視力回復できるかも?鍼灸師が実践した方法とは?

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。
私事ではありますが2~3年前まで車を運転する時には眼鏡をかけておりましたが、現在は眼鏡なしで車を運転しております。以前は車を運転する時は眼鏡をかけなければいけませんでしたが、今は眼鏡無しでの運転が認められています。つまり、視力が回復したからということです。
そのため、今回は視力の回復方法についてのお話をしていきます。

視力を回復することは可能なの?

視力検査

普段、眼鏡やコンタクトレンズをされている方は目が悪くなってからどのくらいの期間が立っていますか?私は高校3年の時から授業中のみ眼鏡をかけるようになりました。一度視力が低下してしまうとなかなか回復しないどころか、徐々に悪くなるイメージがあります。しかし、今では視力を回復させるための方法としてレーシック手術があります。しかし、そこそこお金がかかってしまうし、手術となると少し恐怖感もあるかと思います。また、視力が回復するかどうかは本人の状態も関係してくるため、レーシック手術をしたとしても失敗に終わることもあるそうです。そのため、すべての方が視力回復のための何かをしたとしても改善できるわけではありません。
例えば、一般的な近視でも0.5の方と0.1以下の方ではやはり前者の方が効果は出やすいですし、毎日仕事で長時間PCを使用したり、スマホでゲームをしている方は効果は出にくくなります。

視力が回復しやすいのは仮性近視

最も視力が回復しやすいのは仮性近視になります。
仮性近視とは近くのものを見過ぎることによって目のピントを合わせる毛様体筋が緊張した状態になり、遠くを見た時も毛様体筋の緊張が緩まないことによってぼやけて見えてしまう状態になります。
仮性近視は真正の近視ではなく、一時的な近視となるため、比較的治癒しやすいと言われており、眼科では一般的には点眼薬を処方されることになります。

お金をかけずに視力を回復させる方法

1.遠くのものを見る

海岸

これは1番単純な方法ではありますが、実は現代人にとっては最も難しいトレーニング方法になります。街中に住んでいるとどうしても目の前には大きな建物があるため、なかなか遠くのものをじっと見つめることができません。そのため、田舎の方に住んでいる方におすすめの方法になります。
遠くのものを見ることによってピントを合わせる毛様体筋の緊張を緩めることにより視力回復の効果があります。

2.ツボマッサージ

目の周囲のツボ

視力回復に効果のあるツボは目の周囲にあるツボになります。
太陽、サンチク、瞳子リョウ、晴明などが目の周囲のツボになるので、仕事の合間、仕事終わり、入浴時のリラックスタイムなどに自分でマッサージしましょう。
こちらも目の周囲の筋肉をほぐすことにより視力回復が期待できます。

実際に視力を回復させた方法

冒頭でもお話しましたが、私は今は車を運転する際に眼鏡が不要になりました。ちなみに以前は0.4で今は右が1.0、左が0.9、両目で1.0という結果本当は眼鏡をかけていると耳が痛くなるので、必要な時だけコンタクトを使用と思っていたのですが、眼科でも以前の視力を伝えたところ「えっ!?」という感じでした。
私が行っていたのはツボを自分でマッサージすることです。ただし、視力を回復させようとして行っていたわけではなく、なんとなく「目が疲れたな」と感じた時に自分でグリグリとひたすらマッサージをしていたら視力が回復していました。

まとめ

今回は視力を回復させる方法をご紹介しましたが、やはり効果には個人差があると思います。私が1番おすすめする方法としてはやはりマッサージではなく、「遠くのものを見る」方法になります。こちらの方法は実際にかなり視力が悪い方でも1週間ほど続けた結果、少し回復できるようなので可能な方は自然の中に行きチャレンジしてみてください。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

むくみの原因はタンパク質の不足かも?【タンパク質とむくみの関係】

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 女性のお悩みとして多いのがむくみになりますが、皆さんはいかがでしょうか? むくみの原因は様々ですが、女性のむくみの原因の1つにタンパク質との関係があります。 本記事ではタンパク質と[…]

[» 続きを見る]

むち打ち(交通事故治療)

交通事故による症状でこのようなお悩みはありませんか? ・むち打ちによる首の痛み ・整形外科や接骨院に通っているが良くならない ・レントゲンでは問題ないが痛みが引かない ・事故後めまいが起きるようになった 交通事故で最も多[…]

[» 続きを見る]

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎とは俗にいう蓄膿症になり、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞からなる副鼻腔という空洞に細菌やウイルス感染により炎症が起き、鼻づまりや鼻水、頭痛、頭重感、歯痛、嗅覚の低下、後鼻漏(鼻水が喉に落ちる)などの症状が出ます[…]

[» 続きを見る]

ホルモンバランスの乱れと東洋医学

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 不妊治療を始める際に多くの方が検査するであろうホルモン値ですが、このホルモンバランスが乱れは色々な原因があります。 ・自律神経系の最高中枢である脳の視床下部の問題 ・副官である[…]

[» 続きを見る]

過労や加齢体質による花粉症

昨日から名古屋も本格的に花粉シーズンに突入と発表があったので、花粉症の方にとっては憂鬱なシーズンの始まりです。 今回は過労や加齢を現す「腎虚体質」による花粉症のお話です。 腎といっても「腎臓」ではありません。 花粉症の症[…]

[» 続きを見る]