肺が悪いと尿の出が悪くなる?

肺と膀胱は解剖学的にはまったく関係性を持っていない臓器になりますが、東洋医学的にはとても関係のある臓器になります。
膀胱は尿の貯蓄と排泄を行なうため水分代謝に関わっている臓器になりますが、実は肺も水分代謝に関わっています。

肺は東洋医学では水分を全身に散布することにより皮膚に潤いを与えていますが、余分な水分を腎に送り、尿に代わり膀胱から排泄されます。
そのため、肺の力が弱まることにより腎へ水分を送ることができなくなれば尿量が減少するだけではなく、尿の出も悪くなってきます。

イメージとしては缶切りを使用するタイプの缶詰の水切りです。

水を切る際どのように切りますか?
ザルに空ける!という答えはなしにして下さい(笑い)
1箇所に穴を開けますか?
それとも2箇所に穴を開けますか?

1箇所に穴を開けた場合水の出が悪いということを経験したことはないでしょうか?
これは空気の通りがないために出が悪くなっていますが、2箇所に穴をあけた場合は水を出す穴以外に空気の通り道が確保されるため水の出が良くなります。
この2つの穴を臓器に例えるとこのようになります。

・水を出す穴=膀胱

・空気の通り道としての穴=肺

そのため、尿の出が悪い場合には膀胱へのアプローチだけではなく、肺へのアプローチをすることにより尿の出を良くすることができます。

Share

関連記事

月経後のPMS

多くの方のPMSによる症状は「月経前」に起きるが、中には月経後もイライラや気分の落ち込みなどが続く、または月経後の方が酷くなるという方もいらっしゃいます。 これは東洋医学では「血虚」という体質が関係してきます。 月経前は[…]

[» 続きを見る]

更年期障害 56歳 女性

主訴:更年期障害によるさまざまな症状・肩こり・腰痛 2年ほど前から更年期障害とみられるさまざまな症状が現れ、症状は疲れやすさ・倦怠感・手足の冷え・お腹の張り・むくみ・抑うつ感・体が重だるい・胃もたれしやすい・胃痛・頭痛・[…]

[» 続きを見る]

呼吸器の問題=肺ではない

呼吸や呼吸器系に問題が起きると「肺」に問題があると考えるのが普通でしょう。 しかし、東洋医学では呼吸器系の問題=肺の問題とは考えません。 確かに肺の問題であることは多々あるが、そこは東洋医学の不思議な部分でもあり、まった[…]

[» 続きを見る]

人生の1/3は寝ている

枕のお話です。 睡眠時間は人生の1/3と言われるため、質の良い睡眠を行なうためには自分に合った枕は必要不可欠。 先日、枕を買い換えましたが、見事に合わず・・・返品。 そして、買い直した枕も撃沈・・・ 夜中に2度目が覚めま[…]

[» 続きを見る]

現治療院での診療終了

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 現治療院での診療が終了いたしました。 開業して8年間お世話になった部屋を片付けていますが、やはり少し寂しい感じもあります。 本日は朝からリサイクルショップの方に来てもらい、買取可能[…]

[» 続きを見る]