肺が悪いと尿の出が悪くなる?

肺と膀胱は解剖学的にはまったく関係性を持っていない臓器になりますが、東洋医学的にはとても関係のある臓器になります。
膀胱は尿の貯蓄と排泄を行なうため水分代謝に関わっている臓器になりますが、実は肺も水分代謝に関わっています。

肺は東洋医学では水分を全身に散布することにより皮膚に潤いを与えていますが、余分な水分を腎に送り、尿に代わり膀胱から排泄されます。
そのため、肺の力が弱まることにより腎へ水分を送ることができなくなれば尿量が減少するだけではなく、尿の出も悪くなってきます。

イメージとしては缶切りを使用するタイプの缶詰の水切りです。

水を切る際どのように切りますか?
ザルに空ける!という答えはなしにして下さい(笑い)
1箇所に穴を開けますか?
それとも2箇所に穴を開けますか?

1箇所に穴を開けた場合水の出が悪いということを経験したことはないでしょうか?
これは空気の通りがないために出が悪くなっていますが、2箇所に穴をあけた場合は水を出す穴以外に空気の通り道が確保されるため水の出が良くなります。
この2つの穴を臓器に例えるとこのようになります。

・水を出す穴=膀胱

・空気の通り道としての穴=肺

そのため、尿の出が悪い場合には膀胱へのアプローチだけではなく、肺へのアプローチをすることにより尿の出を良くすることができます。

Share

関連記事

ゴーヤーの苦味成分

ここ数日は梅雨明けしたのではないかと思うぐらい暑くてたまらず、ついに自宅でもエアコンデビューしました。 こんな暑い日には冷たい飲み物やアイスが恋しくなりますが、やはりこういったものは摂りすぎは注意しなければいけません。 […]

[» 続きを見る]

貧乏ゆすりの効果

はぁ?っという感じのタイトルですが、まじめな話です。 世間一般では貧乏ゆすりは行儀が悪い行為になりますが、意外とこの貧乏ゆすりの効果は侮れません。 貧乏ゆすりは足を小刻みに動かすため、足の筋肉を使うことになります。 その[…]

[» 続きを見る]

刺絡の効果

鍼治療といえば髪の毛ほどの細さの鍼をツボに刺す治療のことになるが、実はこれ以外にも少し特殊な治療法が存在します。 それが「刺絡」という治療法。 刺絡とは指先や皮下にある毛細血管に特殊な鍼を刺し、瘀血(おけつ)と呼ばれる悪[…]

[» 続きを見る]

2015年の花粉飛散量情報

ウェザーニュースから来年2015年の花粉の飛散量の情報が発表されました。 来年は東日本では平年の3~5倍ほど、西日本では平年の1~3倍。 もう少し地域を絞ると、東海地方は多いところで平年の5倍のところもあるようです。 2[…]

[» 続きを見る]

格安sim使ってます!

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 まず初めに、今回のブログは鍼灸とは何の関係もありませんので、気になる方だけ読んでください。 さて、当院では治療のこと以外にも患者様とは色々な話をしていますが、ちょくちょく話題に[…]

[» 続きを見る]