いことが原因となってきます。

自覚がなくとも胃腸の状態が悪い方は多くみられますが、改善するためには根気よく治療をしていくことと、普段からのセルフケアが重要になります。

梅雨の時期でも元気に過ごすためには生活習慣を見直すようにしましょう。

Share

関連記事

出産報告いただきました

当院に不妊治療で来院されていた方からお手紙をいただきました。 週一回の治療を7ヶ月ほど継続し、40歳で第一子を自然妊娠、41歳で出産。 妊娠中はつわりや逆子などで大変だったそうですが、無事に出産されたそうです。 高齢出産[…]

[» 続きを見る]

最後に行きつくのが鍼灸治療

先日患者さんとの会話で、「世の中には色々な治療があるけど、最終的に辿り着くのは鍼灸だね。」というお話になりました。 やはり鍼灸治療は鍼灸治療は「痛い」という先入観から敬遠されがちなのでしょう。 何を隠そう、この方もご自身[…]

[» 続きを見る]

妊娠報告

昨年の11月からお越しの30代女性。 黄体機能不全による不妊症でしたが、この度、自然妊娠のご報告をいただきました。 治療は腎陰虚>肝鬱化火と考え、左照海を基本とし、百会や左太衝、左内関から治療のたびに反応を診て使用。 治[…]

[» 続きを見る]

つわりはいつからいつまで続くの?【人によっては出産するまであり】

妊娠したらつわりで苦しむものだと思っていたのにまだ症状がなかったり、妊娠してすぐにつわりが始まり食べれなかったり吐き気がひどいため、この症状がいつまで続くのか知りたい方へ。 今回はつわりに関する疑問や辛いこの時期を乗り越[…]

[» 続きを見る]

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎とは俗にいう蓄膿症になり、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞からなる副鼻腔という空洞に細菌やウイルス感染により炎症が起き、鼻づまりや鼻水、頭痛、頭重感、歯痛、嗅覚の低下、後鼻漏(鼻水が喉に落ちる)などの症状が出ます[…]

[» 続きを見る]