円形脱毛症のセルフケアと注意すべきこと

つまようじを使った円形脱毛症のセルフケア

つまようじによるお手製の梅花鍼

円形脱毛症の多くは数ヶ月ほどで自然治癒することが多いですが、やはり人の目が気になるために早く治したいですよね。

そのためには治療はもちろん大事ですが、治療と同じぐらいセルフケアも大事になります。

そこで、つまようじを使って自宅でもできる簡単なセルフケアをご紹介いたします。

【用意する物】

  • つまようじ(100均で束になっている物)
  • 輪ゴム

つまよじを数十本取り出して、輪ゴムでしっかりと止めてください。

これでつまようじを使った「梅花鍼」の完成になります。

 

【やり方】
脱毛部分を1ヶ所につき3~5分ほど、このお手製の梅花鍼で叩いてください。
脱毛部分から出血することはないはずなので、毎日実践していただいて問題ありません。

 

梅花鍼はネットで購入可能

鍼灸院で円形脱毛症の治療を行う際に使用するのが梅花鍼というものになりますが、こちらはネットでも購入することが可能となります。

もし、「つまようじでは何か頼りない・・・」と思われる方は購入することをお勧めいたします。

ステンレス製とアルミ製があり、アルミ製のほうが安いですが消毒のことも考えるとステンレス製をお勧めします。また、値段は3,500円前後になります。

>>梅花鍼はこちら

 

梅花鍼を使う際の注意点

オートクレーブ

梅花鍼を使用すると叩く強さによっては頭皮から出血します。

そのため、必ず使用前後に脱毛部分の消毒を行ってください。

また、鍼灸院ではオートクレーブという消毒や殺菌よりも強力な滅菌する専用の機械があるために使いまわすことができますが、皆さんが使用する場合は出血を伴うために必ず自分専用として使用をし、最低でも使用後は梅花鍼を熱湯消毒してください。

 

その他の一般的なセルフケア

ウイッグを使用して人目が気にならないようにする

円形脱毛があるとどうしても人の目が気になってしまうものです。地毛で隠すことができる部分であればまだいいですが、脱毛個所によっては隠すことができないことがあります。

そのため、ウイッグ(かつら)を付けることで人目が気にならなくなるために精神的には楽になるためお勧めです。

 

ストレス発散

円形脱毛症の多くの原因はストレスから発症しています。

仕事、家庭、プライベートなどでストレスがあれば、しっかりと発散するか、そのストレス源を取り除く必要があります。

中には仕事や勉強などで自分を追い込み過ぎて発症している方もいます。

一生懸命になるのは良いことですが追い込み過ぎるのは避けるようにしましょう。

 

食生活の改善しホルモンバランスを整える

更年期以降の女性の場合はストレス以外にもホルモンバランスの影響で脱毛が起きることがあります。

そのため、食生活において大豆製品などをしっかりと取り入れて女性ホルモンのバランスを整えるようにしましょう。

 

まとめ

円形脱毛症に関しては皮膚科での治療がうまくいかないケースでも鍼灸治療では体毛がすべて抜けてしまう汎発型を除いてほぼ治癒しております。ただし、数回の治療で発毛が始まるわけではなく、ある程度の期間は必要になります。

また、治療をしていればセルフケアをしなくてもいいという訳ではありません。

早く治すためには治療とセルフケアはセットであるため、しっかりとセルフケアは行うようにしましょう。

円形脱毛症についてはこちら



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

うつ病に対するお灸の効果

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 「よく治療院名は何て読むんですか?」と聞かれますが、「ほうしょう」と読みます。 当院にはうつ病でお悩みの方が男女問わず来院されますが、西洋医学でうつ病と診断されていてもやは[…]

[» 続きを見る]

多嚢胞性卵巣症候群でも自然妊娠するためにやるべき4つの事

多嚢胞性卵巣症候群だけど自然妊娠できるかどうか疑問に思っていませんか? 体外受精や顕微授精は高額だからできるだけ自然妊娠したいと思うのはごく自然なことです。 そのため、本記事では多嚢胞性卵巣症候群の方が自然妊娠するために[…]

[» 続きを見る]

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症で医師からオペを勧めらているが、オペをしたくない場合に鍼灸治療を選択される方が多くいらっしゃいますが、この様な場合はまず2~3回ほど治療を行ないます。 そして痛みや痺れが緩和され、歩行距離や歩行スピードに[…]

[» 続きを見る]

【みんなの疑問】2,000年以上の歴史がある鍼灸治療の効果について

鍼灸治療に興味があるけど、どんな症状に効果があるのか、自分の体の悩みに効果があるのかがわからないという方は多いと思います。 また、鍼灸治療を受けているけどなかなか効果が感じられないという方も多いかもしれません。 本記事で[…]

[» 続きを見る]

不妊治療の保険適用は2022年4月から!今後の気になる不妊治療について

不妊治療の保険適用がいつから始まるのか気になっていたり、体外受精や顕微授精などの高度不妊治療は保険適用まで待つべきか悩んでいませんか? 待ちに待った不妊治療の保険適用されることは確定していますが、詳細が気になるところでは[…]

[» 続きを見る]