肺が悪いと尿の出が悪くなる?

肺と膀胱は解剖学的にはまったく関係性を持っていない臓器になりますが、東洋医学的にはとても関係のある臓器になります。
膀胱は尿の貯蓄と排泄を行なうため水分代謝に関わっている臓器になりますが、実は肺も水分代謝に関わっています。

肺は東洋医学では水分を全身に散布することにより皮膚に潤いを与えていますが、余分な水分を腎に送り、尿に代わり膀胱から排泄されます。
そのため、肺の力が弱まることにより腎へ水分を送ることができなくなれば尿量が減少するだけではなく、尿の出も悪くなってきます。

イメージとしては缶切りを使用するタイプの缶詰の水切りです。

水を切る際どのように切りますか?
ザルに空ける!という答えはなしにして下さい(笑い)
1箇所に穴を開けますか?
それとも2箇所に穴を開けますか?

1箇所に穴を開けた場合水の出が悪いということを経験したことはないでしょうか?
これは空気の通りがないために出が悪くなっていますが、2箇所に穴をあけた場合は水を出す穴以外に空気の通り道が確保されるため水の出が良くなります。
この2つの穴を臓器に例えるとこのようになります。

・水を出す穴=膀胱

・空気の通り道としての穴=肺

そのため、尿の出が悪い場合には膀胱へのアプローチだけではなく、肺へのアプローチをすることにより尿の出を良くすることができます。

Share

関連記事

花粉患者さん増加中

今年も1/4が終わろうとしています・・・ こういう言い方をすると時間の流れがとても早く感じますが、明日から新年度の始まりです! 環境がガラッと変わる方もいらっしゃるかと思いますが、体調にはお気をつけ下さい。 さて、22日[…]

[» 続きを見る]

経穴(ツボ)と経絡

経絡とは専門的な言い方をすると気血の通り道ということになりますが、何となくこの言葉は受け入れがたい言い方にもなってしまします。 なので分かりやすい表現をすると経絡とは線路や路線と言われます。 ガタン、ゴトン、ガタン、ゴト[…]

[» 続きを見る]

へバーデン結節

おはようございます。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 最近朝から手がこわばったり、指が痛い、または何か指の関節が腫れている・・・ もしかして「リウマチ!?」 というお悩みの方はまずは病院で血液検査をしてみましょう。もし[…]

[» 続きを見る]

ジストニアに対する鍼灸治療

ジストニアとは脳の大脳基低核という部分に何らかの異常が起きることにより、自分の意思とは関係なく筋肉が収縮し、筋肉が緊張した状態が起こってしまう神経系の難病になり、命の関わることはありませんが、日常生活には大きな影響が出て[…]

[» 続きを見る]

うつ病克服

先日、うつ病で来院されていた30代女性の患者様がうつ病を克服しご卒業されました。 治療期間は5ヶ月。 最終日は初回の時とは見違える程にとても良い表情をされており、あのまま病院で治療を続けていたらどうなっていたかも分からな[…]

[» 続きを見る]