エアコンを付けると出てくる喘息症状【エアコンのカビが原因かも?】

エアコンを使う時期になると咳喘息の症状が酷くなったり、または謎の体調不良になることはありませんか?

もしそうなら、喘息や咳が酷くなる原因はエアコン内部のカビが原因かもしれません。

今回はエアコンのカビと喘息症状についてやエアコンクリーニングの必要性について解説していきます。

エアコンのカビによる喘息を疑う3つのチェックポイント

エアコンのカビ

エアコンのカビによる喘息を疑うチェックポイントは3つあります。

  1. 喘息症状がエアコンを付けると酷くなる
  2. エアコンを買ってから1回もクリーニングしていない
  3. フィルターしか掃除していない

もし、すべて当てはまるのであればあなたの喘息が酷くなる原因はエアコン内部のカビが原因かもしれません。

 

喘息症状がエアコンをつけると酷くなる

エアコン内部に発生したカビがエアコンの風によって室内にばらまかれ、このカビを吸い込むことでアレルギー症状が酷くなります。

 

フィルターしか掃除していない

エアコンのクリーニングといえばフィルター掃除というイメージがあるかもしれませんが、フィルターの掃除だけではエアコン内部にカビが発生してしまいます。

本当にクリーニングしなければいけないのはエアコン内部の「ファン」と「フィン」の部分です。

エアコンの本体(外側)のカバーを開けた時に出てくる格子状の部分がフィン、送風口の奥にある黒い回転するものがファンになります。

 

エアコンを買ってから1回もクリーニングしていない

エアコンを買ってから1回もクリーニングをしていない場合は要注意です。

エアコンのクリーニングはできれば使用する時期の前後のどちらかにクリーニングをしなければ、カビが発生していた場合にカビの胞子を含んだ空気を体内に取り込むことになります。

エアコンの送風口を開けて内部を見た時にほこりのようなものが付いていれば、それがカビになります。

私も初めて見た時は「こんな汚れた空気を吸っていたのかと・・・」とゾッとしました。

カビを発生さえないことはもちろんですが、エアコンの寿命を延ばすためにも必要です。

 

エアコンをクリーニングしなければいけない理由【カビは健康に影響する】

吸入する子供

カビは喘息による咳症状の原因にもなりますが、喘息以外にも健康に与える影響があります。

  1. 食中毒
  2. アレルギー性鼻炎
  3. 肺炎
  4. 真菌感染症

エアコンをクリーニングしないことでこのような影響が体に出てくる危険性があります。

特に免疫力が低いであろう高齢者や小さい子供がいる場合は要注意です。

 

エアコンのクリーニング方法

エアコンのクリーニング

エアコンのクリーニングの理想は毎年使用する時期の前後にするのが良いのですが、最低でも2~3年に1回はクリーニングする必要があります。

また、エアコンのクリーニングは自分ですることもできますが、確実なのは業者に任せることです。

 

自分でクリーニングする方法

エアコンのクリーニングは市販のクリーナを使うことで自分でも簡単にすることができます。

特に綺麗にしなければいけないのがエアコン内部のファンとフィンの部分です。

どちらも専用の洗浄剤がネットや東急ハンズ、ホームセンターなどで売っており、クリーニング自体もそれほど難しくはありません。

ただし、あまりにもカビがひどい場合は限界があるため、まずはどれぐらい汚れているか状態を確認しましょう。

【エアコンファン洗浄剤】はこちら

【エアコンフィン洗浄スプレー】はこちら

 

業者に任せるのが1番確実

エアコンのクリーニングは自分でもできますが、確実に綺麗になるのが業者に任せることです。

料金も1台で1万円前後になるため、2~3年に1回であればそれほど大きな負担になることはないはずです。

そのため、基本的には自分で行い、2~3年に1度は業者に任せるようにしましょう。

 

業者にクリーニングを頼むならシーズン前後がお値打ち

エアコンのクリーニングは使う前か後に行うのが良いのですが、その理由の1つとしてクリーニング代金の変動があります。

どこの業者もシーズンに入ると依頼が殺到することになるため、料金はやや高めになりますが、シーズン以外は料金は下がります。

そのため、クリーニング代を少しでも抑えたい方はエアコンを使わない時期にクリーニングの依頼をするようにしましょう。

 

エアコンにカビを発生させにくくする方法

エアコンはクリーニングをすれば綺麗にはなりますが、もう1つ大切なことがカビを発生させにくくすることです。

エアコンがきれいな状態を保つことができればクリーニングの頻度は下げることができます。

エアコンにカビを発生しにくくする方法は

  1. 冷房と除湿(ドライ)運転後には送風運転にする
  2. お掃除機能付きのエアコンでもクリーニングをする

1つずつ見ていきましょう。

 

冷房と除湿(ドライ)運転後は送風にする

冷房と除湿(ドライ)運転後はエアコン内部を乾燥させ結露を防止するために送風運転にする。

冷房と除湿運転をするとエアコン内部では結露が生じますが、この時に発生する結露とエアコンが吸い込んだホコリがやがてカビになります。

そのため、この結露を乾燥させるためにエアコンをいきなり切るのではなく、1~1時間半後に切れるようタイマーをセットし送風運転にすることでエアコン内部を乾燥させます。

ただし、エアコンによっては乾燥機能や送風ができない機種もありますが、この場合は設定温度を最大まで上げることで同じ状態になります。

今のエアコンは内部クリーン機能が付いているものもありますが、この機能がついているのであればしっかりと活用しましょう。

メーカーによっては乾燥機能、お掃除機能になっていますが、同じ機能になります。

 

内部クリーン機能付きのエアコンでもクリーニングをする

エアコンに内部クリーン機能が付いていると自分で掃除をする必要がないと勘違いをされる方がいますが、これは大きな間違いです。

これらの機能はエアコン内部を乾燥させてカビが発生しにくくしているだけであって、完全にカビの発生を防ぐものではありません。

そんため、内部クリーン機能付きのエアコンでも定期的にクリーニングしましょう。

 

エアコン内部は想像以上に汚れています

エアコンの汚れ

エアコン内部は思っている以上に汚れているという証拠が画像になります。

こちらは実家のエアコンを自分でクリーニングした時の汚れになりますが、見せるのが嫌なぐらいの汚れになります。

しかし、クリーニングをしていなかった場合はこの汚れを含んだ空気を体に吸い込むことを考えるとクリーニングして正解だったと思います。

ただ、これだけ汚れていると業者に任せた方が確実にきれいにしてもらえるので、買ってから数年経過しているけど、一度もクリーニングしていない場合は業者に任せましょう。

 

まとめ

エアコンに発生したカビは喘息をはじめとした様々な病気を発症する原因となります。

しかし、エアコン使用後に送風運転にすることや定期的なクリーニングをすることでカビの発生を防ぐことができるため、健康被害を食い止めることができます。

エアコンのクリーニングを自分でやるのは大変だし壊れたら嫌だ、業者に任せるとちょっと高いと思うかもしれませんが、病気なってしまうとそれ以上の出費が発生する可能性があります。

健康のためにもエアコンのクリーニングはしっかりやりましょう。

Share

関連記事

ツボの左右差

ツボというのは身体の正面と背面のど真ん中を貫いている経絡(気の流れ道)以外は左右対称にツボが存在しています。 左右対称にツボがあるため両方に鍼を刺したり押したりしますが、最近はツボの左右差というのを意識して治療を行ってい[…]

[» 続きを見る]

自然妊娠の確率を上げる方法

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 自然妊娠をするためには性行為をしなければいけませんが、性行為を行なうタイミングも大切ではありますが、その他にも大切なことがあります。 それは、男性側の精子の状態です。 ここからはあく[…]

[» 続きを見る]

東洋医学から診た夏バテ

毎日、毎日、毎日暑い日が続く今年の夏。体調はいかがでしょうか? 夏バテになってはいませんか? 夏バテの症状といえば食欲不振、体のだるさ、疲れやすさなどがありますが、一言で言うと『夏の体の不調』ということです。 西洋医学で[…]

[» 続きを見る]

運動してますか?

世間ではGWに突入しておりますが、本日もお仕事をしております。 突然ですが、皆さんは今現在運動はしてますか? 僕は10年前まではバスケをやっていましたが、辞めてから早10年・・・最近腹回りがヤバイと思い恐る恐る体重計に乗[…]

[» 続きを見る]

花粉症 27歳 男性

幼少期より重度の花粉症。 秋の花粉症ではないが毎年1月下旬頃になるとティッシュが手放せない程の鼻水と目のかゆみがある。 体質的には 『陽虚』 であり、この方は鍼を刺すと1番細い鍼であっても痛がってしまうため、お灸での治療[…]

[» 続きを見る]