肌の乾燥がシワの原因になる理由とは?

こんにちは。
蓬祥鍼灸院の長谷川です。

今回は久しぶりに美容をテーマにしたお話で、年齢とともに気になる「シワ」についてです。

肌の乾燥がシワの原因になる理由とは?

日照りが続いた土

シワというのは年齢とともに現れる肌の症状の一つになり、やはり基本的には避けられない症状の一つになります。しかし、日々の肌のお手入れをしっかりとしていればある程度はシワができるのを防ぐことができますが、目尻や口元にちりめんジワができている場合は乾燥が原因でシワができているのかもしれません。

肌のお手入れで気をつけたいのが乾燥であり、肌の乾燥とシワの関係は切っても切れない関係と言えます。肌の乾燥が原因でシワができる理由は「肌の水分不足」になります。
これは乾燥した土をイメージしていただくと分かりやすいのですが、何日も雨が降っていない土は徐々に水分がなくなりやがてひび割れてきますが、この状態が乾燥によってできるシワということになります。
日本は11月頃から4月頃までの約半年間、乾燥した時期が続くために肌の手入れは気をつけなければいけません

肌の乾燥によってできるシワは消しやすい

【シワができる原因】
①加齢による肌の弾力の低下
②紫外線
③表情ジワ
④肌の乾燥による水分不足

個人的に最も消しやすいシワが肌の乾燥が原因で起きるシワになります。加齢や紫外線が原因と苗うシワは肌の老化現象が関わってくるためになかなか大変ですし、また表情ジワは良く笑うことなどでできるシワになるため、皮膚にできたクセのようなものです。
それに対して乾燥によるシワは皮膚の水分の不足が原因で起きているため、保水と保湿の2つをしっかりと行っていれば防ぎやすく、また消しやすいシワになります。

ダイエットによる栄養不足もシワの原因に

シワが気になる女性

シワができる原因としてはダイエットもシワの原因となることがあります。
ちょっとしたダイエットであればそこまでの影響はありませんが、問題になってくるのが過度のダイエットです。過度のダイエットを行うことにより肌を含めた全身の栄養不足により肌の弾力が失われることでシワができてしまいます。
とりわけ問題となってくるのが過度の脂質の制限と体脂肪率です。
体の中の細胞の一つ一つには膜があり、この膜を作っているのが脂質になります。そのため、脂質を取らなさすぎることで細胞膜に張りがなくなり、シワができやすくなってしまいます。また、糖質制限をしすぎることで結果的に体脂肪率が下がりすぎることでシワができてしまいます。

肌の乾燥を防ぎシワを撃退する方法

①化粧水は風呂場で行う
多くの方は化粧水は入浴後に体を拭いた後に行っていると思いますが、風呂場から出た瞬間から肌の乾燥が始まっています。そのため、化粧水は風呂場で行うことが推奨されています。湯気が立ち込める風呂場の中でまず化粧水を行い、風呂場から出て体を拭いた後に再度化粧水と乳液を行うようにしましょう。

【注意点】
化粧水は風呂場においておくのは品質上良くないために、風呂場の外の手の届く所に置いておきましょう。

②加湿器、または加湿空気清浄機を使用する
日本の暖房器具といえばほとんどの家庭ではエアコンと使用していると思います。ご存知の通りエアコンは早く部屋を温めることができますが、部屋を乾燥させてしまいます。そのため、エアコンを使用する場合は加湿器や加湿空気清浄を使用して部屋をしっかりと加湿するようにしましょう。

【注意点】
加湿器や加湿空気清浄機は部屋の部屋の広さにあったものを使用するようにしましょう。部屋に対して小さすぎる場合は効果が得られにくいとともに、使用電力も多くなってしまいます。

鍼灸師がおすすめする保湿剤

紫雲膏

化粧水をした後に行うのが乳液ですね。この乳液の役目は化粧で肌に補給した水分を保護することが目的となりますが、乳液よりもおすすめできるものがあります。それが紫雲膏という漢方の塗り薬になります。
紫雲膏は本来はヒビ、あかぎれ、やけど、しもやけ、湿疹、痔などの際に使用するものがですが、保湿剤としての効果もとてもあります。
なんと言ってもその成分の中にごま油やトン脂などの油が入っているために膜を作ることができます。実際に使用された方の感想としては塗ってから数時間後には目尻のシワが消えたそうです。そのため、お顔全体に塗ってもいいですし、乳液後にシワが気になる部分にだけ追加で紫雲膏を塗るでも大丈夫です。
ドラッグストアでも購入することができるため、気になる方はお試しください。

【紫雲膏を使用する際の注意点】
紫雲膏の成分には紫根という植物の成分が入っており、この成分の赤色が付着しやすくなります。そのため、顔に塗る際は白いTシャツなどは着ないようにしてください。洗濯しても落ちません。また、まくらや布団にも色移りしやすいため、寝る数時間前に塗るようにしましょう。

美容鍼によるシワ対策

美容鍼を受けている方々の多くが肌の鍼が良くなるという感想をいただきます。これは顔に鍼を刺すことにより肌が傷つき、この傷ついた肌を修復する際にエラスチンやコラーゲンの生成が促されることによります。また、鍼を刺すことにより血流が良くなるため肌にもより栄養が行き渡りやすくなるために肌に張りが出るようになります。
ただし、シワと言っても軽いものから深くなっているものと様々ですが、深く入ってしまっているシワに関しては美容鍼では改善するのは難しくなります。

当院のウイルス対策についてはこちら

Share

関連記事

出産報告いただきました

当院に不妊治療で来院されていた方からお手紙をいただきました。 週一回の治療を7ヶ月ほど継続し、40歳で第一子を自然妊娠、41歳で出産。 妊娠中はつわりや逆子などで大変だったそうですが、無事に出産されたそうです。 高齢出産[…]

[» 続きを見る]

鍼灸と漢方薬はどちらがいいか?

こんにちは。名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。 昨今では病院でも積極的に漢方薬が処方されているため、漢方薬を服用する機会が増えているかと思いますが、漢方薬は東洋医学のものですが、同じ東洋医学である鍼灸と漢方[…]

[» 続きを見る]

歯科で原因不明とされた右上奥歯の痛み 43歳 女性

今年の春から突然左上の歯に痛みがでたため、かかりつけの歯科医にいったところ色々な検査をするも何ら悪いところが見当たらないため、痛み止めと、抗生剤をもらい服用すると一旦は治まる。 先週から今度は右上の奥歯に痛みが出たため、[…]

[» 続きを見る]

美容鍼を受ける頻度はどのくらい?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 美容鍼を受けてみたいとお考えの方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか? 「美容鍼ってどのくらいの頻度で受けるものなんだろう?」 週1?月1?自分が受けたい時? 美容鍼の効果を[…]

[» 続きを見る]

不眠症の症例

不眠症を訴える方は以外にも多く、寝つきが悪い、中途覚醒、早朝覚醒などあるが、鍼灸治療では割と簡単に改善するケースが多いことはあまり知られてはいないかもしれない。 ただし、日勤や夜勤などがあり生活習慣が不規則な場合は簡単に[…]

[» 続きを見る]