子宮内膜症でも妊娠できるの?【不妊症との関係】

子宮内膜症は現代の女性には多く見られる婦人科疾患ですが、子宮内膜症でも妊娠できるかどうか気になる方も多いかと思います。

子宮内膜症でも妊娠できるか?どんな治療をがあるのか?鍼灸治療や漢方薬での治療はどうか?など色々と疑問があるかと思いますが、今現在、子宮内膜症で妊活中の方やこれから考えている方のこういった疑問が少しでも解決できればと思います。

【子宮内膜症でも妊娠できるの?】

考える女性

子宮内膜症は20代~40代の女性に多くみられる婦人科疾患になりますが、この年代の女性にとって気になるのが、子宮内膜症でも妊娠できるかどうかという問題です。

結婚前の早い段階から見つかっていればすでに治療をしている方もいるかもしれませんが、結婚してしばらくしてもなかなか妊娠できないために検査をして子宮内膜症が発覚した方にとっては特に気になる問題ではないかと思います。

結論から申し上げますと、子宮内膜症は直接的な不妊症の原因になるわけではないので特に治療をしなくても妊娠することは可能となります。

 

子宮内膜症でも妊娠は可能だが治療は必要

子宮内膜症は直接的には不妊症の原因にはならないため、生理痛が主な症状の場合は特別な治療が必要となることはありません。この場合は痛み止めの薬を使用しながらタイミングをとっていき、場合によっては徐々にステップアップしていくことになります。

治療が必要なケースとしては

  • チョコレート嚢胞
  • 子宮腺筋症
  • 他の臓器との癒着がある

子宮内膜症でもこういった病気になってしまっているケースの場合にはしっかりと治療することを考える必要があります。

 

【子宮内膜症と不妊症との関係】

生理痛の女性

子宮内膜症は直接的には不妊症の原因にはなりませんが、間接的に不妊症の原因となります。この間接的な原因となるのが先ほどのチョコレート嚢胞、子宮腺筋症、他の臓器との癒着になります。

では、なぜこの3つが不妊症の原因となるのかというと、卵巣、子宮内膜、卵管への影響があります。

 

チョコレート嚢胞は卵巣機能を低下させる

チョコレート嚢胞とは子宮内膜症が卵巣の中にできることにより本来体外に排出される血液が卵巣内に溜まり、チョコレートのような色をした古い血液がたまった状態になります。

この状態が続いてしまうことで卵巣機能の低下をまねき、排卵障害や卵子の質の低下してしまうことになります。

 

子宮腺筋症は子宮内膜に影響があり着床しにくくなる

子宮腺筋症は子宮の筋肉の中に子宮内膜症ができてしまった状態になりますが、子宮腺筋症にり酷くなると病巣部分の子宮内膜が肥厚してしまい、受精卵が着床しづらくなってしまいます。

【子宮の構造】

  • 子宮内膜:粘膜で子宮の一番内側の層で受精卵が着床する場所
  • 子宮筋層:子宮の中間層にある筋肉
  • 子宮外膜:子宮の外側を覆っている漿膜

 

他の臓器と癒着すると卵管障害を引き起こす

子宮内膜症の厄介なのが他の臓器との癒着を起こしてしまうことです。

癒着を起こすと激しい生理痛の原因にもなりますが、何よりも卵管が狭くなってしまい卵子や受精卵が卵管をうまく通過することができなくなってしまいます。

 

【子宮内膜症と不妊治療】

診察を受ける女性

子宮内膜症の治療に関しては別の記事にて書いておりますのでそちらを参照ください。

子宮内膜症ってどんな病気?治療法は?【鍼灸治療の効果について】

こちらでは子宮内膜症と不妊治療に関してのリスクなどについて書いていきますので、ご自身が納得できる選択をしましょう。

また、不妊治療を進めていく上ではタイミング法から始まり、人工授精、体外受精、顕微授精とステップアップしていきますが、卵巣の状態や年齢によっては体外受精からスタートとなることもあります。

 

手術をすることで卵巣がダメージを受けることがある

チョコレート嚢胞は5センチ以上になると手術の対象になってきますが、手術をすることにより人によってはリスクを背負うことになります。

そのリスクというのが卵巣機能の著しい低下になります。

当院にも以前チョコレート嚢胞の手術後に卵巣機能が低下してしまい20代後半という年齢にもかかわらず、いつ閉経してもおかしくない状態になってしまった方がいらっしゃいました。

幸いにも鍼灸治療と顕微受精により子供を授かることができましたが、極一部の方ではこのようなことが起きる可能性があることは知っておきましょう。

基本的には手術をしても大丈夫ですが、念のため手術前に採卵を済ませておくようにしましょう。また、チョコレート嚢胞は再発のリスクもあるため、手術後は体外受精からスタートすることもあります。

 

ピルでの治療の場合いったん妊活は中止する必要あり

ピルを使用する場合は生理を強制的に止めることになるため、いったん妊活は中止ということになります。

子宮内膜症は生理がある以上は少しづつではありますが悪化する傾向にあります。

ピルを使用する場合は約半年ほど使用することになるため、すぐにでも子供が欲しいと考えている方には選択しづらい治療法かもしれんせんが、少しでも子宮と卵巣を休めて状態を良くするためと考えましょう。

 

【鍼灸や漢方薬での治療】

漢方薬

子宮内膜症による不妊治療に鍼灸治療や漢方薬を選択される方は意外と多く、実際に当院にもこういった方は多くいらっしゃいます。

鍼灸治療や漢方薬を選択される方はできるだけ手術を避けたい方やピルを使用したくない方になりますが、鍼灸や漢方薬での治療を考えるのはケースバイケースとなります。

 

手術後の再発防止や妊娠に向けた体質改善が目的

鍼灸や漢方薬での治療は手術後の再発防止や妊娠に向けた体質改善のために取り入れることができます。

また、子宮内膜症があるが手術の適応とならない場合は鍼灸や漢方薬で妊娠に向けた体質改善とともに、生理痛の痛みを緩和させる治療を行っていきます。

不妊症に対する鍼灸治療の症例はこちら

 

手術が必要な場合はNG

チョコレート嚢胞や子宮内膜症や子宮腺筋症などで激しい生理痛がある場合や高齢の場合、手術が必要な場合は思いきって手術を選択しましょう。

特にチョコレート嚢胞は大きくなりすぎると破裂する危険性もあります。

 

まとめ

子宮内膜症の方でも妊娠している方はたくさんいらっしゃいますので、治療をしっかりと行っていけば妊娠することは可能となります。

ただし、どのような治療を選択するかというのは一人ひとりの子宮や卵巣、年齢などから考えていかなければいけません。手術はできるだけしたくないと思っても、手術をした方が結果的には早く妊娠することができることもあります。

そのため、ご自身の状態を考えて納得できる治療法を考えるようにしましょう。

Share

関連記事

春の花粉症

今年もあと少しで終わります。 会社などでもそろそろ忘年会が行なわれているころでしょうか? 以前は秋の花粉症に関して書きましたが、今回は春の花粉症に関してです。 秋の花粉症に関してはこちら。 今や現代病ともいえる花粉症です[…]

[» 続きを見る]

排卵はあるがなかなか妊娠できなかった理由は排卵日のズレだった

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 妊娠希望の方は基礎体温を測り、排卵日がいつなのか?というのは気になる部分かと思います。 しかし、基礎体温をしっかりつけており、お互いに特に問題もない、タ[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症の方に見られる共通の原因

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日は当院でも患者数が多い円形脱毛症についてのお話です。 円形脱毛症の患者さんの数が多く、色々な方の体を診てきてある「共通点」があることに気がついたので、この共通点についてのお話に[…]

[» 続きを見る]

うつ病の治療期間ってどのくらい?

コンテンツ1 うつ病の治療期間ってどのくらい必要なの?2 うつ病の治療が長期にわたる理由3 病院を変えれば治療期間は短くなるの?4 うつ病治療で大切なこと うつ病の治療期間ってどのくらい必要なの? ご自身や家族がうつ病に[…]

[» 続きを見る]

筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例 2019年5月来院。 4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方された[…]

[» 続きを見る]